今日すぐ使える即日発行カード特集🚗💨

外資系企業で出世しない人の5つの特徴

外資系は、その組織のトップから派遣社員まで移り変わりが目まぐるしいこともあります。

日本企業で有効だったこと、許容されていたことが通じないということも多いです。

外資系に転職する人、外資系での出世を望んでいる人はこちらの記事をひとつの参考にして自分チェックしてみてはいかがでしょうか。

結果が出せない

実力によって決められる外資系の昇格や昇進。
「周りより高い」能力やスキル、実績を持つことが出世には欠かせない第一歩となります。
結果を出すためには、どんなに煩雑で難易度の高いしごとを大量に抱えることになっても、タイムマネジメントやスケジュール管理、健康管理などの基盤を整えられることが大前提。
外資系企業では、即戦力の人材が求められていることが多いので、ビジネスパーソンとしての基本的なスキルの教育体制を整えているところは少ないかもしれません。

個人が尊重されるというメリットと同時に、指摘も少ない傾向にあります。
すべてが自分次第。
指摘されないことを外資系の緩さと勘違いしてしまう人、周りの人の見せる緩さに同調してしまう人は出世からは遠ざかってしまうでしょう。

仕事を結果につなげていくための、自分なりのルーチンや戦略を確立しておく必要があります。

出世する人は、目にする仕事の部分以外での自分磨きも怠っていません。
何によって自分を磨くかも外資系の人たちは幅も種類も多種多様で、単なる勉強や仕事に直結することばかりではないようです。

上司との関係が良好ではない

外資系では、若い人だけでなくシニア層でも社員の入れ替わりが激しい傾向にあります。
どんな人が上司になっても、その上司との関係を良好に保てる人は出世しやすくなるでしょう。
上司との相性の良し悪しは、出世を左右するといっても過言ではありません。

上司との良い関係を保つには、仕事のやり取りだけをスムーズにすればいいというわけではなく、上司からも相談を受けるくらいの存在になれるのが理想かもしれません。
媚を売ったり、常に持ち上げたりだと、その理想とは少しずれてしまう気がします。

日常でのコミュニケーションをとるときの話題を上司に合わせたり、絶妙なタイミングで自分から上手に相談や提案を持ち掛けたり。
上司も、社内外で自分の「実績」の株を上げることにつながる部下への評価は高くなるでしょう。

個性が薄い

外資系で働くときは、自分のキャラクターを確立できないと出世が難しくなります。
単純に目立たないからです。

どの個性が良い悪いではなく、個性の濃い人は出世コースに乗りやすい傾向にあります。

外資系の社員は、その組織の中でのブランディングがとてもうまく、自分に適した仕事をこなし実績につなげています。

さらに、自分が行っている仕事や出た実績をうまくアピールしていくことも大切です。
何をどう行い、どんな成果を得たのかを自分で発信しないと、個人主義の外資系の中では、周りの目に留まらないということが多いのです。

メンタルが弱い

外資系企業は、オンとオフがはっきりしていますし、役割も明確。
シンプルな働きやすさがある代わりに、精神的なプレッシャーを感じることも増えるようです。

役割が明確な分、その持ち分で確かな実績を出すプレッシャー。
周りを見ると、皆も同じように、もしくはそれ以上の働きをして高実績を追求しています。

大きな企業の目的のために一丸となっていると捉えることができれば、協働していることを感じられるのですが、毎日の仕事は、やはり自分で成し遂げるという感覚が優位になるようです。

外資系企業が「個人重視」といわれる部分にあたります。

また、考え方やや対応に柔軟さがないと、結果的に自分のストレスとなってパフォーマンスを落とします。

主張ができない

日本人としての課題は、まずは主張することに慣れることかもしれません。

実績を評価されるように表現していくことも、必要な主張のひとつ。

外資系の中では、何を主張するかというのもポイントになります。
主張ができたとしても、主張の仕方がうまくないと出世は難しくなるでしょう。

摩擦や対立を生まないよう建設的に主張するスキルが必要です。
出世ということを考えると、適切な主張を英語で行えるということも重要事項になるかもしれません。

高い英語レベルというよりも、伝え方のスキルを磨いている人は、たとえつたない英語でも出世コースに乗っているようです。

出世の秘訣!日系と異なる外資系コミュニケーション

総合的に見ると外資系独特のコミュニケーションスタイルに順応し、アピールでも主張でも、どう伝え、どう表現するかのスキルを上げることが出世のための評価の材料になりやすいようです。

実際には、そのコミュニケーションスタイルは個々の外資系企業によって特徴が異なります。確かな定義は難しいのですが、意識すると出世の道も開かれるのでは?という点を紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください