【8月26日まで!!】楽天カード8,000ポイント入会特典✨

ハピタスからマイルへの交換ルートを徹底解説!陸マイラー必見お得ルート大公開

スマホ
JALマイルやANAマイルをハピタス(ポイントサイト)経由で貯めると、初心者のかたでも年間10万~20万マイルを貯めることができます。クレジットカードやマイル特約店だけで、これだけのポイントを貯めようと思うと、手間とお金がかかってしまいますが、ハピタスを上手に活用すれば、簡単に大量マイルを貯めることができるのです。

しかし、ハピタスからマイルへの交換は直接できないことから、知る人ぞ知るテクニックが必要とされます。この記事を参考にハピタスポイントからマイルへの交換ルートを確認してみてください。

ハピタスマイルとは?

ハピタスポイントを様々なルートを駆使して、JALマイルやANAマイルへの変更が可能です。飛行機を乗らずにマイルを陸で貯めることを「陸マイラー」と呼ばれています。ハピタスポイントは1P=1円で換金できますが、マイルに変更するときのレートは1P=0.5~0.8マイルで交換できます。ルートやキャンペーンにより多少誤差が生じるときもありますので、より大きい還元率を求めて換金する必要があります。

初心者の方でも年間20万マイル貯めるのは難しいことではありません。ハピタスを上手に活用し、貯めたマイルで旅行にでかけましょう。

ハピタスのマイル入手ルートを徹底解説!

ハピタスからJALマイルやANAマイルに交換する際には、さまざまな交換ルートが存在します。ここでいうルートとは、ハピタスポイントからLINEポイントやGポイントに経由することを指します。
この記事では、より多くのマイルに貯められる方法でご紹介します。

また、各ポイント交換サイトには最低交換ポイント数が設けられていますので注目ポイントとして要チェックしてみてください。

ハピタスからJALマイルへの交換ルート

現在、ハピタスからJALマイルへの直接交換はできません。JALマイルを貯めるためには、ハピタスから「ドットマネー」に交換するのが最も効率よくマイルを貯められます。
ハピタスポイントからドットマネーに交換すると、1%~3%増量キャンペーンも開催されており、交換前には事前チェックが必須です。なるべく3%増量期間に申請するよう心がけましょう。

  • 1 ハピタス ログイン
  • 2 ハピタスのポイント交換画面に進む
  • 3 ドットマネーギフトコードを選択
  • 4 ドットマネーへ交換申請(最低交換ポイント300~)※ハピタスでの交換限度額は、1ヵ月30000ポイントまでとなります
  • 5 Eメールに交換した分のドットマネーギフトコードが届いたら入力する

上記の方法でドットマネーへの交換が完了したら、ドットマネーからJALマイルへの交換に移ります。現在では、500マネー⇒260マイルへの交換が可能です。JALマイルに完全に交換できるまでには、2週間程度かかりますのでご注意ください。

ハピタスからANAマイルへの交換ルート

ANAマイルもJALマイル同様、ハピタスから直接交換ができません。ANAマイルは、下記1~8ステップの工程を繰り返す必要があります。手間がかかりめんどくさいと感じるかもしれまんせんが、その分交換率は初回約76%、2回目約80%と高い数値を誇ります。
最低交換ポイント数と交換完了までの日数も含めてご紹介します。

  • 1 ハピタス ログイン
  • 2 ハピタスのポイント交換画面に進む
  • 3 PeXにポイント交換申請(最低交換ポイント300~&3営業日後にポイント反映)
  • 4 ワールドプレゼントに交換申請(翌月末反映)
  • 5 Gポイントに交換申請(すぐに反映)
  • 6 LINEポイントに交換申請(最低交換ポイント300~&3営業日後にポイント反映)
  • 7 メトロポイントに交換申請(約1ヵ月後)
  • 8 ANAマイルに交換(約3週間)
以上がANAマイルまでのルートです。合計3か月前後を要することもありますので、余裕をもって交換することをオススメします。

また、営業日とはすべて土日、祝日を含まない日数ですのでお間違いのないようご注意ください。

ハピタスからソラチカ利用までのマイル交換ルートが変更!

ソラチカカードは2018年4月をもって、ドットマネーやGポイント、PeXから直接メトロポイントへの交換ができなくなりました。以前は、交換率が90%と上記より更に高い数値を誇りましたが、変更後はLINEポイント経由でメトロポイントへの交換が必須となります。それにより、現在は最大交換率80%前後に落ち着いてしまいました。ですから、ソラチカの変更点を踏まえて、マイルの計算をしましょう。

ハピタスマイル交換とANAカードマイル交換とではどっちがお得?

ANAマイルを日々のショッピングで貯める場合、ANAカードでの決済が必要です。ANAカードで決済した場合は、特典やキャンペーンを抜きにしたら100円で1マイル貯まる計算ですから、10万マイルを貯めようと思ったら凄まじい金額になってしまいます。

一方、ハピタスで買い物した場合、通販サイトやネットショップ利用で1%還元ですので100円で1ポイントとなります。これではANAカードと変わりません。むしろANAマイルに交換するまでには約8割になってしまいますから損した気分になります。しかし、ハピタスのポイントの貯め方はショッピングだけなく、アンケート案件や友達紹介でもポイントを増やすことができます。年会費無料のクレジットカードを発行すると3000~5000ポイントは簡単に貯めることができ、年会費永年無料のカードを発行すれば無料でポイントが手に入りますから、何枚か発行するだけで月3万ポイント稼ぐことも難しくありません。

さまざまなサービスの利用でポイントを増やせるメリットを考えると、ハピタス経由で10万マイルを貯まるほうが現実的ではないでしょうか。

2割しか知らないハピタスからnimocaルートでのマイル交換!

早急にANAマイルに交換したいときに便利なnimocaルート。nimocaルートを使用すれば、交換完了期間を2ヵ月近く短縮できます。

  • 1 ハピタス ログイン
  • 2 ハピタスのポイント交換画面に進む
  • 3 PeXにポイント交換申請(最低交換ポイント300~&3営業日後にポイント反映)
  • 4 nimocaへの交換申請(月末反映)
  • 5 ANAに交換(約1週間)

短縮できる分、交換率は70%と落ちてしまいます。しかし、これだけ短縮できれば旅行の計画も立てやすくひとつの手段として、頭の片隅に置いておきましょう。

ハピタス経由でマイルを貯めるのは安全?

ハピタスのセキュリティはかなり精度が高いです。ポイントサイトのセキュリティの高さの基準は、SSL(Secure Socket Layer)とPマーク(プライバシーマーク制度)の有無で判断するのがオススメです。ハピタスはSSLとPマークどちらも取得しています。

SSLとは、ショッピングサイトでの買い物などをする際に、WEBサーバーとWEBクライアント間でのやり取りをすべて暗号化し、安全を保つためのセキュリティです。

Pマークは、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム要求事項」に適合し、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を評価し、厳しい審査を通ったサイトに認められる安全マークです。

このふたつのマークがあるサイトは、信用度がとても高いです。それでも不安な方は、ハピタスの運営会社である株式会社オズビジョンの会社概要を確認してもらえれば、これまでの実績と安全性がより鮮明にわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください