セブンイレブンで20%還元☕✨

デビットカードのJCBとVISAどっちがいいの?それぞれの特徴を紹介!

デビトカードの使い方

デビットカードには大きく分けて2種類あるのはご存知でしょうか。1つはVISAやJCBの国際ブランドが搭載されているデビットカード。そしてもう1つが銀行系キャッシュカードに搭載されているJ-Debitが搭載されたデビットカード

この2種類の違いは知っている人が多いです。国際ブランドが搭載されていると、海外でも使うことができたり、国内の加盟店も多いため、幅が広いのが特徴です。J-Debitのデビットカードの場合は、日本国内のみでしか使えないため、海外では利用できません。また、ネット通販などでも利用することができないため、柔軟性がないかなと思います。

そしてもう1つ気になる疑問が、国際ブランドであるVISAとJCBであれば、どっちがおすすめなのかという点です。そこで今回は国際ブランドのVISAデビットカードと、JCBデビットカード、それぞれの特徴を紹介します。

デビットカードのJCBとVISAの関係性

デビットカードのは大きく分けて3種類あります。
「VISAデビットカード」 「JCBデビットカード」 「Jデビットカード」です

JCBとVISAの関係性は国際ブランドが搭載されているということです。

もう1つのJデビットカードは国際ブランドではなく、日本国内発行の国産ブランドです。そのため日本国内では使えるのですが、海外では利用することはできません。

JCBデビットカードとVISAデビットカードは海外でも使えます

デビットカードのJCBとVISAそれぞれの特徴とは?

それではJCBデビットカードと、VISAデビットカード、それぞれのカードの特徴を紹介していきたいと思います。

Jデビットカードよりは、どちらも国際ブランドが搭載されているため、日本国内だけでなく海外でも利用できることがメリットです。

VISAデビットの特徴

VISAデビットの特徴は国際ブランドであるVISAと、日本の銀行が提携しているデビットカードです。そのため、VISA加盟店であれば日本国内だけでなく、海外も含めてどこでも利用できてしまいます

今までVISAのクレジットカードを使っていた人であれば、同じようにVISA加盟店でデビットカードを使うことができます。

クレジットカードとの違いは支払方法だけです。
使えるお店は変わらないのですが、支払方法が立替方式なのか、即時銀行口座引き落としなのかです。

VISAクレジットカードとの違い

クレジットカードの場合は、一時的にクレジットカード会社に立替をしてもらい、毎月まとめて返済するといったイメージです。そのため、クレジットカードに持つためには審査が必要です。

返済能力のある人にしかクレジットカードを発行しないということです。VISAデビットカードであれば、銀行口座が作れるのであれば、誰でも持つことができます。審査はありません。

デビットカードは即時銀行口座引き落としなので、お金を立替してもらう訳ではありません。お金が口座になければ買い物をすることはできません。VISAデビットカードであれば使いすぎを防止することができます。

JCBデビットの特徴

次にJCBデビットカードの特徴を紹介します。こちらも同じくJCBが銀行と提携して発行しているカードです。海外店舗やインターネット通販でも利用できるケースも多く、VISAデビットカードよりも柔軟性があるカードです。
また、所定の条件を満たすことで旅行保険も付帯することが可能です。

JCBクレジットカードとの違いは、VISAの部分で述べたことと変わりはありません。即時銀行口座引き落としということで、使いすぎを防止してくれます。

デビットカードのJCBとVISAどっちがおすすめ

それではVISAデビットカードとJCBデビットカード、どっちがおすすめなのか紹介します。

どちらがおすすめかというと正直使うお店によります
加盟店が多いのはVISAになりますが、それは海外を含めた店舗数になり、行く場所によってその人のメリットは変わってきますよね。

日本国内のお店であれば、VISAもJCBもある程度のお店であれば使えるようになっています。なのでどちらがおすすめかというと、どちらもおすめになります。2つの共通点は、国内だけでなく海外の加盟店で買い物ができる、ネットショッピングでも利用できることが特徴です。

そしてもう1つ、どちらも海外にある提携ATMで現地通貨を引き出すことができます。現地でお金がなくなったときに、現地通貨が引き出せるのはありがいですね。

デビットカードのJCBとVISAそれぞれの作り方とは?

それぞれのカードの作り方は簡単です。

まずはどの銀行のデビットカードを作るのか決めましょう。
できれば自分の行動範囲の中にある銀行を選ぶようにしましょう。

ネット銀行の場合はその必要はありませんが、窓口銀行を選ぶのであれば、使いやすいところがいいですよ。

銀行の口座を作ると同時に、デビットカードの申し込みをすることもできます。このあたりは店舗によって違いがあるため確認が必要です。後日申し込み用紙でデビットカードを申し込みする場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください