20%還元の入会特典クレカ💳🉐

ETCの大口割引(多頻度割引)とは?法人におすすめの割引制度!

ETCカード
「ETCの大口割引(多頻度割引)ってどんな時に使えるの?」
免許も取得し、高速道路や有料道路での割引もあるからとおすすめされたETCカード

ですが、
・大口割引(多頻度割引)の仕組みは?
・高速道路によって割引率が違うの?
・通行止めで迂回した場合、割引は適用される?
など気になることも多いと思います。

そこで、この記事ではETCの大口割引(多頻度割引)の概要と注意点についてまとめました。

関連する記事を読む

大口割引(多頻度割引)の概要

ETCの大口割引(多頻度割引)は、その名の通り大口・多頻度利用者を対象とした割引サービスです。

この大口割引(多頻度割引)を利用するためには、ETCコーポレートカードを利用が必須となります。

また、大口割引(多頻度割引)には、高速利用の料金が大きいほど割引率が高くなっていくというメリットがあります。

割引金額

大口割引(多頻度割引)の割引金額は、1ヶ月間の車両単位割引と契約単位割引の組み合わせとなります。

車両単位割引

車両単位割引は、契約者の自動車1台ごとの1ヶ月の高速利用料金をもとに、下記の割引率が適応されます。

利用料金(車両1台につき)割引率ETC2.0の割引率
(令和2年3月末まで)
5,000円を超え、10,000円までの部分10%20%
10,000円を超え、30,000円までの部分20%30%
30,000円を超える部分30%40%

契約単位割引

1ヶ月で下記の条件を超えると契約単位割引として、10%の割引を受けることができます。

  • 契約者の1ヶ月の高速道路の利用金額が合計500万円を超える
  • 契約者の自動車1台あたりの1ヶ月平均の利用額が3万円を超える

また、割引対象の一般有料道路で上記の条件を超えた場合は、5%の割引を受けることができます。

他のETC割引と併用はできない

ETCの割引制度はいくつもありますが、大口割引(多頻度割引)は基本的に他のETC割引と併用ができません。

ETCの割引サービスはお得なものばかり!

ETCカード
ETCの割引は、日本全国で様々なサービスがあります。

そこで、主要なETCの割引サービスを纏めました。

ETC割引割引内容
平日朝夕割引平日の6時~9時・17時~20時の間が最大50%割引
ETCマイレージサービスの登録必須
休日割引日曜日や休日に地方の高速道路が30%割引
深夜割引0時~4時の間は50%割引
アクアライン割引普通車が2,340円分お得
ETC2.0割引圏央道(新湘南バイパスを含む)の環状道路利用で割引
障害者割引障害を持っている方が同乗すると50%割引
大口・多頻度割引走行距離に比例して割引率が高くなる
ETC乗り放題ドラ割みち旅などお得なフリーパス、ドライブパス

ETCの乗り放題プランの活用もおすすめ

ETCの乗り放題とは各交通事業者が提供する割引プランのドライブパスやフリーパスが該当します。

利用する高速道路・有料道路によって購入できる乗り放題プランが異なるため、以下表にまとめました。

交通事業者乗り放題プラン
NEXCO東日本ドラ割
NEXCO中日本速旅
NEXCO西日本みち旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください