【11/18迄】2019年最後の8000ポイント入会キャンペーン

デビットカードの使い方を知ろう!おすすめカードの使い方を詳しく紹介!

デビトカードの使い方
デビットカードはクレジットカードとは違い、立替払いではなく即時口座引き落としなので、使いすぎる心配がないですよね。さらにクレジットカードと同じくポイントも貯まるため、もしかしたらクレジットカード以上の魅力があるのかもしれません。

そんなデビットカードを作ったのはいいものの、使い方が分からないって人もいます。使い方を知らなくて、使わなかったら、宝の持ち腐れになってしまい、デビットカード機能を生かすことができません。

お店で使うとき、ネット通販を使うとき、どのような使い方をしたらいいのか知っておきましょう。

そこで今回はデビットカードの使い方を詳しく紹介します。

デビットカードの使い方とは?

それではデビットカードの使い方を説明していきましょう。

お店で買い物をして、会計時にいくら必要か言われたら、デビットカードを出していきましょう。具体的に出す場所をいうと、いつも現金を出す入れものみたいなところにデビットカードを置きます。

そして支払方法を伝えていきます。一括払いでお願いします、VISAでお願いします、など分かりやすく伝えてあげましょう。

支払方法を伝えると、お店によって違いはありますが、サインまたは暗証番号を求められます。コンビニやスーパーのようにどちらも必要ないといった場所もあります。このあたりはクレジットカードの手続きと似ていますね。

サインや暗証番号の入力が終われば無事に決済されます。
前提として口座残高がある場合だけ決済ができます。
口座残高がない場合は決済できません。

その後は、デビットカードの控えをもらって、支払内容を確認し、完了です。

デビットカードの使い方は難しくない

特に使い方は難しくないですよね?
いたってシンプルです。今まで現金を出していたものが、デビットカードをだせばいいだけです。

サインを求められても慌てなくて大丈夫です。基本的には定員さんが記載する欄を指定してくれます。
これはお店側が使っているレシートの種類によって違うため、中央部分であったり、下部分であったりします。

ここで注意点ですが、あくまでサインやデビットカードに記載されている口座名義人のサインを書いてください。
別の人の名前では決済できないことを覚えておいてください。

暗証番号が求められても慌ててはいけません。カード作成時に決めた暗証番号を入力していき、最後に確定ボタンを押せば完了です。そんなに緊張する必要はありません。

複数回間違えてしまうとロックがかかるかもしれませんが、1回間違えたくらいでは大丈夫です。

デビットカードの使い方でおすすめな方法

デビットカードの使い方でおすすめなのは、どこのお店が使えるか覚えておくことです。慣れていない人の場合、レジで戸惑ってしまうかもしれません。

デビットカードが使えるお店なのかどうか見分けるのは簡単です。

見分け方は、保有しているデビットカードについている国際ブランドを見ることです。国際ブランドのマークがお店のレジ付近に貼ってあれば、対応可能ということです。ちなみに国産ブランドのマークというのはVISAやJCBのことをいいます。

デビットカードの使い方 ネットの場合

デビットカードはネット通販でもクレジットカードと同じように利用することが可能です。お店で使えるかどうかの確認と同じで、利用できるかどうかは国際ブランドを確認しましょう。

ネット通販の場合、そのお店の支払について欄に使えるカードブランド情報が記載されています。そのブランドが自分のデビットカードブランドと一致しているか見ましょう。VISAやJCBであれば、ある程度使えると思います。

使えるお店が確認できたら、実際に決済する使い方をみていきましょう。

購入情報ですすんでいくと、クレジットカード入力する欄がでてきます。デビットカードであっても、クレジットカードを選択すれば問題ありません。

その次にデビットカードの裏面に記載されている16桁の番号を入力していきましょう。
そして暗証番号、セキュリティコードの入力をします。
これらの情報はカード表面や裏面に記載されています。

すべての入力が完了すると決済完了になります。
カード決済前に商品に間違いがないか最終確認しましょう。

デビットカードの使い方 海外の場合

次に海外でデビットカードを使う場合を紹介します。

デビットカードはクレジットカードと同じように海外で使うことができます。使い方は日本のときとほとんど変わりはありません。まずは利用できる店舗なのか情報を得るところからです。お店のホームページや店頭でクレジットカードが使えるのか、どの国際ブランドが使えるのか確かめましょう

海外で利用する場合でも現地ルートに置き換えられた、自動的に口座残高から引き落としされます。

海外旅行に行くときに、現金を多く持つのは不安ですよね。正直日本は治安がものすごくよい国です。他の国の場合は、治安がよいとはいえません。

また、日本人というのは他の国から見たらお金持ちと思われています。狙われやすいうえに、現金を持っていたらターゲットになりかねないため、できるだけ現金は多くもたないようにしましょう。

そのために便利となるのがデビットカードの存在です。

デビットカードは海外で現地通貨の引き出しも可能

また、海外で現地通貨がどうしても必要になったときにデビットカードは役立ちます。海外のATMでデビットカードを使って現地通貨を引き出すことができます

一定の手数料がとられますが、口座に残高さえあれば、気軽に引き出すことができます。まさに海外にいても、日本と同じようにATM利用ができるという訳です。これもデビットカードを持つメリットだといえます。

使い方は簡単です。

ATM内に現地通貨決済手続き画面があるため、それをクリックして必要金額を入力すると、引き出しできます。
特に難しい操作は必要ありません。

地域によっては、日本語ガイダンスがついているATMもあるため、誰かの助けがなくても引き出しできますよ。

デビットカードの使い方 UFJカードの場合

次にUFJ銀行のデビットカードの使い方を紹介します。

こちらのデビットカードは、UFJ銀行に口座を持っている人であれば、誰でも作ることができます。基本的な機能としては、初年度年会費が無料。23歳以下であれば自動的に年会費無料、また、年間10万円以上デビットカードで引き落とし歴があれば、2年目以降も年会費無料になります。

ちなみに年会費1,000円(税抜)です。申込ができるのは15歳以上であれば誰でもOKです。アルバイトの学生や専業主婦でも問題なく作れます。

利用金額の0.2%がキャッシュバックされる仕組みも大きいですね。それに何よりクレジットカードと同じように保険付帯がされています。

カードの不正利用は年間100万円補償。ショッピング保険も100万円補償。UFJ銀行は大手銀行なので、すでに口座を持っている人も多いですよね。そのため、デビットカードだけであれば、簡単に作れてしまいます。

キャッシュバック率も0.2%あるため、現金ではくれなかったものが、キャッシュバックされるようになります。

デビットカードの使い方 楽天カードの場合

続いて楽天銀行のデビットカードの使い方を紹介します。

こちらも通常のクレジットカードと同じ使い方です。ネット通販でもクレジットカードと同じように16桁の番号を入力していきます。

カードの種類はVISAとJCBの両方が選択できます。年会費も発行手数料も無料なので、とりあえず持っておいて損はないデビットカードです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください