ユニークな陶磁器作家Kanami Takeda Ceramicsの支払いはクレジットカード決済が多い!?気になるクレジットカードの対応ブランドなどあれこれ聞いてきました!

 

今の時代、クレジットカードをはじめとしたキャッシュレス化が進むなか、ビジネスマーケットについてもこれまでの商取引とは異なるものが主流になったり、新たなものが生まれたりと目まぐるしく移り変わっています。

今回、『Time is Money Press 〜情熱家のワクワクするお金と時間の使い方〜』で紹介するのは、「Kanami Takeda Ceramics」のタケダカナミさんです。

独特のセラミック作品を手がける「Kanami Takeda Ceramics」のタケダカナミさん

タケダカナミさんのイメージ画像

 

ユニークなデザインや、実験を重ねて作られた素材の特質を考えた作品が魅力で、

生活の中での、こんなのあったら良いのにな。から生まれたデザインも多い「Kanami Takeda Ceramics」。

他にないものを探されているお客様にオススメです。

今回は、そんな「Kanami Takeda Ceramics」のタケダカナミさんにお話を伺いました。

「Kanami Takeda Ceramics」ではどんな作品を販売してるの?

ーー 本日はよろしくお願い致します!まず、「Kanami Takeda Ceramics」とはどんなブランドですか?

よろしくお願いします!

「Kanami Takeda Ceramics」はデンマーク王立デザインアカデミー陶磁器デザイン科在学中にスタートしたブランドです。

卒業後はヨーロッパを中心に活動をしていましたが、帰国を機に昨年から日本での販売を始めました。

現在、日本での生活の中で生まれた、釉薬や土の質感や色を楽しむ新しいラインと、

デンマーク在住時から製作している、ヨーロッパの蚤の市で見つけた様な個性的ながら白磁の気品を感じられるラインの二つを中心にお届けしています。

蛍手を使いバルト海をイメージした Abuku

 ーー以前は海外にいらっしゃったんですね。ではそんな「Kanami Takeda Ceramicsでは主にどのような作品を制作されているんでしょうか?

「Kanami Takeda Ceramics」では陶磁器ならではの素材感を大切にクラフトとデザインの合間にある様な作品を多く制作しています。

 実際に商品として並ぶ、もの自体だけでは無く、コンセプトや制作過程も含めて一つの作品だと考えているので、

アートピースの様に背景も知ることで、より興味深く、楽しめる作品となっています。

伝統的な陶芸にとらわれず、デザインによって土を変えたり、実験的な釉薬や、ユニークなモチーフを使ったり、

自由で多様性のあるデザインを心がけています。

ーー 芸術的な面とデザイン的な面、どちらも取り入れているんですね!では、どのようなお客様が多いのでしょうか?

そうなんです。購入されるお客様は20代後半ー30代の女性が中心で、ギフトでのご購入が多いです。

ーー タケダさんがショップの運営で大事にされていることは何ですか?

現在顔の見えないオンライン販売が中心なので、お客様がお買い物に不安が無いように、こまめなご連絡や迅速な対応を心掛けています。

また年に何回かは直接反応が見れたり、率直なご意見をいただける対面販売の機会を設ける様にしています。

ーー 百貨店などへも出店されているようですね。「Kanami Takeda Ceramics」のショップで、これだけは買って欲しい商品などはありますか?

作品とお客様の”出会い”の感覚が大切だと思っているので、私から特に一つの作品をこちらからおすすめすることはありません。

オンラインショップだったり、催事でお客様自身のお気に入りの作品とぜひ出会って欲しいです。

ーー ありがとうございます。では「Kanami Takeda Ceramics」の人気商品を教えてください!

現在人気の作品は、give me hands plate(3200円/税込)です。

白磁のジュエリープレートで、ユニークなデザインかつ、機能性も高く、イヤリングをかけたり、リングを並べて飾ることができます。

どこに置いたか忘れがちな繊細なジュエリー達の定位置にしていただければ、ここにあるよ!と手を振って教えてくれます。

お家で結婚指輪を外されるカップルがご自宅用に購入されたり、エスプリのきいたウェディングギフトとしてもご好評いただいています。

いろんなジュエリーを並べたくなるgive me hands plate

「Kanami Takeda Ceramics」では多くの方がクレジットカードを利用している

ーー 次に、「Kanami Takeda Ceramics」でお客様が利用できる支払い方法について教えてください。

はい。クレジット決済、銀行振込(海外向けにはtransferwise)、Paypal、委託先によってはコンビニ決済やline pay, google payなどです。

対面販売ではもちろん現金も使えますよ^^

ーー ちなみにクレジットカード決済を導入したきっかけが何かあったりしますか?

オンラインでの販売が多めなので、クレジットカードが安全面、利用者数の多さからも一番適した決済方法だと考えたからですね。

海外のお客様もいらっしゃるので、カード決済は必須だと考えています。

ーー やっぱり海外のお客様もいらっしゃるんですね!その中でお客様の支払い方法の比率はどれぐらいですか?

オンラインショップでは9割のお客様がカード支払いなんです。残りがコンビニ決済、銀行振込、paypal(1:1:1)です。

実は対面であるマーケット等でもカード決済ができる様にsquareを導入しましたが、今のところ使用の機会がなく対面販売は100%現金です。

日本の伝統技術を施しつつ新しいスタイルの風鈴 Hotaru

ーー 現在契約している決済代行事業者はどこですか?また、お客様がよく利用される国際ブランドも伺いたいです。

オンラインショップでは支払いは全て委託先に任せていますので、詳しいことは不明です。

委託を通さずショップで個人的に契約しているのはPaypalとsquareですね。squareはつい最近の今年7月から、Paypalはもう4年ほど使っています。

手数料が、Paypal (国内CC3.6 % + 40円 / 件) square(3.25%、JCBは3.95%)です。

squareはカードリーダー代がかかりましたが、他は全て無料です。

ーー 決済手段が多いのはユーザーが方法を選べるのでいいですね!次にカード決済導入は「Kanami Takeda Ceramics」にとってどのようなメリットとデメリットがあると思いますか?

メリットは簡単かつ安全に支払いを受け取れるところ。デメリットは手数料でしょうか。

特に外貨の手数料がもう少し抑えられたら嬉しいなと思います。

デンマークでは銀行口座間での直接のやりとりが可能なmobilepayというアプリを利用していました。

ネットが繋がっていればどこでも利用ができ、送付先の電話番号と金額を入力するだけで振込が完了するのでとにかく反映が早く手数料も無料なので、

あっという間に広まった素晴らしいアプリで大変重宝していました。同じ様なサービスが日本でもできればいいのになと思っています。

ーー mobilepayですか!これは今後の日本の決済手段の参考になりそう!では一方でカード決済のお客様側のメリットとデメリットはどう考えますか?

お客様側のメリットとしては後から手続きをする必要がなくその場で決済が完了するので、スピードと簡易さが魅力だと思います。

デメリットとしては、私自身が利用する際に感じていることですが、カード決済時のカード情報の入力が手間だと思います。

次回のお買い物に登録できるところもありますが、個人的にはセキュリティの観点から、毎回その都度入力することが多いです。

加速するキャッシュレス社会と変化し続ける時代のなかで今後どうしていきたいか

結晶のようなテクスチャーのディスプレイプレート、Kristal

ーー 今後もキャッシュレス化が一層進んでいくと、それによって信用の形や顧客層も変化していくことだろうと思います。「Kanami Takeda Ceramics」はそのトレンドとどのように向き合い、お客様と付き合っていきたいと思いますか?

新しく便利なものはなるべく取り入れていきたいと思っていますが、そういった方法に不慣れなお客様への決済方法も残していかなければならないので、厳選しつつも多岐に渡った決済方法をご提案できる様にしていきたいと思っています。

個人的には後から支払いのあるクレジットカードよりも銀行口座の残高に即反映するデビットカードやデンマークのmobilepayの様なシステムの方がわかりやすく、より現金で支払いする感覚に近いと思うので安心してお客様もお買い物ができるのではないかなと考えています。

ーー では、「Kanami Takeda Ceramics」の今後のビジョンについて教えてください!

現在はオンラインでの販売が中心ですが、やはり釉薬や重みなど、実物を見ていただかないとわからないことも沢山あると思うので、委託販売の実店舗を増やしていきたいです。

ご縁のあるお店を増やしながら、より多くのお客様に作品を知っていただけたらと思っています。

また店舗什器や結婚式関連のオーダーやセミオーダーの受注もしているのですが、

制限もある中でご希望のものをお客様と一緒に作り上げていく過程がやりがいがありとても好きなので、

異業種の方とのコラボレーションもぜひしてみたいなと思っています。個人的に植物関連とペット関連に特に興味があります^^

ーー ここまでありがとうございました。最後に、いつもお世話になっているお客様、インタビューを読んでくださっている読者の皆さんに金言をください。

若輩者が金言なんておこがましいのですが、 今の時代、インターネットの発達やこうした決済方法の多様化によって、自分の作品を売るということのハードルがとても下がってきていると思います。

ネットショップを無料で持てたり、SNSでよりダイレクトにお客様と繋がれたり、海外のお客様に簡単かつ安価に作品を送付できたり、私が一人で制作から裏方まで全てこなせるのもこうしたサービスの助けがあるからです。

私がお伝えしたいのは、もし迷っている方がいるなら、ぜひ一度始めてみて!ということです。

もちろん一人で全てこなすのは楽ではありません。でもこんなにも簡単にスタートできるのに、始めてみる前から諦めてしまう人が多いのは勿体ないと思うのです。(ライバルが増えるのであまり大きな声では言えませんが!(笑)

ここまで読んでいただきありがとうございました。どうぞこれからも「Kanami Takeda Ceramics」をよろしくお願いいたします!

「Kanami Takeda Ceramics」の情報

Kanami Takeda Ceramicsオンラインショップ

Kanami Takeda Ceramicsウェブサイト

イベントやセールのお知らせはニュースレターで!↓

ニュースレターの登録はこちら!!

E-mail : kanamitakedaceramics@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください