今日すぐ使える即日発行カード特集🚀💨

ふるなびでICOCAは使える?使えない?

ふるなび納税でICOCA(イコカ)は使える?
「ICOCAはふるなび納税でも使えるの?」
JR東日本のSuicaと並ぶ、JR西日本が発行する交通系ICカードのICOCA

ですが、
・ふるなび納税でICOCAは使える?
・ICOCAの使い方は?
・ICOCAのお得なキャンペーンはある?
など気になることも多いと思います。

そこで、この記事ではふるなび納税のICOCA導入状況を中心にまとめました。

注目!!ICOCA(イコカ)とは?特徴とチャージ方法、よくある質問まとめ

ふるなび納税でICOCAは使える?

早速ですが、ふるなび納税でICOCAを使うことはできません
ICOCAが使えないということは、SuicaPASMOも含めて交通系ICカード全般に対応していないことになります。(一部チェーン店を除く)

ローソンではICOCAは使える

ふるなび納税では使えませんが、ローソンではICOCAで決済することができます。

店のレジでは現金チャージもできますので、残高不足のときでも心配ありません。

ふるなび納税で使える電子マネー

ICOCAが使えないふるなび納税ですが、他に使える電子マネーがないか調べてみました。

電子マネー導入状況電子マネー導入状況
Suica使えない×PASMO使えない×
ICOCA使えない×TOICA使えない×
nimoca使えない×Kitaca使えない×
SUGOCA使えない×はやかけん使えない×
manaca使えない×WAON使えない×
nanaco使えない×楽天Edy使えない×
iD使えない×QUICPay使えない×

関西でもSuica利用がおすすめなワケ

JR西日本の定期券の必要が無い方は、改めてICOCAを発行する必要はありません。

SuicaであればモバイルSuicaでスマホからいつでもチャージできますし、SUicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードを利用すれば1.5%還元になります。

Suicaがあれば関東・関西だけでなく、全国津々浦々まで利用できるのが強みと言えるでしょう。

ビックカメラSuicaカードがおすすめ

Suicaチャージで1.5%還元になるクレジットカードの中でも、ビックカメラSuicaカードなら年会費が実質永年無料で利用できるのでおすすめです。

年会費初年度無料
申込資格18歳以上
発行時間最短即日
国際ブランドVISA,JCB
付帯機能Suica,ビックカメラポイントカード,JREポイントカード
ビックカメラSuicaカードの特徴
  • 年会費初年度無料、年1回の利用で翌年会費も無料(通常477円+税)
  • ビックカメラポイントとJREポイントが二重に貯まる
  • ビックカメラSuicaカードのチャージは1.5%還元
  • チャージ後のSuicaをビックカメラで利用すれば実質11.5%還元
  • Suicaのオートチャージに対応
  • 海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険が自動付帯

ふるなび納税でクレジットカードは使える?

ふるなび納税ではクレジットカード決済することができます。

クレジットカードにはICOCAよりもポイント還元率が高い楽天カードヤフーカードもあるため、ふるなび納税の支払いにはクレジットカードもおすすめです。

注目!!おすすめのクレジットカード2020!マネープレスが教える選び方

ICOCAの種類

ICOCAには主に次の4種類があります。

種類主な特徴
ICOCA無記名式/定期乗車券として利用することができる
こどもICOCA小児運賃が適用される
SMART ICOCA(スマートイコカ)現金不要でクレジットカードチャージが可能
デザインICOCA販売場所によってオリジナルデザインが施されている

ICOCAポイントのサービス利用について

ICOCAポイント

ICOCAは事前にポイントサービス利用登録を行うことで、列車の利用や対象加盟店の利用でポイントが貯まるようになります。

時間帯指定ポイント1カ月間(1日~末日)の時間帯指定ポイント適用区間だと、4回目以降の利用1回ごとに運賃の50%または30%のポイントが貯まる
利用回数ポイント1カ月間(1日~末日)の同一運賃区間の11回目以降の利用1回ごとに運賃の10%のポイントが貯まる
電子マネーポイント対象加盟店で原則200円につき1ポイント貯まる

登録方法

ICOCAのポイントサービス利用登録

ICOCAポイントサービス利用登録は自動券売機から以下の手順で行います。

なおWEBから登録する方法もありますが、申し込みから利用登録完了まで最大10日間程度を要するみたいなので、あまりおすすめしません。

  • 手順1
    自動券売機で登録開始
    紺色およびピンク色の自動券売機で利用登録の手続きを始めます。
  • 手順2
    ICOCAをセット
    自動券売機のICリーダーにICOCAをセットします。
  • 手順3
    ポイント利用登録をタッチ
    初期画面の「ポイント利用登録」をタッチします。
  • 手順4
    同意する
    利用登録同意画面が表示されますので「同意して登録する」をタッチします。
  • 手順5
    登録完了
    登録完了です。
    ICOCAを置き忘れないようにしてください。

ICOCAの使い方

ICOCAの使い方

ICOCAを手に入れたら、以下の手順でICOCAを使って支払いを行います。

  • 手順1
    チャージする
    ICOCAが使えるお店のレジもしくは自動券売機等でチャージします。
  • 手順2
    支払う
    ICOCAが使えるお店で、店員に「ICOCA」で支払う旨を伝えてください。
    カードリーダーにかざすと「ピピッ♪」という音がなりますので決済完了です。
  • 手順3
    ポイントが貯まる
    WAONを使うと200円ごとに1ポイントのWAONポイントが貯まります。
    1ポイント1円相当として電子マネーチャージに交換できますので繰り返し利用しましょう。

ICOCAのチャージ方法

ICOCAのチャージ方法は主に「現金チャージ」と「スマートICOCAのクイックチャージ」です。

現金チャージ

ICOCAの現金チャージは以下にある場所でチャージします。

  • ICOCA入金機
  • 自動券売機
  • のりこし精算機
  • ふるなび納税などのチャージ対応のお店

クイックチャージ

スマートICOCAにクレジットカードからクイックチャージ出来る場所は次の4箇所になります。

現金チャージで紹介したふるなび納税を始めとしたICOCA対応店舗ではクイックチャージができません。

  • クイックチャージ機
  • ICOCA入金機
  • 自動券売機
  • のりこし精算機

クイックチャージの上限金額

なお、クイックチャージには上限金額が定められており、ICOCAカード内残額が20,000円を超えるチャージはできません

さらに1日あたり、1ヶ月あたりでの限度額も決められておりますので、定期的に履歴を確認しながら利用しましょう。

限度額
1日あたり20,000円
1ヶ月あたり40,000円

上記の金額はあくまでもクイックチャージの限度額となりますので、現金チャージの場合は対象になりません。

スマートICOCAにおすすめのクレジットカード

現金不要でクレジットチャージができるスマートICOCAには、同じくJR西日本の「J-WESTカード」がおすすめです。

J-WESTカードで貯まったポイントはSMART ICOCAへポイントチャージもできますので相性抜群です。

J-WESTカード
年会費1,000円+税
申込資格18歳以上
発行時間1週間程度
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
付帯機能EX予約,スマートICOCA
キャンペーン中!!
・今ならWEBの新規入会限定で2,000円相当のポイントをプレゼントするキャンペーン実施中
楽天カードの特徴
  • e5489でJ-WESTカード会員向けにおトクなきっぷが用意
  • 最高2,000万円補償の海外旅行保険、最高1,000万円の国内旅行保険が付帯
  • スマートICOCAのクイックチャージでポイントが貯まる
  • JR西日本の駅ナカ施設等でポイント還元率が1.0%〜1.5%
  • 貯まったポイントはスマートICOCAに最低1,000ポイントからチャージ可能

ICOCAはキャッシュレス消費者還元事業の登録決済事業者

ICOCAのキャッシュレス還元

ICOCAはキャッシュレス消費者還元事業に登録された決済事業者なので、対象店舗でICOCAを利用すると通常還元に加えて最大5%還元(フランチャイズチェーンの対象店舗は2%還元)になります。

事業名キャッシュレス・消費者還元事業(消費者ポイント還元事業)
実施期間2019年10月1日(火)〜2020年6月30日(火)
対象決済対象店舗でキャッシュレス消費者還元制度に登録された決済サービスを利用
ポイント還元率中小企業・小規模事業者が運営する店舗:5.0%
コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗:2.0%
還元方法ICOCAポイント
反映タイミング3ヶ月に1回
還元上限15,000ポイント/月
詳細ICOCAのキャッシュレス消費者還元事業とは?ポイント還元率と付与ルール

ふるなび納税にICOCAが導入される日

競合の垣根を超えてクレジットカードQRコード決済など様々な決済手段が導入されている昨今。

ふるなび納税でICOCAが使えるようになる日もそう遠くないうちに訪れるかもしれません。

消費者としてはいつかふるなび納税にICOCAが導入されることを願って、キャンペーンや優待特典など日々情報を仕入れながら、いつでもミニストップでお得な決済手段を選択できるようにキャッシュレスリテラシーを高めておくしかありません。

NO CASHLESS NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください