今すぐ作れるクレジットカードあります!

海外旅行はdカードだけで安心?海外旅行におすすめのクレジットカードも紹介!

クレジットカードを海外旅行に持っていこう
海外旅行に行く際にはぜひ持っておきたいのがクレジットカードですよね!

しかしクレジットカードだからと言ってなんでもいいわけではありません。ちゃんと海外旅行に向いたクレジットカードというものが存在するのです!
dカードが欲しいと思っているかもしれませんが実はdカードは海外旅行には全く向いていないクレジットカードということも考えられます。

そこで今回は以下のことに焦点を当てて書いていこうと思います!

要点まとめ今回のポイント

1.海外旅行にオススメのクレジットカードって何を基準に判断するの?
2.dカードは海外旅行にオススメなの?
3.dカードよりも海外旅行にオススメのクレジットカードとは?

海外旅行におすすめのクレジットカード

↓dカードより海外旅行におすすめのクレジットカードランキング↓

目次

海外旅行先ではクレジットカードが身分証代わり?dカードは身分証代わりとして最適?

海外旅行に行った際、クレジットカードを持っていないと苦労する場面が多々あります。
というのも、海外では現金払いよりもクレジットカード払いの方が主流な国が多く、クレジットカードを所持している事からその人には支払い能力がしっかりとある人。と認識されるためなのです。

クレジットカードを身分証として使う主な場所

海外旅行に行った際、多くの人はホテルを利用するでしょう。そんな時、クレジットカードを身分証として使用する場合が多いですね。
というのも、ホテルにチェックインする際海外では「デポジット」を支払わなければならないホテルがよくあります。その際、このデポジットをクレジットカードでの支払いを求められる事が多いのです。
クレジットカードを持っていない場合、支払い能力がないのでは?と疑われてしまうので、海外旅行に行く際は絶対に持っていきたいですね。

旅行先でレンタカーを借りる場合もクレジットカードが必要

日本のレンタカーでも多いですが、車を借りる際は貸した車が必ず返ってくるという保証が必要なので、基本的にレンタカーはクレジットカードがなければ利用できません。

クレジットカードは両替手数料が安い?dカードは海外キャッシングに対応している?

また、カードの種類にもよりますが、海外旅行先でクレジットカードを使ったキャッシングもお得な場合があります。
海外旅行で現金をたくさん持っていくのが怖い。といった方におすすめな方法です。海外のATMでクレジットカードを使い現金を引き出すと空港などの両替よりも手数料が安い事がしばしば。さらに、ATMで引き出せるのでいちいち両替所を探さなくてもいいという点も嬉しいですね。
しかし、持っているクレジットカードが海外のキャッシングに対応しているのかという問題もあるので、
キャッシングに対応しているのか?
対応していた場合はカードの利用限度額もしっかり確認しておきましょう。

dカードは海外キャッシングに対応している

dカードは海外キャッシングに対応しています。
海外キャッシングに対応している場合、海外で現金が必要な時に主な空港や駅、繁華街などに設置されているATMから、dカードと暗証番号で現地通貨を引き出すことができます。

dカードは世界150か国以上で利用できます。

※海外キャッシングは海外キャッシュサービスのご利用枠を設定されている方が利用にできます。利用にはあらかじめ「海外キャッシュサービスご利用枠」の設定が必要です。海外キャッシュサービスご利用枠のお申込みは資料請求またはdカードセンターまでお電話ください。

dカードが利用できるATM

下のマークのあるATMで、dカードと暗証番号で、現地通貨をその場でご用立てします。

・Mastercard会員の方
Mastercard、Cirrus

・Visaカード会員の方
Visa、PLUS

また海外キャッシュサービスは、提携金融機関の窓口でも利用できます。
Mastercard/Visaのステッカーのある提携金融機関(約44万か所)の窓口で、dカードとパスポートでキャッシュサービスが受けられます。

利用枠について

ご利用枠キャッシングご利用枠の内枠で5万円~30万円の範囲内
利率(実質年率)(※1)18.0%
ご返済の方式元利一括返済
毎月の締切日までのご利用金額とお支払い日までのお利息を合わせて、代金お支払い日にお支払い口座から自動引落とし
毎月15日締め切り→翌月10日(金融機関休業日の場合は翌営業日)支払い毎月の締切日までなら、一部提携金融機関ATMで臨時の全額返済もできます。
お申込みいただくことで、キャッシングリボ(毎月一定額返済)への変更も可能です。
あとからキャッシングリボ
ご返済期間・回数23日~56日(暦による)・1回

担保・保証人/不要 遅延損害金/年20.0% 資金使途/自由(会員規約に規定した範囲に限るものとします)

1年365日(閏年は366日)で日割り計算。

そんな、海外旅行で必須なクレジットカードをさらにお得に使うために確認したい事

海外旅行に持って行くクレジットカードなら、やっぱり旅行先でもお得な方がいいですよね!
クレジットカードには海外旅行保険がついている事が多いです。さらに、国際ブランドも重要で場所によっては選んだ国際ブランドが使えない。。という場合も。
海外旅行で「dカード」はおすすめなの?
見極めるポイントを確認していきましょう!

dカードは海外旅行にオススメ?海外旅行にオススメかどうか見極めるポイントを紹介!

お兄やん
dカードが海外旅行に向いてるかどうかって何で決まるんだ?
まねぷれ
海外旅行保険と国際ブランドにゃ!
まずdカードに限らずクレジットカードが海外旅行に向いているか判断しする際には2つのポイントがあります!
それは「海外障害旅行保険の有無」と「国際ブランド」です。

空港などで保険だけつけることができますが、必ずお金がかかります。
クレジットカードの中には年会費無料でカードも使用せずに保険がついてくるといった優秀なカードも存在するのでぜひクレジットカードはそのようなカードを選びたいところです。

国際ブランドは海外旅行に行った際にクレジットカードが使えるかどうかということに直結してきます。
せっかく海外旅行のためにクレジットカードを作ったのに現地で全く利用できないなんてなったら元も子もありません。

この二つのポイントについてdカードのことを中心に紹介していくので参考にしてみてください!

まずはチェック!dカードに海外障害旅行保険は付帯しているの?

クレジットカードの海外旅行保険が大きく分けて3つのパターンに分けられます。

①カードを持っているだけで保険が付帯してくるパターン
②カードを利用して初めて保険がついてくるパターン
③海外保険が付帯していないパターン

さてdカードはと言いますと海外旅行保険は残念ながらついていないので③のパターンにあたります!

クレジットカードの中で①のパターンのカードはそう多くありませんので発行を考えている皆さんはそんなに肩を落とさないでください。

ただし、dカードの一つ上のランクのdカード GOLD(年会費が1万円)の場合は海外旅行傷害保険が付帯しており、海外旅行費の一部をdカード GOLDで支払ったかどうかで補償額が変わってきますが、一応自動付帯となります。

海外旅行傷害保険付帯を望む方は是非そちらも検討してみてください。

dカードに海外旅行傷害保険はないけど…それぞれの補償項目を確認しよう!

残念ながら、dカードに海外旅行傷害保険はついていませんが、以下で簡単に各項目ごとにもう少し詳しい話をまとめたので表をみて「これはなんだろう?」と思ったものは確認してみてください!

dカードに海外旅行傷害保険はないけど…傷害死亡・後遺障害とは?

これは確認するまでもないよという方が多いかとは思いますが、旅行中の不慮の事故などによって亡くなってしまったり後遺症が残ってしまった場合に適応される保険です。

できれば考えたくはない場合のことなので嫌でしょうが万が一の時のためにあったほうがいいでしょう。

しかし酔っ払って怪我をして後遺症が…、スカイダイビングなど危険なスポーツ中になくなってしまった…などのケースは不慮の事故には含まれない場合が多く保険適用外になると明記していることが多いのでそこは自分の旅行のスケジュールに合わせてご自身で確認してみてください。

dカードに海外旅行傷害保険はないけど…傷害治療費用とは?

これも読んで字のごとく、海外旅行中に怪我をしてしまった時に適用される保険です。

海外旅行に行った際に割と多く適用される場面があるのかもしれません。

しかしこれもまた注意が必要で、傷害死亡・後遺障害と同様に保険が適用されないケースが存在するのでそこもしっかり確認しておきましょう。

dカードに海外旅行傷害保険はないけど…dカードの疾病治療費用とは?

この疾病治療保険もそのままですが海外旅行中に発症した病気に対する治療費や入院費に適応される保険です。

海外旅行は普段とが違う異国の地にいくわけですから体調を崩す人も多いようです。したがって一番お世話になる可能性が高いと言ってもいいでしょう。

しかしこれも同じく注意が必要で歯科疾病や旅行前からの疾病については適用外になることが多いです。どちらも国内で治してから旅行に行きなさいという話なのでしょう。

dカードに海外旅行傷害保険はないけど…賠償責任とは?

賠償責任という単語は耳にしたことがあるけど実際なんなんだという人も多いでしょう。

これは偶然な事故によって他人に怪我を負わせてしまった、他人のものを壊してしまったときなどに適用される保険のことです。

このようなケースでは損害賠償裁判などにまで発展するケースも珍しくありませんが、そのような場合はその訴訟費用までもが保険適用範囲内のケースが多いです。

dカードに海外旅行傷害保険はないけど…救援者費用とは?

これは一番聞いたことがない人が多い項目ではないでしょうか?

救援者費用とはカード保有者が遭難・行方不明になった時の捜索費用に適用される保険です。

しかもそれ以外にもその知らせを受けた家族の方などが海外に渡航、宿泊する費用・海外の病院から国内の病院にまで移送する際の費用までもが保険適用範囲となっているのです。

したがって知名度が低く忘れがちではありますが海外旅行に行く際には非常に重要な保険の一つと言えるでしょう。

dカードに海外旅行傷害保険はないけど…携行品損害とは?

海外旅行で特に気をつけたいのが置き引きなどの荷物の盗難ですよね。

日本人は特に狙われやすいと言われているのでなおさらです。

そんな万が一の時の補償をしてくれるのがこの保険です。

しかしクレジットカードや現金、置き忘れによる紛失などでは保険が適用されないこともありますので注意が必要です。

dカードの海外旅行で役立つ海外緊急サービス

dカード を持って海外旅行に行く際は、海外旅行保険がついていないので、他の海外旅行保険がついたクレジットカードと併せて持って行った方がよいですが、dカードには海外緊急サービスがあります。

dカードの海外緊急サービスは、海外旅行先でdカードの紛失・盗難の際に現地へ暫定的なクレジットカード(緊急カード)を届けてくれます。

また緊急(キャッシュ)サービスとして、1,000米ドル相当額以内の現地通貨をキャッシュサービスとして用意してくれます。

※受け取りの日時・場所を指定される場合があります。

特殊なケースを除き、紛失・盗難の届け出日の90日前から期限なしで損害を補償されるので、万が一不正使用されたとしても安心です。

dカード を持って海外旅行に行く時は、海外緊急サービスの連絡先は把握しておくことをおすすめします。

海外緊急サービスの連絡先一覧はdカード のホームページにありますので、参考にどうぞ!公式dカードの海外緊急サービス連絡先一覧

dカードに海外旅行傷害保険はないけど…エポスカードなら年会費無料で海外旅行傷害保険がついている!

dカードに海外障害旅行保険は残念ながらついていませんが、海外旅行に行くなら保険がついてないとちょっと不安ですよね。

でも海外旅行傷害保険がついていて、年会費があまりかからないてなかなか無いですよね。

そんなときにおすすめなのが、このクレジットカード!!

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短即日
国際ブランドVISA
もれなく2,000円分のポイントもらえる入会キャンペーン
  1. 新規入会で2,000円分のエポスポイント(店頭受け取りの場合はクーポン)
エポスカードの特徴
  • レストラン、居酒屋、カフェ、美容院、カラオケでの割引や遊園地、水族館など全国10,000店舗以上の優待特典
  • 全国のマルイ店舗で受け取れる即日発行サービス
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 初回キャッシング利用は30日間金利0円で利用可能
  • 「マルコとマルオの7日間」は10%オフでショッピング

なぜなら年会費が永年無料で海外障害旅行保険が自動付帯という極めて珍しいクレジットカードだからです!これなら自動付帯であるのでメインカードがdカードで保険の為だけにエポスカードを持つということも可能です。

しかもエポスカードの補償額は下に示すように他の自動付帯カードと比べても遜色ないレベルで高額なのでぜひ参考にしてみてください。

傷害死亡・後遺障害500万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用270万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
携行品損害20万円

海外旅行で重要視すべきは保険だけじゃない!dカードで使える国際ブランドは?

お兄やん
海外旅行保険ついてないし、dカード作ろうか迷うな~
まねぷれ
保険だけで決めるのはバカにゃ!
しっかり国際ブランドも確認するのにゃ
海外旅行に行く際に保険だけでカードを決めるのは愚の骨頂と言っても過言ではないでしょう。

海外旅行に行ったら現金を交換して現地の現金を手に入れるという人も多いとは思いますがクレジットカードで支払う場面も当然出てくるはずです!

そんな時に○○ではこの国際ブランドがほとんど使えない…なんてなったら大変です。

dカードではVISAかMastercardのブランドでカードを作ることができますが、それで大丈夫なのでしょうか?

そこでここでは海外旅行におすすめの国際ブランドとおすすめのクレジットカードを紹介します!

dカードにも付帯できる!海外旅行におすすめの国際ブランドは圧倒的にVISA!

国際ブランド別の決済流通額
上の写真からわかるように世界全体で見ればVISAが圧倒的なシェア率を誇っているわけです!

したがって海外旅行に行く際にはVISAブランドのクレジットカードが1枚あれば十分だということになります!

またシェア率2位のMastreCardブランドでも海外旅行に困ることはないでしょう。

昔からMasterCardはヨーロッパ、VISAはアメリカで使いやすい国際ブランドとして度々紹介されておりますので自分の行きたい地域に合わせて国際ブランドを選ぶのがいいでしょう!

VISAやMasterCardブランドならば楽天カードエポスカードならば帰国あとも使いやすいカードですのでおすすめです!

ハワイやアジア圏の旅行ならJCBもおすすめ!

上ではVISAやMasterCardが海外旅行におすすめと言いましたが、アジア圏やハワイなどではJCBブランドのシェア率が最近どんどんUPしています!

特にハワイではJCBブランドのカードを持っていることで様々な割引や優待を受けることが可能になるのでハワイに行く予定の方はぜひJCBブランドのカードを持つことをおすすめします!

残念ながらdカードにはJCBはつけることができませんので、アジア圏に行く方はdカードと他のクレジットカードと2枚持ちすることをおすすめします。

JCBブランドなら楽天カードリクルートカードがおすすめですので参考にしてみてください!

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード、アメックス
最大5,000ポイント入会キャンペーン
  1. 新規入会でもれなく2,000ポイント
  2. 申し込み日の翌々月末までに楽天カードを1円以上利用で3,000ポイント
楽天カードの特徴
  • 楽天市場利用なら最大14倍のポイント特典(SPU適用時)
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードは年会費500円+税。プラチナ・ダイヤモンド会員なら年会費無料に!
  • 楽天Edy、楽天ポイントカード一体型
  • お買いものパンダ、バルセロナ、Yoshikiデザインなど選べる券面デザイン

海外旅行で現地通貨を手に入れるなら海外キャシングが便利

海外旅行ではクレジットカードで支払う場面も多くあり欠かせないアイテムですが、交通機関を利用する際やチップの支払いなどには、現地の通貨が必要になることもあります。

海外旅行で気になることは現地通貨をどこで両替して手に入れるかではないでしょうか?

沢山お金を持ち歩くのは危険な場合もあったり手数料が日本で両替するよりも安かったり、空港で両替それとも街の銀行?レートは一番どこが良いかなど国によって違ってきます。

特に治安に不安がある国の場合では、多額の現金を持ち歩くのは危険ですので、できるだけ余分な現金を持ち歩きたくはないものです。

ここで活用したいのが、ATMでのキャッシングです。
必要な時に必要な分だけ準備することができるキャシングは便利で、余分な現金を持ち歩かなくても「必要なときに、必要な分だけ」準備することができます。

dカードは、海外旅行でもキャシングが利用できる

dカードは、海外でもキャシング利用をすることは可能です。

全世界の都市には必ずといっていいほどATMが設置してあり、利用可能なATMは世界で150ヶ所、96万台以上のATMで気軽に現地通貨を引き出せます。

世界中多くのATMが設置されているのでとても安心ですが、利用するにはちょっと注意が必要です。それはキャッシングの利用には暗証番号4桁が必要です。

普段頻繁に利用しないため、ついつい暗証番号を忘れていませんか?
海外旅行の出発前には、必ず確認しておきましょう。

また、利用限度額の確認もしておくと良いでしょう!

以前、dカードの海外キャシングについての記事も書いているので気になる人は読んでください。参考記事dカードは海外キャッシングに向いてる?徹底解説

海外旅行の地域別に紹介!dカードで○○旅行は安心できるのか?

ここまでは海外旅行に行く際に重要になるdカードの海外旅行傷害保険と国際ブランドについて紹介してきました。

しかしここからは実際にあなたが行く国で本当にdカードで安心できるのかということを中心に紹介していこうと思います!

あなたが行く国の地域の欄にいますぐジャンプして確認してみてください!
アジア圏への海外旅行
中南米への海外旅行
ヨーロッパへの海外旅行
アフリカや中東への海外旅行
アメリカへの海外旅行

アジア圏への海外旅行はdカードだけで安心できるの?

日本から近いということもあり、アジア諸国へ旅行に行く人も多いとは思いますがdカード一枚で安心して旅行はできるのでしょうか?

まず保険に関してですがこれに関して言えばdカード1枚でぎりぎり安心できるのかな?というレベルです

というのもアジア諸国は基本的に日本よりも治療費や入院費が安いことが多く、びっくりするほど高いということにはなりにくいからという話です。

しかし大きな怪我や病気だと一概には言えませんのでできればdカードの他に学生専用ライフカードエポスカードなど年会費無料で海外保険が付帯してくるカードを持つことをお勧めします!

次に国際ブランドに関してですがアジア諸国であればVISA、MasterCardに加えJCBのいずれかのカードであれば不便なく使えます。

dカードで発行できる国際ブランドはVISAとMastercardですので、dカードだけじゃダメかも…と思った皆さんも先ほどあげた学生専用ライフカードエポスカードなどのカードなら安心して使うことができますので安心です!

中南米への海外旅行はdカードだけで安心できるの?

中南米に関しては国による開きがかなりあるので個別に調べてもらうのが一番かなとは思いますがメキシコやブラジルなどの国では日本よりやや高水準な保険額になっているのでdカードの他かに学生専用ライフカードエポスカードなど年会費無料で海外保険が付帯してくるカードを併用して持つことをお勧めします!

また国際ブランドに関しても中南米であればVISAやMasterCardのブランドであれば安心できますのでdカードだけじゃ不安だなとおもった皆さんは上で紹介したカードや楽天カードなどを利用することをお勧めします!

ヨーロッパへの海外旅行はdカードだけで安心できるの?

ヨーロッパに関して確実に言えるのはdカード1枚で突撃するのはやめましょう。ということです。

なぜならどう考えても治療費や入院費が高すぎるんです。
「え?北欧とかなら医療費無料じゃなかったけ?」とか思った人!それはその国の人だけです!海外旅行者からはとんでもない額が請求されるのです!

国際ブランドのことも考えますとヨーロッパではMasterCardブランドが高いシェア率を誇っているのでMastetCardブランドを発行できる楽天カードVIASOカードなどのカードをdカードと合わせて持つことをお勧めします!

アフリカや中東への海外旅行はdカードだけで安心できるの?

アフリカや中東は物価が低いのでdカードだけで安心だろうと思っている人も多いとは思いますが実はそうでもないんです!

というのもアフリカや中東では医療設備が乏しいために重度な怪我や病気の場合ヨーロッパなどの医療先進国に搬送されるケースも少なくないんです!

したがって気を抜いていると膨大な額になって保険適用額を超えてしまうなんてことになりかねません。なのでVISAブランドが発行できる三井住友VISAクラシックカードエポスカードなどをdカードの他に持っているのが良いでしょう!

アメリカへの海外旅行はdカードだけで安心できるの?

最後になりましたがアメリカへの海外旅行はどうなのかというとdカード1枚で行くのはやめたほうがいいと強く言いたいです。

というのも理由はヨーロッパと同じく治療費や入院費がダントツで高いということなのですがそれもヨーロッパと比較してもレベル違いに高いんです。
下手したら入院費だけで日本で高級車が軽々買えてしまうレベルになります

ですからdカード以外に1枚とは言わずにVISAブランドを発行できる三井住友VISAクラシックカード楽天カードエポスカードなどのカードを複数枚持つことをお勧めします!

dカードよりも海外旅行におすすめのクレジットカードランキング

カンタン申し込みの楽天カード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード、アメックス
最大5,000ポイント入会キャンペーン
  1. 新規入会でもれなく2,000ポイント
  2. 申し込み日の翌々月末までに楽天カードを1円以上利用で3,000ポイント
楽天カードの特徴
  • 楽天市場利用なら最大14倍のポイント特典(SPU適用時)
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードは年会費500円+税。プラチナ・ダイヤモンド会員なら年会費無料に!
  • 楽天Edy、楽天ポイントカード一体型
  • お買いものパンダ、バルセロナ、Yoshikiデザインなど選べる券面デザイン

アジア・ハワイでおすすめのJCB CARD W

年会費永年無料
申込資格18歳〜39歳
発行時間最短3営業日
国際ブランドJCB
ポイントアップ&最大8,000ポイント入会キャンペーン
  1. 入会月の翌々月末までポイント4倍
  2. 家族カード同時申し込みで最大2,000ポイントプレゼント
  3. さらに、友達紹介で最大6,000円分プレゼント
JCB CARD Wの特徴
  • WEB入会&18歳〜39歳限定のJCBカード
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードの発行手数料&年会費無料
  • QUICPay一体型のクレジットカード
  • 女性向け特典のあるJCB CARD W plus Lも

年会費無料で海外障害旅行保険が自動付帯のエポスカード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短即日
国際ブランドVISA
もれなく2,000円分のポイントもらえる入会キャンペーン
  1. 新規入会で2,000円分のエポスポイント(店頭受け取りの場合はクーポン)
エポスカードの特徴
  • レストラン、居酒屋、カフェ、美容院、カラオケでの割引や遊園地、水族館など全国10,000店舗以上の優待特典
  • 全国のマルイ店舗で受け取れる即日発行サービス
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 初回キャッシング利用は30日間金利0円で利用可能
  • 「マルコとマルオの7日間」は10%オフでショッピング

リゾート目的ならSPGアメックス

年会費31,000円+税
申込資格20歳以上
発行時間2週間程度
国際ブランドアメックス
入会&利用で30,000ポイントプレゼント
  1. 入会後3ヶ月以内に10万円以上の利用で30,000ポイント
SPGアメックスの特徴
  • SPGおよびマリオットリワードの会員資格「ゴールドエリート」を提供
  • 最高1億円補償の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付帯
  • 毎年の継続ごとにSPGおよびマリオットリワード参加ホテルの無料宿泊特典(一泊一室2名)をプレゼント
  • SPG参加ホテルの直営レストランならびにバーの飲食代金が15%オフ
  • 貯まったポイントは40を超える航空会社のマイルに交換可能&60,000ポイントのマイル移行ごとに5,000マイルのボーナスも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください