起業してすぐにビジカを持てたときは嬉しかった!はじめてのビジカならアメックス

新卒で大手インターネットサービス企業に入社し、大手WEB広告代理店の転職を経験されたのち、起業された株式会社リベラボ代表取締役の小田雄大さんにお話を伺いました。

小田雄大さん小田 雄大さん
一橋大学卒。
2010年4⽉に新卒として楽天株式会社に入社。2012年5月に同社を退職し、株式会社メディックスに転職。そして、2013年10月に株式会社リベラボを創業。
SEM領域を中心としたWebマーケティングの支援、及びモール出店企業様の売り上げ拡大コンサルティングを中心に事業を展開する。

もし起業を将来考えている方がいましたら、サラリーマン時代にクレジットカードは作っておきましょう。

リスクの中にある成長機会

小田雄大さん

ー2013年10月に起業されたそうですが、起業のきっかけは何だったのですか?

起業については、学生の頃から漠然と「30歳までには起業する」と思い描いていたものでした。それがたまたま、このタイミングになったという感じです。

ー30歳というのはかなり明確ですね。どのような学生時代を過ごされたのですか?

学生時代は20人ぐらいのベンチャー起業でインターンシップに従事してました。その影響を強く受けているせいか、web業界で30歳までに起業したいと考え始めるようになりました。

ちなみに、年齢に特にこだわっているわけではなく、30歳超えると腰が重くなってしまいそうだなと。(笑)

そのため、「成長スピード」「web業界であること」、この2点を軸に就職活動もしていたと思います。

ー楽天株式会社、株式会社メディックスと大手を経験されていますが、独立に不安はありませんでしたか?

不安が全くないと言えば、嘘になりますが、むしろもっと成長したいという意欲のほうが強かったと思います。

どうしても大手だと分業による効率化が進んでいるので、オペレーションとしての完成度は高いです。そのため、仕事内容もルーティーンになりがちです。

もちろん、その中で学べるものはたくさんありましたし、それらを経てきたからこそ、今の起業に結びついていると思います。

しかし、もしあのまま居続けたら、リスクを負うことを自然と避けてしまう。自分はリスクの中に、大きな成長機会があると考えているので、今の環境が楽しくて仕方ありません。

 

海外で変わったモノの捉え方

小田雄大さん

インド タージマハル近辺の子供達と

ー世界一周など、海外旅行する方に起業したいという方を多く見ます。そういえば小田さんも海外によく1人旅をするとか。

そうですね。海外では何か起こるか分からない不確実性を求めて、1人でいきます。宿もプランも全て未定のまま、飛行機に乗るんです。

ー危険な目に合ったことなどはございませんでしたか?

しょっちゅうぼったくりにあいましたね。なので、客引きなどにはずっと「F●●k!」ばかり言ってました。(笑)

あとはお腹はよく下してました。お水は絶対気をつけるべきですね。

ー海外で役に立ったものとかはございますか?

1つは正露丸。これは必須です。そしてもう1つは、クレジットカードでした。

ぼったくりにあったときに現金がなくなりまして、そのときに使ったのがクレジットカードです。クレジットカードのキャッシング機能のおかげで、現地通貨を引き出すことができましたし、かなり助かりました。帰る日も近かったので、銀行のATM手数料と思うと、全然お得でした。

それらのおかげである程度何が起きても、なんとかなるなというスタンスになったと思います。

ー今はどのようなクレジットカードを利用していますか?

今は、アメリカン・エクスプレスのビジネス(法人用)カードを利用しています。

海外旅行時なら少ない限度額でも十分なのですが、経営となるとそうもいきません。また経費精算を簡素化したいとも思っていました。

しかし、起業って言葉はかっこいいかもしれませんが、社会的信用は0に近いんですよね。つまり、お金を借りる、カードを作るにしても信用がないので、なかなか審査がおりないんです。

その中で、最初にして唯一審査を通してくれたのが、このアメリカン・エクスプレスのビジネスカードでした。起業当初は本当に助かりました。

今は利用実績も積んできましたので、他の法人用カードに申し込む予定です。

 

目標は高く、いつまでも挑戦者で

小田雄大さん

ー最後に経営されている会社について、教えてください。どのような領域でビジネスをされているのですか?

弊社ではこれまでの経験を活かし、SEM領域を中心としたWebマーケティングの支援、及びモール出店企業様の売り上げ拡大コンサルティング・店長代行を中心に行っております。

楽天時代に感じたことなのですが、SEMが浸透していない中小企業に向けてソリューションを提供出来れば、もっと地方の小売事業者の可能性も広がると思うんです。

その方達が、自立できるようなサポートをしていきたいと思います。

ー今後の目標などございますか?

短期的な目標ですと、受託のみではなく、安定した収益を生む独自メディアを作っていきたいと思います。

長期的には、アーリーリタイアしたいなと考えてます。(笑)

冗談は置いといて、常に高い目標を持ちながら会社を早いスピードで成長させていきたいと思っています。

ただ、今はまずこれまでの経験をよりブラッシュアップして、目の前のクライアント様と向き合っていきたいと思います。

 


 

インタビューは以上です。

小田さん、ありがとうございました!小田さんが利用していたカードはこちら!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードカード機能
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  • 年会費26,000円(税抜)
  • ビジネス経費の管理、削減に役立つ特典
  • 海外/国内旅行傷害保険が最高1億円補償

学生の頃からの軸をぶらさず、その目標達成に向けて、ひとつずつ解決してきたい小田さん。これからが勝負とおっしゃっていた言葉に力強さと興奮を感じ取れました。

 

リスティング運用・ECサイト運営にお困りのかたがいたら

相談は無料とのことなので、とりあえず小田さんが経営する株式会社リベラボに聞いてみてはいかがでしょうか?

公式株式会社リベラボ

SNSでシェアしよう!

SHARE

スポンサーリンク

関連する記事

RELATED

この記事を書いた人

WRITER

青森県立高校、早稲田大学スポーツ科学部スポーツ医科学科 卒

2010年、楽天株式会社に入社。
楽天カードに配属(督促業務、コールセンター業務)→楽天市場キッチン日用品雑貨ジャンルグループのECコンサルタント(月間MIP2位受賞)

2012年、株式会社イノベーターズに転職し、株式会社クレディセゾンWEB支店の営業コンサルタントして獲得型のネットプロモーションの運用を行う。

2013年、株式会社ジーフロンティアが運営するマネープレスの編集長を務める。
メインの支払い方法はApple Pay(SPGアメックス、楽天プレミアムカード、Suica)と楽天ペイ。

質問やお問い合わせなども気軽にご連絡くださいませ。

皆さんのコメント

COMMENT

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク
おすすめの関連記事
  • MONEYPRESS代表のプロフィール
    MONEYPRESS代表の田代豪希

    2010年
    楽天株式会社に入社。
    楽天カードの督促業務研修期間に楽天市場事業部キッチン日用品雑貨ジャンルのECコンサルタントへ異動。楽天市場では月間MIP2位を受賞。

    2012年
    株式会社イノベーターズに転職。
    株式会社クレディセゾンWEB支店の広告営業コンサルタントして、アフィリエイトプロモーションの運用を行う。

    2013年
    株式会社ジーフロンティアに転職。
    MONEYPRESS代表の他、WEBマーケティングを担当。
    クレジットカードは20枚以上。
    SPGアメックス、楽天プレミアムカード、楽天ペイがメイン。

    自己紹介▼
    田代豪希の想い

    Twitter▼

    質問やお問い合わせなども気軽にご連絡くださいませ。

PAGE TOP ↑