今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

大学生がクレジットカードを作る時に気をつけること!もう迷わない正しいクレカの作り方

学生がクレジットカードを作る時に気をつけることと正しい作り方

一般のクレジットカードは18歳から入会できますが、近年はネットショッピングやオンラインゲーム課金などで、18歳未満の高校生にもカード決済が普及しつつあるようです。また20歳未満の大学生向けにも、学生専用カードが登場してきています。

今回は学生をはじめとする未成年がクレジットカードを作るにあたり、審査通過のポイントや、親権者の同意を得る際の注意点などをまとめました。

またクレジットカードを作れない高校生が、代わりに決済に使えるカードについても触れていますので、参考にしてみてください。

クレジットカードが大学生に必要な理由とは?クレジットカードのメリット・デメリット

クレジットカードの作り方について調べる前に、大学生にはクレジットカードについて詳しく知ってほしいと思います。

学生のうちからクレジットカードの仕組みや選び方をしっかり理解しておくことで、卒業後の社会人生活でも活用する場面で失敗することは極力減ると思います。

クレジットカードの作り方を考えるよりも大切なことですので、じっくり読んでいただければと思います。
参考学生におすすめのクレジットカードキャンペーン!元楽天カード社員が選ぶお得な9枚を紹介

大学生のクレジットカードの作り方

クレジットカードの申込年齢は高校生を除く18歳以上となっており、成人前の早いうちからクレジットカードを作り利用履歴を重ねることで、将来の社会的信用アップにも繋がる側面があります。

18歳以上の大学生や短大生であれば、おおむね通常の申込手続きでクレジットカードを作ることが可能です。またその際には、一般の身分証明書の提示が必須となります。

学生証は身分証明にはならない

学生証は所属する学校の学生であることを証明するものですが、クレジットカード入会時の身分証明とはなりません。

その他多くのサービスへの入会や登録の際と同じく、クレジットカード入会時には官公庁発行の身分証明書を提示する必要があります。
一般的な身分証明書として使われるのは、国民健康保険証、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなどです。

クレジットカードは利用者の信用においてお金の貸し借りを伴うものであるため、学生証単体では身分証明とはならず、一般社会人の持つ身分証明と同様の種類を提示する必要があるとされます。

短大生・専門学生のクレジットカードの作り方

学生がクレジットカードを作る際、ひとつ注意すべきなのが、高校卒業後に入学する国立、公立、私立の大学生、また短大生であればクレジットカード申込OKでも、一部専門学生は申込対象外となる場合があるという点です。

クレジットカード申込対象者となる専門学生は、所属する専門学校が知事の認可を受けており、学校名に「専門学校」や「専修学校」といった名称がつく学校と定義づけられています。

そのため「~アカデミー」、「~カレッジ」といった名称の専門学校であれば無認可の可能性があり、クレジットカードに申し込めないケースもあります。

カード会社の公式サイトなどに「一部お申し込みになれない学校があります」といったような但し書きがある場合は、まず認可を受けているかどうか学校に確認してみると良いでしょう。

未成年の大学生のクレジットカードの作り方

高校生以外の18歳以上であればクレジットカードを作れますが、20歳未満の未成年が本人確認書類のほかに用意するのが親権者の同意書です。

未成年がカードを作るにあたり、親権者の了承を得るのは重要なことですが、その際カード会社が同意書だけでなく、親権者での電話連絡で確認を取る場合があることについて以下にみていきます。

親の同意と了承の取り方

クレジットカードでは、申込者が既婚者の場合を除いて、20歳未満の未成年であれば申込の際に親権者の同意が必要になります。

先述のようにお金の貸し借りを伴う契約であるので、責任能力が低いとされる未成年がクレジットカードを作る際は、親の同意をきちんと得ることが重要です。

またカード会社は、申込時に提出される親権者の同意書、あるいは親権者の連絡先への電話確認によって同意済みであることを確認します。

場合によっては希望限度額が不釣り合いに大きいなど、申込情報に不審な点がみられる際にも、カード会社が親へ電話を入れ、詳細に事情を聞くケースがあるようです。

そこで親の同意を得る際には、カードを作る目的や返済計画などをよく話し合い、充分な納得、了承を得るようにしましょう。当然ですが未成年が親の同意なしでクレジットカードを申込むのは、虚偽の情報申告となり信用情報にも響くので避けるべき行為です。

高校生のクレジットカードの作り方

キャッシュレスで手軽に支払ができ、ポイント還元や優待特典などでお得なクレジットカードですが、残念ながら高校生は持つことができません。

しかし、キャッシュレス決済やオンライン決済の普及に伴い、高校生でもカード支払を行うシーンが増えてきています。

そこでクレジットカードの代わりに、18歳未満でも作れる便利な代替カードをご紹介しましょう。

以下に取り上げるのはあおぞら銀行デビット、ジャパンネット銀行デビット、プリペイドタイプのバンドルカードの3種類で、それぞれ独自の特徴があり注目のカードです。

高校生でも作れるデビットカード

あおぞら銀行のデビットカード「あおぞらキャッシュカード・プラス」は、VISA付帯のデビット一体型キャッシュカード。

年会費無料、審査不要で、あおぞら銀行のほかゆうちょ銀行のATMからも手数料無料で入出金を行うことができます。

さらに半年ごとの利用金額に応じ、最大1%還元で口座へ直接キャッシュバックされるのが大きなメリット。また残高の範囲内で1日最大500万円まで利用できるので、クレジットカードにも引けを取らないお得さ、利便性を持つといえます。

国内初のネット銀行であるジャパンネット銀行デビットカード「JNB Visaデビット」は、あおぞらキャッシュカード・プラス同様に年会費無料で審査不要。

JNB Visaデビットの特徴としてプラスチックカードのほかに、ネットショップ専用のカードレスタイプ「JNBカードレスVisaデビット」があります。

カードレスタイプではカード番号を4つ発行でき、また1日5回まで番号を変更できるのでネットでの情報漏洩防止に役立ち、高校生でも安心してネットショッピングを楽しめるのがメリットです。

高校生でも作れる、使えるバンドルカードとは

バンドルカードは株式会社カンムが発行する、スマホアプリによる新しいタイプのプリペイドカードです。

本カードではまずスマホにアプリをダウンロードの上、アカウントを開設しバーチャルカードを発行します。

ケータイ料金まとめて支払いなどでアプリ上で簡単にチャージでき、また親権者の同意も同意欄へのチェックだけでOKなので、未成年でも手軽に利用できる点が人気です。

なおバーチャルカードのほかに、実店舗での利用に向けたリアルカードも発行できますが、手数料として300円が発生します。

大学生に教えるクレジットカードの審査に落ちない作り方

続いて審査に通過するために、学生が気を付けるべき点をみていきましょう。虚偽の情報申告やキャッシング枠を避けるといったことのほかに、カード利用や計画的返済に不慣れとされる学生の場合は、後々のトラブルを防ぐためにも、親権者のしっかりとしたバックアップが重要になってきます。

収入なしを選択する

18歳以上でも働かずに継続収入がない学生の場合は、通常親の収入が見込まれるため、申込時に収入ゼロと申告しても審査に影響を及ぼすことはありません。

そこでオンライン申込などの際は、自身の収入がなければ「収入なし」にチェックを入れるようにしましょう。

逆に収入がないのに収入ありと申告したりすると、審査時の在籍確認などで虚偽が露顕した際に信用情報に瑕がつくことになるため、偽らずに正直に申告することが大切です。

キャッシング枠は0円(希望しない)を選択

クレジットカードの利用枠にはショッピング決済で使う「ショッピング枠」のほかに、直接現金を借りる「キャッシング枠」があります。

キャッシングを希望する場合はキャッシング枠に希望額を記載することになりますが、実は割賦販売法という法律で定められたルールにより、キャッシング枠を設定した場合は収入証明書を提出することが義務付けられています。

そこで自身が無収入の場合、キャッシング枠は0円(希望しない)を選んでおくようにしましょう。

またキャッシングはカードローンなどと同じく、限度額を年収の1/3までとする規制(総量規制)の適用範囲内です。

学生のうちに作ったクレジットカードのキャッシング枠をゼロとすることで、将来さまざまな借り入れをする際にも制限がかかることなく有利になります。

できるだけ学生専用カードを選択する

昨今では三井住友カードやJCB、MUFGといった大手カード会社が、在学中年会費無料、入会後一定期間ポイント高還元などの特典を付加した学生専用のクレジットカードを発行しており、そうしたカードはおおむね審査に通りやすいとされています。

学生専用カードの中には、与信枠が一般カードよりかなり少ない種類もありますが、旅行保険の補償額などは一般タイプとさほど変わらず、年会費も無料でなくとも割安なタイプのものも少なくありません。

18歳になった時点で、通常の一般タイプのクレジットカードを作ることももちろんできます。しかしクレジットヒストリーの少ないカード初心者の学生のうちは、学生向けのクレジットカードをじっくり検討してみるのが良いでしょう。

またカード会社とは別に、慶応義塾大学や京都大学といった有名大学が独自に発行する提携カードもあるので要チェックです。

大学生が注意すべきクレジットカードの作り方!親に秘密にしない

はじめに述べましたが、クレジットカードは申込者の信用において貸し借りを行います。

未成年者は親権者の同意があればカードを作れることができ、その後の返済状況に不都合が生じた際にも、法律的には親権者が返済を肩代わりする義務はありません。しかし実際においては、信用を守るために親が債務を背負わねばならない場合が多くなるでしょう。

そこでもし返済遅延が長引けば、未成年者自身の信用性を失うばかりか、家族間のトラブルのもとにもなりかねません。

そうした事態を避けるためにも、未成年がクレジットカードに入会する際は親権者にきちんと説明を行い、納得してもらうことが肝心です。

18歳以上の学生が作れる三井住友VISAカードとは

三井住友VISAカードは、国内大手のカード会社です。

日本で初めてVISAカードを発行したのは三井住友カードであり、三井住友VISAカードは多くの方が知っているクレジットカードだと思います。

国際ブランドは、Visaのみですが、海外ではもちろん国内でも広く使えるのでクレジットカード初心者の学生も安心して持つことができます!

三井住友VISAカードのなかで学生が作れるものは?

エムアイカードを学生が作るには?

三井住友VISAカードなかで学生でも作れるクレジットカードを調べてみました!
学生でも作れる三井住友VISAカードが何種類かあるので、下記内容を参考にして
いただいて少しでも役に立てれば嬉しいです。

18歳~25歳限定の三井住友VISAデビュープラスカード(学生)

三井住友VISAデビュープラスカードは、満18歳〜25歳までの学生(高校生は除く)なら作ることができます。

  • 年会費初年度無料!
  • いつでもポイント2倍!さらに入会後3ヵ月間は5倍!
  • プライムゴールドカードへ自動ランクアップ!

三井住友VISAデビュープラスカードは、年会費初年度無料で、翌年以降も年1回の利用で無料になります。

ポイントも貯まり易くて、ネットショッピングをよくする学生にはお得です!

また、26歳の更新時にプライムゴールドカードへ自動ランクアップするので手続きする必要がなくゴールドカードを持つことができます。

クレジットカードの作り方は正しいけれど審査に通らない大学生とは

クレジットヒストリーがまだ少なく、将来カード会社の優良顧客になりうる学生はおおむね、クレジットカードの審査に通りやすいとされていますが、無論100%確実に審査を通過するわけではありません。

信用情報のわずかな学生が審査落ちする原因として挙げられるのが、日々身近に利用しているスマホやケータイの支払履歴です。また親権者自身の信用情報も、審査に影響を及ぼす場合があるといわれています。

審査に影響する過去の分割払いの延滞履歴

いまや1人1台は必携といわれているスマホですが、機種変更で新端末の購入代金を分割し、月々の利用料金に上乗せしている学生は多いでしょう。

実はこのスマホ代金分割払いもクレジットの分割返済と同様で、滞納があれば信用情報機関に履歴が残ることになります。

ただスマホはもはや日常に欠かせなくなりつつあり、毎月必ず発生する利用料金をあらかじめ口座振替(自動引き落とし)にしておけば、払い忘れの心配はなくなるでしょう。なお、契約者や支払い名義人が自分以外の親権者などである場合も、自身の信用情報に直接影響を及ぼすことはありません。

しかし、自分名義のスマホで、請求書払いなど口座振替以外の支払い方法の場合は、支払い忘れ=自分の信用情報機関に記録となりますので、忘れずに月々の支払いをしっかり行うようにしましょう。

親が審査に影響するのは同一生計人数と支払能力

クレジットカードを作る学生が収入ゼロの場合、家族の生計を支える親権者が必然的に債務を担うことが多いとされます。

そこで申込者の学生をはじめ、家計を共にする同一生計人数が多いと、生活面でゆとりが少ないとされカード会社が返済状況に疑問を抱き、審査に不利に働くケースがあるようです。

また親権者自身に金融事故や信用ブラックなどの履歴があり、それが信用情報機関に残っているような場合も、収入状況や支払能力に疑念を抱かれ、審査に通りにくくなる可能性があるとされています。

クレジットカードの作り方を大学生のうちから学ぶメリット

クレジットカードは優良な利用履歴を重ねることによって、学生専用→一般→ゴールドへとステップアップし、それに伴って社会的信用やステータスも向上する側面を持つといわれるものです。

学生のうちからそうしたクレジットカードの作り方や使い方を学ぶことで、日常の家計をやりくりする方法から、ひいては長期的な人生設計プランを立てる視点を養うのに大いに役立つのではないでしょうか。

またクレジットカードはポイント還元や加盟店の優待などで、使いこなせば現金よりもお得に活用することができます。自立を間近に控え、残り少ない学生生活の間にクレジットカードに慣れることで、将来の生活をより充実させられるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください