6月末の住民税納付に間に合う最短発行カード💨

ふるさと納税のメリットとは?知らないと損!ふるさと納税のお得な利用方法

ふるさと納税をすると具体的にどんなメリットがあるの?
ふるさと納税にメリットがある人はどんな人?
ふるさと納税をする前に知っておいた方がいい事はある?

お得だとよく言われるふるさと納税ですが、具体的にどんな人にどんなメリットがあるのかご存知ですか?
今回はふるさと納税のメリットから、知らないと損な利用方法まで詳しく解説しています。

ふるさと納税のメリットを知ってお得にふるさと納税を活用しましょう!
ふるさと納税のお得な申込方法も解説しているので参考にしてください。

ふるさと納税のメリットとは

ふるさと納税とは簡単に言うと、上限金額はありますが実質負担2000円で好きな自治体に寄付を行い、そのお返しにお礼品をもらえる制度です。

控除の上限金額内であれば、支払ったお金から2000円を差し引いた金額分の税金が控除される仕組みになっています。
控除される金額の上限は年収や家族構成などによって異なります。

つまり、ふるさと納税とは2000円で好きなお礼品がもらえて、さらに税金が控除されるお得な制度ということです。

2000円は自己負担ですが、これはその年の1回目の寄付の際に必要になります。
2回目以降からは必要ないので、複数回寄付を申し込めば年間の負担額2000円で複数のお礼品をゲットできます。

ふるさと納税のメリット:どんな人にお得なの?

ふるさと納税のメリットは、税金の控除が受けられるという点が大きいです。
そのため、専業主婦など税金を納めていない人の場合は税金の控除が受けられないため、寄付金は全額自己負担となってしまいます。

税金の控除を受けるためには確定申告かワンストップ特例制度を利用する必要がありますが、申請書等を送付するだけのワンストップ特例制度が簡単でおすすめです。

もともと確定申告をする必要がない会社員等はワンストップ特例制度が利用できます。
そのため、かんたんにふるさと納税を利用でき、税金も控除される一般的なサラリーマンの方にふるさと納税はおすすめです。

ふるさと納税のメリット:好きな自治体に寄付できる

ふるさと納税は「ふるさと」とついていますが、寄付する自治体は故郷である必要はありません。
日本全国の好きな自治体に寄付することができます。

思い出の場所がある自治体に寄付をするのもいいですし、被災地に寄付するのも支援になります。

自治体によっては「ポイント制」を導入しているところもあります。
ポイント制では、自治体にふるさと納税を申し込んでお礼品を選ばすに寄付だけを行っておくと、寄付金相当のポイントが発行されます。
あとからそのポイントを使ってお礼品がもらえます。

寄付を申し込んだ際にお礼品が人気で品切れだったときでも、再入荷を待ってポイントと交換できるので安心です。

ふるさと納税のメリット:お金の使い道を指定できる

ふるさと納税で寄付したお金は、すべての自治体ではありませんが使い道が指定できます。

寄付金の使い道を選択できるようになっている自治体は多いので、どんなことにお金を使ってほしいのかも考えて寄付する自治体を選びたいですね。

寄付金の使い道として、子育て支援、医療・福祉の充実、雇用対策など私たちの生活に身近な活用方法もあります。
また、環境保全や文化財の復元、景観の維持などの使い道もあります。

一部の自治体では、寄付金の使用実績をホームページで紹介しているところもあるので、寄付する自治体を選ぶ判断基準になりますね。

ふるさと納税のメリット:特産品がもらえる

ふるさと納税を行うと、各自治体の特産品がお礼品としてもらえます。

お米や高級和牛、高級フルーツなどの豪華なグルメ食材や、自治体によっては炊飯器やコードレスクリーナー、カメラなどの家電・電子機器がもらえます。
また、パラグライダー体験や禅修行などユニークな体験を経験できるところもあります。

日本郵政が行っている「みまもり訪問」など、「もの」ではなく「サービス」をお礼品としているところもあり、お礼品の種類は驚くほど様々です。

同じ自治体に2回寄付すると、2回目はお礼品がないところもあります。
また、人気があるお礼品は先着順であることもあります。
お礼品に限りがある場合もあるので、よく確認してから申し込みましょう。

ふるさと納税のメリット:税金の控除が受けられる

ふるさと納税を行うと、控除額に上限はありますが、寄付した金額から2000円を差し引いた金額分の税金の控除が受けられます。

寄付金の控除を受けるためには、確定申告かワンストップ特例制度を利用する必要があります。
確定申告を行った場合所得税の還付と住民税の減額が受けられ、ワンストップ特例制度を利用すると、住民税の減額が受けられます。
どちらを選んでも控除される金額は変わりません。

上限金額内であれば、何回寄付を行っても、税金が控除されるので実質負担は2000円で済みます。

ふるさと納税のメリット:確定申告しなくても税控除の手続きができることも

ふるさと納税の税金の控除を受けるためには、確定申告かワンストップ特例制度を利用する必要がありますが、ワンストップ特例制度の条件を満たせば、めんどうな確定申告をする必要はありません。

ワンストップ特例制度とは、もともと確定申告をする必要がない人が年間の寄附した先が5自治体以内の人が利用できる制度です。
ワンストップ特例制度の申請書等を寄付した自治体に送付するだけで税金の控除が受けられるので、とても簡単です。

ワンストップ特例制度を利用した場合、税金の控除は還付金が振り込まれるわけではなく、納付予定の税金が減額されます。

ふるさと納税のメリット:クレジットカードとポイントサイトのポイントが貯まる

ポイントサイト経由でふるさと納税を申し込むと、申込金額の1%~2%のポイントが付与されます。
ポイントサイトとは、無料で登録でき、ポイントサイト経由で買い物するとポイントとしていくらか還元されるサイトです。

また、ふるさと納税の支払いには銀行振込や郵便振替、クレジットカード払いなどがあります。
クレジットカードを受け付けていない自治体もありますが、クレジットカードを支払いに使うとクレジットカードのポイントがつくのでおすすめです。

楽天ふるさと納税を利用すると、楽天ふるさと納税サイトを利用して楽天スーパーポイント、クレジットカードのポイント、ポイントサイトのポイントの3重とりが可能です。

ふるさと納税のメリット:Tポイントや楽天スーパーポイントが使えるケースも

ふるさとチョイスなどのサイトでYahoo!公金支払いを利用すると、ふるさと納税をTポイントで支払うことができます。
Yahoo!公金支払いとは、税金や各種料金をネット上で支払うことができるサービスで、クレジットカードやTポイントを利用できます。

期間固定Tポイントも使えるので、使い道に悩んでいる人におすすめです。

ふるまるというサイトでふるさと納税を行うと、Yahoo!JAPAN IDを使ってログインして手続きを進めるのでTポイントが貯まります。

楽天ふるさと納税では、楽天スーパーポイントを使うことも貯めることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください