【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

派遣登録の服装はどうする?好印象を与えるオフィスカジュアルのポイントを解説

派遣の登録会場に行くときは正社員の面接のようにスーツを着ていけばいいのか、登録だけだから普段着でもいいのか迷うことがあるでしょう。
推奨されるオフィスカジュアルについても、範囲やアイテムがよくわからないため悩みますよね。
派遣会社の人に好印象を与えるためには、服装は重要ですよ。
ここでは、適切な派遣登録の服装やNG例、オフィスカジュアルのポイントを紹介します。

派遣登録時には何を着ていけばいいの?

派遣登録をする際に気になるのが服装ですよね。
一般的な転職面接ならスーツが基本ですが、登録にそこまでしていく必要があるのでしょうか。
ここでは、派遣登録時の服装について解説します。

オフィスカジュアルまたはスーツが好まれる

派遣登録には特にスーツを指定されないケースが多くあります。
スーツをすぐに用意できないという人もいるため、必ずしもスーツでなくてはならないことはありません。
多くの派遣会社では、オフィスカジュアルならOKという意見。
ただ、「スーツならよりいい。」「指定しないのにスーツを着てくるとビジネスマナーレベルの高さを感じる。」といった意見も根強くあります。

普段着で構わないという派遣会社も

登録時には普段着で構わないという派遣会社もあります。
理由としては、派遣登録する人とざっくばらんに面談をしたいから。
普段のありのままを確認したいため、堅苦しいスーツでなく普段着でリラックスしてほしいということです。
この場合、普段着の範囲が人によってかなり差があるため、気をつけるべきポイントが複数でてきますね。

職種にあった服装ならOK

職種にあった服装なら可能とする派遣会社もあります。
職種ごとに服装の許容範囲が異なりますよね。
例えば販売員などであれば、ある程度自由度が高く、流行の服を着ていくことも許容されます。
工場系の派遣であれば、パンツスタイルなどで動きやすさを重視するのもいいでしょう。
一方、営業であればスーツが必須。
職種にあった服装選びをするには、その職種事情をよく知っておく必要があります。

派遣登録の服装これはNG!

オフィスカジュアルや普段着が許されるケースもある派遣登録時の服装ですが、「これだけはNG!」と言えるマナー違反な服装もあります。
ここでは派遣登録時にしてはならない服装を紹介します。

色柄が奇抜で個性的すぎる

服の好みはそれぞれですから、派手でポップな色使いや、柄物が大好きという人もいるでしょう。
プライベートであれば問題ありませんが、派遣登録というオフィシャルな場ではどうしても違和感があります。
「何しに来たんだろう。」と思われてしまうかもしれません。

露出が多い服

特に女性に多いのが露出の問題です。
ショートパンツやミニスカートなどは可愛いですが、派遣登録の場ではNG。
オフショルダーなどで肩全体があらわになっていたり、胸元が気になってしまうVネックにも注意したいですね。
椅子に座ることもあるため、ローライズで腰回りが見えてしまうパンツもやめましょう。

カジュアル感が強い服装

カジュアルの代表格でもあるデニムやプリントTシャツ、サンダルなどはNGです。
「一般企業に着て行っても大丈夫かどうか。」をベースに考えてみると、カジュアル過ぎてダメだとわかるはず。
男性の場合はハーフパンツなどの「足だしスタイル」もカジュアルな印象なのでやめましょう。

清潔感がない服や靴

いくらスーツやジャケットを着ていても、シワシワで汚れているなど清潔感がない服はいけません。
派遣会社の人はどんなアイテムを着ているかより、清潔感をかなり重視しています。
清潔感がない人は仕事を紹介しても派遣先から気に入られない可能性が高いため、とても気になるポイントだからです。
見逃しがちですが、靴も重要です。
泥だらけの汚いスニーカーを履いていく、革がはげてしまったローファーを履くなども悪印象ですよ。

好印象なオフィスカジュアルのポイント

派遣会社の多くが推奨している「オフィスカジュアル」ですが、その範囲や選ぶアイテムなど意外と難しいと思ったことはありませんか?
オフィスカジュアルは基本を押さえておけば簡単ですからぜひ覚えておきましょう。
ここでは、派遣会社の人に好印象を与えるオフィスカジュアルのポイントを解説します。

シャツやジャケットなど襟つきだとオフィシャル感アップ

オフィスカジュアルのベースにしたいのは「襟つき」のトップスです。
襟がついているとそれだけできちんとした印象を与えますから、よくわからない人はとにかく襟つきのトップスを着ましょう。
シャツやジャケットなどが定番ですね。
襟つきトップス×シンプルなボトムスの組み合わせをすれば、常識外れだと思われる可能性がぐっと下がります。

ベーシックカラーをベースに淡い色ならOK

色使いも重要です。
オフィスカジュアルでは、黒、ベージュ、紺、グレーなどのベーシックカラーをベースに組み合わせていきます。
差し色を入れたい場合は「淡い色」「モーヴ系」がキーワード。
赤や黄色などの原色はカジュアルな印象が強いためあまりおすすめできません。
薄い水色やベージュピンクなどは柔らかい雰囲気になるため好まれやすいカラーです。

色で少し注意したいのは全身黒と全身白。
黒も白も確かにベーシックカラーですが、全身だとインパクトが強くモードな印象になるためオフィスカジュアルとは少し違ってきます。
黒や白でまとめる場合はどこかに差し色を入れるなど「抜け感」を作ることでモードな雰囲気が緩和されますよ。

スカートはタイトか適度なAライン

女性のスカートはいろいろな形がありますが、もっともオフィシャルなのはタイトスカート。
膝が隠れる丈のタイトスカートなら、大人らしくしっかりした雰囲気を醸し出すことができます。
タイトスカートが苦手という方はAラインもいいですね。
ただ、あまり広がり過ぎるラインやフワフワした素材のものだと遊びに行く服装のようなので、ややタイトで適度なAラインを選びましょう。

ストライプやボーダーは細め幅がコツ

服装にメリハリがつく柄物も、きちんと選べばオフィスカジュアル仕様になります。
特にストライプは、ワイシャツでよく使用される柄で、爽やかで仕事着らしい印象です。
ボーダーはストライプに比べるとカジュアルなので注意も必要ですが、黒×グレーなどコントラストがはっきりしないものを選ぶことで、カジュアル感がダウンします。
ストライプもボーダーも、幅が太めになるほどカジュアルなので、細い幅のものを選ぶようにしましょう。

アクセサリーは華奢なタイプ1択

アクセサリーをつけるのはいいのですが、華奢なタイプを選びましょう。
服装のポイントになるようなジャラジャラしたもの、揺れるタイプのピアスなどではなく、あくまでもさりげないものを選びたいですね。
手元はよく見られる場所なので、指輪をいくつもつけるのもやめましょう。
長い爪や派手なネイルも、仕事への意欲が疑われますから注意です。

サイズ感はかなり重要

見落としがちですがかなり重要なのは、服装のサイズ感です。
例えばシャツやジャケットは、袖の長さや肩がフィットしているかどうかで印象が変わってきます。
ぶかぶかしてサイズにあっていないとだらしない印象なので、適度にフィットしたものを選びましょう。
女性の場合はタイトな服も多いですが、ピタピタし過ぎているとセクシーになってしまいます。
登録とはいえ、オフィシャルな場面にはあわないため気をつけましょう。

派遣登録の服装はビジネスマナーが問われる!

派遣登録の服装は、正社員の面接などに比べると自由度が大きいと言えます。
ただし、その分注意点が増えてきますからビジネスマナーが問われますよ。
派遣会社のスタッフは、登録時の印象によっては「紹介できそうな仕事が少ないかも。」と感じることがあります。
条件がいい仕事を紹介してもらうためには、ビジネスマナーのレベルが高く信頼できる人だと思ってもらうことが大切。
登録だからと気を抜かず、適切な服装で臨むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください