今すぐ作れるクレジットカードあります!

家計簿Zaimの機能をご紹介!レシート読み取りや銀行連携など便利機能も!

スマートフォンの普及とともに非常に多くリリースされているのが家計簿アプリです。いつでもどこでも手軽に記帳することができて便利な家計簿アプリですが、いったいどれを使って良いのか迷ってしまいますよね。

そこで、この記事ではそんな家計簿アプリのひとつで人気も高い「家計簿Zaim」について、その機能やメリットなどをご紹介します。

この記事を読んでいただければ、家計簿Zaimの特徴や効果的な使い方を知ることができ、家計簿アプリ選びに迷っている人の手助けになりますのでぜひご覧ください。

家計簿Zaimは家計簿アプリの一つ

家計簿Zaimは、100を超える本数がリリースされているスマートフォンの家計簿アプリのうちのひとつです。

家計簿アプリとは、ノート形式の手書きの家計簿に代わってスマートフォンで記帳できるように設計された家計簿です。

手書きでは電卓を打たなければならず面倒だった一週間や一ヶ月ごとの集計を自動的に行ってくれたり、表やグラフなどを入力した家計簿データからボタン一つで作成することができたりと、非常に便利なツールです。

その中でも家計簿Zaimは予算管理に重点を置いた家計簿アプリで、そのような機能が盛りだくさんとなっています。

家計簿Zaimの特徴1︰予算管理のしやすさ

上記のとおり家計簿Zaimは予算管理に特化しています。その機能を以下にご紹介します。

まず、最初の設定画面で月間または年間の予算を設定することができます。月の予算に毎月の支出がいくらと手入力することで予算を立てることができますが、家計簿を始めたばかりで予算の立て方が分からないという人のために、支出バランス診断という機能があります。

これは月収や家賃などの質問事項に答えていくことでおすすめの予算を算出してくれる機能で、初めて家計簿をつける人や予算管理をしたことがない人におすすめの機能です。

貯金の目安額なども算出してくれるため、それを目安に支出をコントロールしたりと目標を持って家計簿に取り組むことができます。

家計簿Zaimの特徴2︰多彩な分析機能

家計簿Zaimでは、分析タブをタップするだけで入力した家計簿データの集計結果が表示されます。

この機能は特定の期間で何にいくら使ったのかを知ることができ、集計は週ごと、月ごと、年ごとが表示できる上に、任意の期間の集計も可能です。例えば、2月16日から3月15日までというふうに月の途中から1ヶ月という集計できます。

家計簿は基本的に1ヶ月ごとの集計値を比較し、分析することが最も重要な役割であるため、自動的に集計を行ってくれる機能は家計簿アプリには必須項目と言えます。

金額の他に円グラフで表示され、食費や居住費など費目ごとに細分化されて出力されるため、一目見て支出の状況を把握することができ、家計分析に役に立つ機能です。

家計簿Zaimの特徴3︰高性能なレシート読み取り

家計簿Zaimにおける最大の特徴が、このレシート読み取り機能です。

レシート読み取り機能とは、スマートフォンに付属のカメラでレシートを撮影することでレシートに記載されている明細や金額、日付、さらにお店の名前などを文字情報として認識する機能です。

家計簿Zaimの凄いところは、この読み取った文字情報をそのまま家計簿のデータとして自動的に取り込んでくれるところにあります。一切手入力をしなくとも、ただレシートを撮影するだけで家計簿をつけてくれるため、入力が面倒という人にはもってこいの機能です。

レシートを一行ずつ読み取ってくれるため、費目ごとに細かく家計簿をつけたい人や、まとめ買いが多い人には特に重宝する機能です。

家計簿Zaimのレシート読み取り機能は他の家計簿アプリと比較しても精度がかなり高く、この機能が欲しい人にもおすすめの家計簿アプリとなっています。

家計簿Zaimの特徴4︰金融機関との連携

家計簿Zaimのさらなる機能は、金融機関との連携です。これは、家計簿Zaimの当該機能を使用すると銀行の入出金明細を自動的に取得し、家計簿への書き込みまでやってくれるという大変便利な機能です。

金融機関と連携するためには、インターネットバンキングの口座を持っている必要があります。メガバンクなどでも入出金照会などをインターネット上から行うことができますので、まずは各金融機関でインターネットバンキングの利用手続きを行う必要があります。

その上で、家計簿ZaimにインターネットバンキングのログインIDおよびパスワードを登録することで、銀行の入出金の履歴を自動的に取得し、家計簿に記帳してくれるのです。

自分で記帳する必要がないため、特に使ったら即時銀行からお金が引き落とされるデビットカードと相性の良い機能です。

家計簿Zaimの特徴5︰クレジットカードとの連携

家計簿Zaimは金融機関との連携だけではなく、クレジットカードとも連携することができます。

具体的には、オンラインでクレジットカードの使用履歴を閲覧できるカードに対してそのIDとパスワードを家計簿Zaimに登録することで、クレジットカードの履歴を自動的に取得し、記帳してくれる機能です。

これも金融機関の連携と同じく自分で手入力する必要がないため、カードを使ってキャッシュレスにしたうえに家計簿の記帳の手間がなくなり、良いことずくめです。

家計簿Zaimの特徴6︰アカウント共有

この機能は、家族などの間で家計簿を共有するものです。

同じメールアドレスとパスワードを使用することで、夫婦間や家族間で家計簿Zaimを共通して使用することができるため、よりいっそう家計管理がしやすくなります。

家計管理は個人単位ではなく家族単位で行うものであり、誰か一人に集約して行うよりも全員でやった方が手間も少なく、無駄も少ないためこの機能は有効です。

支出ごとに細かいコメントも残せるため、支出の詳細な内容を確認する手間もいらず、複数人で記帳したほうが長続きするでしょう。

家計簿Zaimにもデメリットはある

ここまで家計簿Zaimの良いところや特徴をご紹介してきましたが、家計簿Zaimにもデメリットがあります。

家計簿Zaimは、初めて使う人にはやや難しいアプリとも言えます。レシート読み取りや金融機関連携など入力の手間を省く機能が充実していますが、初期設定は多少手間がかかります。

導入のときに手間がかかると難しいアプリなのではないかという先入観が働いてしまい、その後続けにくくなってしまうというのがデメリットと言えます。

慣れてしまえばとても効率的に家計簿をつけることができるのですが、パソコンやスマートフォンの扱いに慣れていない人にとっては、やや難しいと感じることもあります。

家計簿Zaimを使いこなして賢い節約を

ここまでご紹介してきましたように、家計簿Zaimは非常に多機能かつ入力方法も多彩な家計簿アプリです。

予算を立てて家計管理をしていくことは家計簿をつける上でも大変重要なことですが、家計簿Zaimは他の家計簿アプリと比較しても予算管理機能が特に優れており、これから資産を増やしていきたいと思っている人にはぴったりの家計簿アプリです。

初心者向けのガイドもしっかりしておりますので、最初から家計簿Zaimを選んでも特に問題なく使うことができます。

入力の手間をなるべく軽減し、長く続けられるように工夫されたアプリですので、ぜひ家計簿Zaimを長く使いこなし、貯蓄を作っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください