20%還元の入会特典クレカ💳🉐

ダイナースクラブカードの詳細

ダイナースクラブカード

数あるおすすめのクレジットカードの中でも、世界で1番最初に作られたクレジットカードとして他のクレジットカードと一線を画するダイナースクラブカード。

そこで、今回はダイナースクラブカードの魅力とお得な使い方について詳しく解説していきます。

ダイナースクラブカードの特徴

ダイナースクラブカードの特徴は、何と言ってもそのステータス性です。

ダイナースは、世界で初めてできたクレジットカードとも言われており、世界中のどこでもステータスカードとしての地位を築いています。

また、ダイナースの名前通り、ダイニングサービスが豊富な点もダイナースクラブカードの特徴と言えるでしょう。

ダイナースの由来は?

ダイナースの由来は「diner」から来ています。

dinerは、食事をする人を意味し、レストランで食事をする際に現金がなくても会計ができる方法としてクレジットカードが使われたことから、ダイナースクラブカード(食事をする人たちのためのカード」という名前になったと言われています。

ダイナースクラブカードの概要

ダイナースクラブカード
年会費22,000円+税
申込資格27歳以上
発行時間通常2週間
国際ブランドダイナースクラブ
限度額一律の制限なし

カードの申し込みはこちら

年会費が22,000円+税

ダイナースクラブカードの年会費は22,000円+税ですが、これは他クレジットカード会社が発行するステータスカードと比べると、年会費が安いステータスカードに分類されます。

そのため、年会費をかけずにステータスカードを持ちたい方には大きなメリットと言えます。

券種年会費
ダイナースクラブカード22,000円+税
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード20,000円+税
JCBプラチナ25,000円+税
三井住友カード プラチナ50,000円+税
Orico Card THE PLATINUM20,000円+税
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード130,000円+税
セディナプラチナカード30,000円+税
JAL アメリカン・エキスプレス®・カード プラチナ31,000円+税

ダイナースクラブカードを持つメリット

ここからはダイナースクラブカードのメリットを紹介していきます。

ダイナースクラブカードのメリット
  • ステータスを認められる
  • プラチナカードが無料で追加発行できる
  • エグゼクティブ ダイニング
  • ダイナースクラブプレミアムカードを目指せる
  • ハワイ旅行がお得になる

ステータスを認められる

ダイナースクラブカードは、もともと「ステータスカード」の代表格でした。

そのため、今でもダイナースクラブカードに「お金持ちが持っているカード」というイメージを抱いている方がいます。

例えば、大事な取引先との会食や大切な行事の際にダイナースクラブカードを使ってお会計すると、ステータスの高い人だと思われることでしょう。

プラチナカードが無料で追加発行できる

ダイナースクラブカードを持っていると、TRUST CLUB プラチナマスターカードというカードを無料で発行することができます。

このカードは、三井住友トラスト・グループが発行するマスターカードですので、ダイナースと2枚持ちすれば世界中ほぼ全ての飲食店や服飾店でどちらかを利用することができます。

エグゼクティブダイニング

エグゼクティダイニングは、対象レストランの所定コースを利用すると、コース料金の1名分または2名分が無料になるサービスです。

同窓会や歓送迎会などのグループでの食事や家族のお祝いの時に利用すれば、上質な料理をお得に堪能することができるでしょう。

主なエグゼクティダイニングの対象レストランは下記の確認してみてください。

  • La cuisine de TAKUMI
  • Espace MAKOTO
  • AGRISCAPE
  • 新町 和けい
  • Te’PAN Le OMUS
  • 大阪 光林坊
  • 京都焼き鳥 一
  • OSTERIA ITALO
  • など

ダイナースクラブプレミアムカードを目指せる

ダイナースクラブカードを普段から利用していれば、あるタイミングでダイナースクラブプレミアムカードのインビテーションが送られてきます。

ダイナースクラブプレミアムカードは、謂わゆるブラックカードですが、ダイナースクラブ側に認められればインビテーションが送られていきますので、比較的手の届くブラックカードと言えるでしょう。

そのため、一度はブラックカードを持ってみたいという方には、大きなメリットとなります。

ハワイ旅行がお得になる

ハワイにおすすめのクレジットカード
ダイナースクラブカードはハワイでお得な特典が満載ですので、1回のハワイ旅行で簡単に年会費のもとが取れてしまいます。

ダイナースクラブカードのハワイ優待
  • 海外クラブホテルズで部屋のグレードアップ
  • Lea Leaトロリー1週間乗車券プレゼント
  • マンダラ・スパ ハワイなどの施設が10%OFF
  • など

ダイナースクラブカードのデメリット

ダイナースクラブカードのメリットは沢山ありますが、もちろんデメリットもありますので事前に確認しておきましょう。

  • 年会費が高い
  • 使える店が多くない
  • Apple Payに登録できない

年会費が高い

ダイナースクラブカードのデメリットの一つは、年会費が22,000円+税かかるということです。

そのため、年会費無料のクレジットカードなどもある中で、年会費のかかるダイナースクラブカードを選ぶのであれば、これからメインカードとしてダイナースクラブカードを使っていくという覚悟と計画性が必要になります。

ただし、ダイナースクラブカードのメリットは多いため、メインカードとして使い込んでいれば年会費はデメリットに感じなくなる可能性もあるでしょう。

使える店が多くない

ダイナースは、VISAやマスターカードに比べると使える店が少ないです。

そのため、ダイナースクラブカードのみを持ってレストランやにいくと、会計時に利用できないという可能性も出てきます。

ただし現在は年会費無料でマスターカードのコンパニオンカードを追加発行できますので、従来のデメリットは解消できていると言えます。

Apple Payに登録できない

ダイナースクラブカードはApple Payに登録できません。

ただし、ダイナースクラブカードはSuica楽天Edy“>楽天Edyにチャージできるので、モバイルSuicaまたは楽天Edyをスマホにダウンロードして利用することはできます。

ダイナースクラブカードに関するQ&A

公共料金の支払いに利用できる?

ダイナースクラブカードは公共料金の支払いに利用できます。利用代金明細で利用状況を管理でき、さらにポイントも貯まります。


ダイナースクラブカードのまとめ

ダイナースクラブカード
年会費22,000円+税
申込資格27歳以上
発行時間通常2週間
国際ブランドダイナースクラブ
限度額一律の制限なし

カードの申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください