6月末の住民税納付に間に合う最短発行カード💨

未経験でもバーテンダーに転職は可能?業務内容や資格試験について詳しく解説します。

お酒とお話のプロ!夜のお仕事代表、バーテンダーの魅力を紹介します。

未経験者でもバーテンダーに転職することができるのかどうか、その周辺情報や必要な資格についても確認してみましょう。

バーテンダーとは?

あらためてバーテンダーとは、主にバーカウンターにてお客様のご要望通りにお酒を造るお仕事です。同時にフードも提供する場合もあります。

カクテル、洋酒を提供するところが多いですが、日本酒やワインを主に提供しているところもあります。もっと大まかにいうと、カウンタースタッフということです。バーテンダーとして働くにはいろいろな形態があります。

オーナーや店長の下で雇われてバーテンダーとして働く場合と完全独立(自分がオーナー、店長)です。雇われの場合は給料固定(出来高ではない)なのか、独立採算制(出来高給料)なのかをまず見極めてくださいね。自分の力量と深くかかわることなので重要です。完全独立では常に出来高です。

特にオーナーとして店長を雇うという形でなく、じぶんで現場に立って営業する場合は、給料の最低保証はなく、波が激しいと思います。給料固定では稼ぎに限度があります。独立採算制では自分にバーテンダーとしての何らかの技術がないとやっていけないでしょう。

営業時間はそれぞれですが主に夜間です。なので普通の人と生活時間がかなり変わってくるので慎重に考えましょう。

バーテンダーの一般的なイメージとしてはかっこいい、クール、スマートなどがありますがそんなことはありません。それなりの技術や気遣い、時間差の苦労などがあります。バーテンダーでもお酒が飲めない人はいますが、全く飲めない方、アレルギー反応が出てしまう方はお勧めできません。

命の危険があるからです。よくドラマや映画などでバーテンダーもお酒をいただくことがありますので、もちろん断れますが、飲めるほうがいいですね。また、お酒を造る側ですので作ったものを味見もしないのはよくないです。ただ、たくさん飲める必要はないということです。ここでは、このようなバーテンダーのお仕事について深く伝えていきます。

バーテンダーの仕事内容

接客(お話を聞く、空間を作る)しながら、お酒を作る。お客様が快適に過ごせるような場所を提供していくのがバーテンダーの仕事内容です。これらを少し深く掘り下げて見ていきましょう。

お酒を作る

一番のお仕事ですね。お酒が作れなくてはどうしようもありません。

お客様に提供するのはカクテルだけではありません、ウィスキーなどの洋酒、日本酒、ワイン、焼酎、ノンアルコール、時にはコーヒーなどを提供するお店もあるでしょう。全くの無知ではいきなりお酒を作ることはできないので勉強したり、教えてもらったりします。教育体制についてはそのお店それぞれでかなりふり幅が大きいです。

お客様と話をする

お酒を作るその次に大切な仕事内容がお客様と話をすることです。お話がしたくない人は残念ですがバーテンダーではなく、キッチン担当か居酒屋でドリンク担当になりましょう。

極論になりますが、たとえカクテルがいまいちだったとしてもお話が楽しければお客様は満足するほどです。お客様と話をするにはまず、お客様に興味を持ちましょう。そして、自分も楽しんで話をすることです。お客様にその雰囲気というのは伝わってしまうので、自分も楽しむことでお客様も満足することがあります。

フードを作る

キッチン担当がいるお店ではバーテンダーが積極的に作ることはありませんが、キッチン担当がいないことのほうが多いです。

包丁一本は扱えるほうが良いでしょう。フード内容はお店によって様々です。がっつりピザやご飯を提供する場所もあれば調理をほとんど要さないフードを提供する場所もあります。この違いはオーナーの考え方もありますが、スタッフの人数や店舗の大きさなどが関係してくることがあります。

お客様に快適に過ごしてもらうようにする(空気を読む)

お客様とお話をするのと同じくらい大切で、すべての仕事内容と同時進行で行うのがお客様に快適に過ごしてもらうようにすることです。

お酒がおいしい、お話が楽しいのはもちろんの事、会話の内容で関わり方をどうするか考える事もあります。何をしゃべっていいのか、どのお客様をくっつけるか、席の並びを考えるなど(カウンターの場合)各々のお客様を知って、席を決めたり、お客様どうしをお話させたりするのもバーテンダーの仕事です。一人でほっておいてほしいお客様もいるのでしっかり空気を読みましょう。

雑務もありますよ

バーテンダーのお仕事は華やかなことだけではありません。もちろんお店にもよりますが、会計、掃除、仕込み、洗い物だってやります。経営と現場に立つ事を同時に考えている人は全てが出来なくてはいけないので、結構忙しくなると思います。

バーテンダーで身につくスキル

特別なスキルは必要としませんが、特に成長できる面についてお伝えしていきます。

KYじゃなくなる→空気が読めるようになる、人間観察力アップ

とにかくお客様と話したり、その場の空気を見て雰囲気づくりをするので自然と空気が読めるようになります。また、話す内容を探したり空気を読もうとする上で人間観察能力アップします。現場でしか分からない空気もあるのでお客様としてBARに行ってみるのもいいですね。

カクテルが作れるようになる

当たり前のことですがお酒を造るのがお仕事ですので作れるようになるというよりは作れるようにならないとお仕事になりません。最初から作れなければいけない必要はありませんが、転職したら徐々に作れるようになれるといいですね。そのためには多少はお酒が飲めるほうがいいでしょう。

バーテンダーは未経験でもなれる?

飲食店に勤めていたほうがいいのか、何らかの経験がないといけないのか気になりますね。ここでは未経験でもなれるかどうかについてお伝えしていきます。

バーテンダーは未経験での独立はかなり厳しいものがありますが、雇われ体制であれば基本的に未経験でもなれるお仕事です。ですが、今まで一度もBARに足を運んだことがないというのも考えモノです。

お酒をたくさん飲めというわけではありませんが、たしなむ程度に、いろいろなお店に行ってみるとよいでしょう。大衆向けのBARや個人密着型のBARなどスタンスがいろいろあるのでどのような雰囲気やスタンスが自分に合うのかいろいろなお店に行って考えてみてください。

居酒屋での経験など飲食店で働いたことがある人ももちろん大歓迎です。ですが気を付けなければいけないのが、経験があるからと言って前の店ではこうだった、などのセリフは絶対に言ってはいけません。初心でなくとも初心にかえって転職に臨みましょう。

バーテンダーに必要な資格

さて、バーテンダーになるには未経験でも大丈夫なので資格は絶対に必要ではありませんが、あると得をするかもしれない資格、自分の強みになる資格があるのでそれらについてお伝えしていきます。

各種ソムリエ

お酒を扱うので知識としてワイン、日本酒、カクテルなどのソムリエを持っていると自信にもつながりますし、お客様との話が広がることもあります。

持っていなければならないことは全くありませんがオリジナルカクテルを作れるようになるかもしれませんね。お酒の世界はソムリエだけではなく、バーテンダーの専門学校のようなところもあります。数は多くないですが一度調べてみてもいいですね。

食品衛生

独立や店長を目指すのであれば必要です。お酒はかなり日持ちしますし、基本的に衛生的に扱えるものですが、全くフードを扱わないBARはないですし、あくまでお客様の口に入るものなので講習を受けましょう。

経営の知識

オーナーを目指す人、バーテンダーをしつつ経営を行いたい方はできれば経営の知識があるといいでしょう。

なくても全くかまいませんが、専門学校時代、高校時代などに学んでおくとかなり強みになります。特にバーテンダーとして現場に立ちつつオーナーとして経営を行う人は経営学、経済学、法学など経営に関わる勉強をしておくといいでしょう。

バーテンダーが向いている人

接客業ですので多少は向き不向きがあります。例えば多少不器用でも経験を積めば補えますし、空気が読むのが少し下手でもその現場にいれば慣れて分かってくることもありますが、その他にバーテンダーに向いている性格や性質についてお伝えしていきます。

他人に興味が持てる人

お客様とお話をすることも大切な仕事内容ですので、初めて会う人にも興味を持ってお藩士出来なければいけません。ですが全ての人に最初から興味を持てというのも難しい話ですので、初めて会う人であれば持ち物についてから話し始めてもいいと思います。そこから話を広げ、自分とお客様が共通で興味のある内容に持っていけるといいですね。

自分に自信が持てる人

カウンターに立っている以上、自信を持つことが大切です。(カクテルが上手い、容姿がいい、紳士的)これらを怠慢にしてはただのナルシストですが、自信を持つことでお客様も来てくれることがあります。お客様が来る理由は様々で人(バーテンダーやほかのお客様)が好き、飲み物(カクテルなど)が好き、食べ物が好きなど人それぞれです。どれか一つでも自信が持てればそれは強みになり、お客様がそのBARに行く理由になるからです。

お店のスタンスを守れる人

お店によって少し変わりますがおおまかに大衆向けの回転数の多いBARと密になって回転数の少ないBARに別れます。回転数の多い店はうまくさばけるか、そうでない店は密になれるかそのスタンスを理解して接客できるかが重要です。BARを経営している人はお店委に対してこだわりのある方が多いので、そのBARの雰囲気に合うようにするか、選んでくださいね。

バーテンダーで働く上で気をつけること

バーテンダーになる上では未経験でも資格がなくてもかまいませんが、気を付ける事、バーテンダーになってから努力するべきことがありますので、お伝えしていきます。

ニュースを見る

お客様は様々な方がいらっしゃいます。職種、学歴、年齢、性別など問いません。そのような方たちとお話をするので最低限、トップニュースぐらいは知っていないと恥ずかしいです。ニュースを知ることで会話が弾み、広がることはかなり多いですし、知的にも見えますね。無理をしてドラマやバラエティを見ることもありませんが、ネットからでも構わないのでニュースに目を向けましょう。

身だしなみ、笑顔

どの業界でも当たり前の話ですがかなり大切です。特に接客業ですので見た目は大切です。人はまず見た目から入り、中身を見ていきます。容姿端麗でいる必要はありませんが清潔感は必要です。飲食店なので身だしなみは最低限整えましょう。また、会話するときは空気を読みながら笑顔を作ることも大切です。

他の店に飲みに行く

他の店に行くことなど勉強しに行くのも大切です。場合によっては売込みもOKです。ただ、売込みする場合はかなり慎重にしないと煙たがられるだけです。お付き合いとしてはしたほうがいいですが適度に、謙虚に、おれがおれがになってはいけません。

共存する事が大切で、潰し合いはご法度です。また、慣れたお店でも勝手に席に座らないようにしましょう。席はその場にいるスタッフにお任せくださいね。

華やか?意外と地道なお仕事バーテンダー!

華やかな部分ももちろんありますが結構地道に努力をすべき職種なのです。今まで上げたポイントも押さえてほしいですが、働いている以上お酒に飲まれないように気を付けてくださいね。

冒頭でもお話ししましたが、昼夜逆転するお仕事です。既婚の方はパートナーとよくお話しましょう。そうでない方も昼夜逆転することによるデメリットもあるので自分の生活リズムに合うかも考えましょう。バーテンダーはお話しすることが大好きな人は特に向いています。一度転職候補に入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください