今日すぐ使える即日発行カード特集🚗💨

GMOあおぞらネット銀行とは?GMOあおぞらネット銀行のメリット・デメリット、口座開設の方法まとめ

GMOあおぞらネット銀行

「GMOあおぞらネット銀行」をご存知ですか?

IT企業大手のGMOとあおぞら銀行の協力により誕生した新しいネット銀行で、利用者に多くのメリットがあることからすでにたくさんの人が利用しています。

とは言っても「他の銀行とあまり変わらないのでは?」「何が特徴なの?」と疑問を持つ人も少なくないはずです。

そこで、今回はGMOあおぞらネット銀行のメリットやデメリット、そして口座開設方法などについて紹介しています。

この記事をご覧いただくことで、GMOあおぞらネット銀行が自分にメリットがあるかがわかり、すぐに開設もできますので参考にしてください。

目次

《最新情報》GMOあおぞらネット銀行がGMOコインと即時入金連携を開始

2018年10月22日に、GMOあおぞらネット銀行が、GMOコインと即時入金連携を開始することをプレスリリースしました。

すでに、即時入金開始に先駆け、10月17日より双方のサービスサイトに掲載されたバナーから、各社サービスの口座開設サイトへアクセスできるようになっています。

11月中旬からはGMOあおぞらネット銀行とGMOコインの両方の口座を持っていれば、即時入金ができるようになるため、ビットコインやイーサリアム、ライトコインなど、仮想通貨取引や仮想通貨FXをしている人にはメリットのあるサービスです。より便利に利用できるようになります。

https://gmo-aozora.com/news/2018/20181022-01.html

 

GMOあおぞらネット銀行とは

GMOあおぞらネット銀行とは、2018年7月からサービスをスタートしたネット銀行です。上場企業であるGMOインターネットグループとあおぞら信託銀行の共同出資により誕生しました。

「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して」のビジョンを掲げ、テクノロジーを活かしたサービスを展開しています。

ATM出金や他行振込手数料無料や、外貨の高金利提供、お得なキャンペーン、万全のセキュリティ、口座の使い分けなど、銀行経営ノウハウを持ったあおぞら銀行と、インターネット・金融事業の技術力を持ったGMOインターネットグループの強みを集結して、ユーザーに多くのメリットを提供するネット銀行です。

 

GMOあおぞらネット銀行とあおぞら銀行の違い

あおぞら銀行は、本店を東京都千代田区に構えていて、国内外に多くの拠点もあります。

一方、GMOあおぞらネット銀行は、ネット銀行なため本店や支店など、リアルな店舗はありません。

あくまでもインターネット上の銀行です。

 

GMOあおぞらネット銀行の銀行コードと支店コード一覧

GMOあおぞらネット銀行の銀行コード、支店コード一覧は以下のとおりです。

法人営業部   :101
法人第二営業部 :102
ビジネス支店  :201
ビジネス第二支店:202
うみ支店    :301
にじ支店    :302
あじさい支店  :502
いこい支店   :503
うかる支店   :504
えくぼ支店   :505
オアシス支店  :506
かぜ支店    :507
きざし支店   :508
くも支店    :509
けしき支店   :510
こかげ支店   :511
さんご支店   :512
しずく支店   :513
すごい支店   :514
せいざ支店   :515
そよかぜ支店  :516
たいよう支店  :517
ちきゅう支店  :518
つき支店    :519
てんき支店   :520
とす支店    :521
なのはな支店  :522
にっこう支店  :523
ぬりえ支店   :524
ねがう支店   :525
のはら支店   :526
はやぶさ支店  :527
ひざし支店   :528
フルーツ支店  :529
へいわ支店   :530
ほうきぼし支店 :531
まほう支店   :532
みちる支店   :533
むげん支店   :534
めがみ支店   :535
もえぎ支店   :536
やま支店    :537
ゆうやけ支店  :538
よあけ支店   :539
ライト支店   :540
リゾート支店  :541
るり支店    :542
レモン支店   :543
ロマン支店   :544
わたぐも支店  :545
アドレス支店  :546
ブラボー支店  :547
チャイム支店  :548
データ支店   :549
エッグ支店   :550

 

GMOあおぞらネット銀行のキャンペーン

GMOあおぞらネット銀行はキャンペーンが充実しているのも特徴です。

GMOインターネットグループのサービスを利用している人も、そうでない人も適用されるお得なキャンペーンが用意されています。(※2018年10月時点)

期間限定 証券コネクト口座優遇金利キャンペーン

証券コネクト口座開設日から6ヵ月後の月の末日まで、証券コネクト口座預金に対して年0.15%の優遇金利が適用されます。

GMOクリック証券の現物取引買付代金や、信用取引の必要保証金に充当可能です。

今だけお得!事業開始キャンペーン

キャンペーン期間中(2018年8月3日〜10月31日 ※外貨普通預金は10月27日)に、適用条件を満たすと、以下の優遇金利・キャッシュバックが適用されます。

  • 外貨普通預金6通貨優遇金利
  • ・円定期預金金利(1年もの)0.20%
  • ・Visaデビット利用金額の1.0%キャッシュバック

未成年者口座優遇キャンペーン

キャンペーン期間中(2018年8月3日〜10月31日)に、適用条件を満たした場合は、以下の優遇金利・キャッシュバックが適用されます。

 

  • ATM無料回数7回
  • 円定期預金金利(1年もの)0.20%
  • Visaデビット利用金額の1.0%キャッシュバック

キャンペーンを活用することで、より多くの利息が受け取れます。

 

GMOあおぞらネット銀行の評判とは

GMOあおぞらネット銀行は外貨預金の為替手数料や複数口座の保有、デビットカードのキャッシュバック、GMOポイント・Pontaポイントが貯まる点などさまざまな特徴があるため、誕生して間もないネット銀行ですが多くの人からすでに支持されています。

実際、さまざまなサイトでGMOあおぞらネット銀行の評判をチェックしても、「為替手数料が安い」「キャンペーンのキャッシュバック率が高い」「アプリが使いやすい」など、ポジティブな意見が数多く見られます。

もちろん、「提携ATMが少ない」「キャンペーンではなく通常サービスとして提供してほしい」など、ネガティブな意見も見られますが、今後のGMOあおぞらネット銀行への期待の裏返しともとれる評判が多いです。

 

GMOあおぞらネット銀行で口座開設するメリット

GMOあおぞらネット銀行で口座を開設すれば、以下のメリットを享受できます。

他の金融機関にはないメリットもあり、うまく活用すれば大変お得です。

  • 業界最高水準の預金金利
  • 為替手数料がお得な外貨預金
  • 1人最大10口座を開設できる「つかいわけ口座」
  • 高いキャッシュバック率のデビットカード
  • Pontaポイントも貯められる

これらのメリットについて、一つひとつ詳しく見ていきましょう。

 

GMOあおぞら銀行の証券コネクト口座で業界最高水準の預金金利

GMOあおぞら銀行を利用するメリットの1つが、証券コネクト口座の預金金利が業界最高水準なことです。

証券コネクト口座とは、GMOクリック証券における現物取引の買付代金に充当できる円普通預金口座のことで、残高が現物の買付余力に自動で反映されます。

GMOあおぞら銀行の円普通預金口座を持っていて、GMOクリック証券にも同名義で口座を保有していれば、利用が可能です。

証券コネクト口座を利用すれば、普通預金金利が最大0.150%(キャンペーン期間)適用されます。

大手銀行の普通預金金利が年0.001%なので、最大150倍もの金利適用となりお得です。

 

GMOあおぞらネット銀行は外貨預金が可能で為替手数料もお得

GMOあおぞらネット銀行は、8つの通貨の外貨預金サービスも提供しています。そして、外貨預金の金利が高く、為替手数料もお得なのがメリットです。

各通貨の適用金利と為替手数料は以下のとおりです。(※2018年10月時点)

●金利 ※()内はキャンペーン金利
・米ドル 0.700%(1.000%)
・ユーロ 0.001%
・英ポンド 0.300%(0.400%)
・豪ドル 0.500%(1.000%)
・NZドル 0.500%(1.000%)
・カナダドル 0.500%(0.800%)
・スイスフラン 0.001%
・南アフリカランド 3.000%(4.000%)

●為替手数料(片道)
・米ドル 2銭
・ユーロ 10銭
・英ポンド 15銭
・豪ドル 15銭
・NZドル 15銭
・カナダドル 15銭
・スイスフラン 20銭
・南アフリカランド 7銭

他行の外貨預金と比べると、為替手数料は非常に安いのがメリットです。

為替変動リスクなど気をつける点はありますが、コストが安いため、より多くの利益(利息)が得られる環境となっています。

 

GMOあおぞらネット銀行は1人最大10口座を開設できる

GMOあおぞらネット銀行では、目的に応じて1人最大10口座まで開設できる「つかいわけ口座」サービスを提供しています。

以下のように、さまざまな口座を保有でき、1つの口座内で分けて管理することが可能です。

  • 生活費用口座
  • 教育資金用口座
  • 投資資金用口座
  • おこづかい用口座
  • マイホーム購入資金積立用口座
  • 老後資金積立用口座
  • 外貨普通預金用口座
  • 円定期預金用口座
  • 証券コネクト口座への振替用口座

定額自動振替を利用すれば、毎週または毎月、指定した日に設定金額を手間なく振り分けもできます。

 

GMOあおぞらネット銀行デビットカードの高いキャッシュバック率

GMOあおぞらネット銀行のデビットカードは、利用額の0.6%がキャッシュバックされます。

業界最高水準の還元率となっており、毎月5万円をデビットカードで支払いすれば、年間のキャッシュバック額は3,600円と大変お得です。

また、「今だけお得!事業開始キャンペーン」「未成年者口座優遇キャンペーン」のキャンペーンを活用すれば、Visaデビットカードのキャッシュバック率が1.0%になります。

もし、1.0%であれば、毎月5万円の利用で年間のキャッシュバック額は6,000円です。

GMOあおぞらネット銀行のデビットカードは、非常に高いキャッシュバック率となっているため、これまでデビットカードを使ったことがない人にもおすすめです。

 

GMOあおぞらネット銀行でPontaポイントを貯められる

GMOあおぞらネット銀行は、特定の取引によって、GMOポイントもしくはPontaポイントが貯まります。

貯めるポイントはどちらか選択でき、以下の取引によりポイントの獲得が可能です。

  • 他の金融機関あての振込
  • 他の金融機関からの振込
  • 口座振替(引き落とし)
  • 口座振替登録完了
  • 給与受取

これらの取引をするたびに、選択したポイントが1ポイント貯まります。

ポイントは毎月15日に、前月の対象取引に応じたポイントが付与されます。

GMOポイントは、GMOグループのサービスを中心に利用できますし、Pontaポイントは、ローソンやじゃらん、ホットペッパービューティ、ケンタッキーフライドチキンなど、さまざまな店舗・サービスで利用可能です。

獲得ポイントは決して多くはありませんが、取引をするだけでポイントが貯まるためお得です。

 

GMOあおぞらネット銀行は提携ATMが少ない

一方でGMOあおぞらネット銀行にデメリットがあるとすれば、提携ATMが少ないことです。

GMOあおぞらネット銀行の提携ATMは、セブン銀行のみとなっています。(2018年10月時点)

他のATMでは利用できないため、もし近くにセブン銀行がない人は不便な思いをしてしまいます。

ただし、セブン銀行ATMは、全国のセブンイレブンやイトーヨーカドー等に設置してあり、設置台数は24,392台(2018年3月時点)と非常に多いです。

そのため、勤務先や自宅近辺、外出先で、セブンイレブンやイトーヨーカドーがなくて困ることは、そう多くはないはずです。

GMOあおぞらネット銀行の口座を開設する前に、勤務先や自宅近辺のセブン銀行ATMの場所を確認しておきましょう。

 

GMOあおぞらネット銀行ATMの利用時間とは

GMOあおぞらネット銀行の提携ATMである、セブン銀行ATMは、24時間いつでも利用できます。

平日だけでなく土日祝日でも利用できますし、夜中でも問題ありません。

イトーヨーカドーは20〜21時には閉まりますが、セブンイレブンであれば基本的には24時間営業です。急な用事で利用が必要になった場合はセブンイレブンが便利でしょう。

 

GMOあおぞらネット銀行の利用限度額一覧表!一日あたりの限度額とは

セブン銀行ATMでGMOあおぞらネット銀行を利用する際は、以下の利用限度額が設定されています。

初期設定でも金額が大きいため、安心して利用できます。

●国内ATM
・1日あたりの引出限度額の初期設定額は50万円
・0円〜200万円まで、1,000円単位で設定可能

●海外ATM
・1日あたりの現地通貨引出限度額の初期設定額は30万円
・1,000円〜100万円まで、1,000円単位で設定可能

引出限度額は、WEBサイトより自身で変更することが可能です。

 

GMOあおぞらネット銀行のATMの数は?他行のATM数を比較してみた

前述のとおり、GMOあおぞらネット銀行はセブン銀行ATMのみでの利用ですが、ATM設置台数は24,392台(2018年3月時点)と非常に多いです。

しかし、他の銀行については、もっと多くのATMが利用できます。ここでは、普通預金が高い楽天銀行やイオン銀行、同じ証券系の住信SBIネット銀行のATMについても見ていきましょう。

●楽天銀行
・セブン銀行ATM
・イオン銀行ATM
・PatSat ATM
・E.net ATM
・ローソンATM
・三菱UFJ銀行ATM
・みずほ銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM など

●イオン銀行
・イオン銀行ATM
・みずほ銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・三菱UFJ銀行ATM
・三井住友銀行ATM
・りそな銀行ATM
・埼玉りそな銀行ATM
・ローソンATM
・E.net ATM など他多数

●住信SBIネット銀行
・イオン銀行ATM
・セブン銀行ATM
・E.net ATM
・ローソンATM
・ゆうちょ銀行ATM など

GMOあおぞらネット銀行は誕生して間もないため、まだ提携している銀行は多くありませんが、これから増えていくことも予想されます。

セブン銀行以外に提携銀行が増えれば、より便利に利用が可能です。

 

GMOあおぞらネット銀行の金利とは?他行の普通預金金利を比較してみた

GMOあおぞらネット銀行の普通預金金利は高いのか、楽天銀行やイオン銀行、住信SBIネット銀行と金利を比べてみましょう。※2018年10月時点

●GMOあおぞらネット銀行
・円普通預金:0.001%
・証券コネクト口座:0.001%(標準)、0.110%(常設)、0.150%(キャンペーン)

●楽天銀行
・円普通預金:0.02%
・マネーブリッジ利用時:0.10%

●イオン銀行
・円普通預金:0.001%
・イオン銀行Myステージ:0.050%(ブロンズ)、0.100%(シルバー)、0.100%(ゴールド)、0.120%(プラチナ)

●住信SBIネット銀行
・円普通預金:0.001%
・SBIハイブリッド預金:0.010%

このように、円普通預金金利が最も有利なのは楽天銀行の0.02%で、他の銀行の20倍もの金利です。GMOあおぞらネット銀行は、証券コネクト口座のキャンペーン金利が適用されると、他よりも有利になります。

 

GMOあおぞらネット銀行の手数料とは?他行と振込手数料を比較

ここでは、GMOあおぞらネット銀行や楽天銀行、イオン銀行、住信SBIネット銀行の振込手数料について見てみましょう。

●GMOあおぞらネット銀行
・GMOあおぞらネット銀行あて:無料
・他の金融機関あて:154円
※月1回まで無料

●楽天銀行
・楽天銀行あて:無料
・他の金融機関あて:3万円未満は165円、3万円以上は258円
※ハッピープログラムにエントリーして給与・賞与・年金を楽天銀行で受け取る場合は、翌月3回(最大5回まで)無料

●イオン銀行
・イオン銀行あて:無料
・他の金融機関あて:200円+税
※Myステージに応じて最大月5回まで無料

●住信SBIネット銀行
・住信SBIネット銀行あて:無料
・三井住友信託銀行あて:無料
・他の金融機関あて:154円
※ランクに応じて月1〜15回まで無料

 

GMOあおぞらネット銀行で口座開設する方法

GMOあおぞらネット銀行の口座は、以下の開設方法があります。

  • GMOあおぞらネット銀行だけホームページから口座開設
  • GMOあおぞらネット銀行とGMOクリック証券の同時口座開設
  • GMOクリック証券のマイページで口座開設

そして、GMOあおぞらネット銀行のホームページから口座開設する場合は、次の手順で進めます。

  1. GMOあおぞらネット銀行のホームページで「口座開設」をクリック
  2. 申込フォームに必要事項を入力本人
  3. 確認書類を提出
  4. 開設審査
  5. カードが届く
  6. 初期設定をおこない利用開始

開設する際は、事前に本人確認書類を準備しておきましょう。

 

GMOあおぞらネット銀行のスマホアプリとは?

GMOあおぞらネット銀行のスマホアプリ

GMOあおぞらネット銀行は、iPhone・Android向けにアプリが提供されています。

GMOあおぞらネット銀行のインターネットバンキング専用アプリで、残高照会や入出金明細照会、振込・振替、定期預金の預入れ、外貨購入・売却などができる「取引アプリ」と、振込や暗証番号変更などの際に、より安全に使える「認証アプリ」の2種類があります。

操作性の優れたアプリとなっているため、外出先でもサクサク動かし、状況確認や取引が可能です。

 

GMOあおぞらネット銀行でクレジットカードは作れる?

GMOあおぞらネット銀行のデビットカード

GMOあおぞらネット銀行のクレジットカードはありませんが、Visaデビット付キャッシュカードが発行できます。発行手数料、年会費が無料で審査もありません。

さらに、Visaデビット付キャッシュカード利用額の0.6%がキャッシュバックされるため、現金で買い物をするよりもお得です。キャンペーンを利用すれば、1.0%ものキャッシュバック獲得もできます。

今後、クレジットカードが登場する可能性もあるため、興味がある人は常にチェックをしておきましょう。

 

GMOあおぞらネット銀行の解約方法

GMOあおぞらネット銀行の円普通預金口座を解約したい場合は、WEBサイトにログインして、「お客さま情報(申込・設定)」から解約手続きをします。

円普通預金口座を解約する前に、定期預金、外貨預金をすべて解約し、ポイント会社連携の解除も済ませておく必要があります。また、Visaデビットの決済が完了していることも事前確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください