【今年最後】楽天カード✨7000ポイント入会特典✨

FPの森文子さんが考えるクレジットカード事情

MONEYPRESS編集部が気になる専門家やプロフェッショナルのクレジットカード利用事情を取材していく連載企画、今回はFPの森文子さんにお話をお伺いしました。

森文子さんのお仕事について

森文子さん

ライフイズスイート代表 森文子さん

ーー 本日は、よろしくお願い致します!早速ですが、ライフイズスイートのコンセプトを教えてください。

私はお金の専門家として、皆様にお金の知識をもっと得ていただき、もっと経済を活性化させたいと願っています。

過去30年間の株価指数をみますと、アメリカは8倍以上、ドイツは7倍以上、イギリスは4倍近くの値上がりをしているのに対し、なんと日本は1.06倍。増えも減りもしていません。日本は過去30年もの間、株式市場の成長がないのです。

ーー そうなんですか!何故なんでしょうか?

それは、日本はお金を働かせている人が少ないから。アメリカ、イギリスの家計金融資産はこの20年間で2倍3倍と増えているのに、日本はほとんど増えていません。

時代が変わっても日本はいつまでも貯金だけしかしないので、家計の資産が増えないのです。日本には、まだまだ貯金をするという選択肢しか持っていない人が多い。これはお金に関する知識が非常に乏しいことの表れです。

ーー 確かに、お金を働かせて増やすというより、自分で増やして貯める方法がメジャーというイメージですね。

長く続く不況で、お金がない、お金が増えない、と頭を悩ませる方が多いですね。私たちの老後も大変なわけですが、もっと大変なのは私たちの子どもたちの老後です。

私は2人の子どもを授かることができましたが、その大切な子どもたちが豊かな日本を引き継いでいくためには、私たち大人がまず資産の作り方を知りそれを実行し、自分の老後は自分で養って、そしてそのやり方を子どもに伝えていく、ということが大切だと感じます。

私はそのような人を増やし、皆が楽しく安心して生きていけるような未来を作りたいのです。

ーー ありがとうございます!そのような未来を作るために、具体的にどのような取り組みをされていますか?

ライフイズスイートは、保険や証券などの金融商品を売らない完全独立系FP事務所です。

ファイナンシャル・プランナー(FP)という資格を持っている人は、全国に何十万人もおりますが、そのほとんどの人がどこかの会社に所属をして、その会社の商品の営業マンとして活動しているのが実態です。

会社に所属して保険や不動産や証券を売る。それが本当にお客様の立場に立ってお金のコンサルティングをしてあげられるのかどうか。私は疑問に思っています。

ーー なるほど。本当にお客様の役にたつコンサルティングを、心がけてらっしゃるんですね?

はい。結局何らかの金融商品を売らなければFPが収入を得られないとしたら、最終的に何らかの金融商品をお客様に提案することが仕事の流れになります。お客様としてはお金の相談にいったのに、商品を売られたという気持ちになってしまっています。

本来のFP業は、お客様のお金のことをきちんと客観的にコンサルティングして、整理をして、問題を解決してあげられる。そういう仕事であるべきで、弊所はその信念のもと、金融機関から完全に独立した形で、相談業に特化し活動を続けております。

有難いことに、ご要望がありマネー講座の講師を務めさせていただくこともあります。こうしてインタビューをしていただけたり、執筆の依頼をいただけたりと、今は相談業のみならず、様々な形でお金の知識を皆様に広めることができています。

ーー お客様の相談に乗るという形式にこだわらず、本来の目的を果たすために日々活動をされているんですね。ちなみに、どのようなお客様が多いのでしょうか?

事業主ご本人様やその奥様が多いです。私が元税理士事務所職員だったこともあってか、事業に関するお金のご相談にいらっしゃる方が多いです。

男性もお見えになりますが、ほとんどが女性、主に30歳代~50歳代です。

ーー 女性の方が多いんですね!森さんが事務所の経営で大事にされていることについて、思っていること、感じていることはありますか?

お客様から求められることに対して真摯に向き合い、解決に向けて進めていく。これに尽きます。

以前、簿記の資格を取得したいからサポートしてくださいとご相談におみえになった方がいました。私は簿記の先生でもなんでもないんですけども。経営者に簿記の資格は必要ない、必要な数字が読めたらそれでいいんですよ、試験勉強している時間があったら本業に力を入れてください、といったことをお伝えしたのですが、何か形になるものを手にしたいんだというお客様の熱い想いをお伺いして、それならばと、簿記資格取得のサポートをさせていただくことになりました。

そのときは、私が簿記の資格を取得したときにやった試験勉強のコツや、受かり方のコツなどをお伝えさせていただきましたよ。

ーー 直接のお金のご相談以外も受けてらっしゃるんですね。

私はお金の専門家ですが、先日、整理収納の講座をして欲しいという依頼を受けました。プロフィールに整理収納アドバイザー1級も持っていますと書いてあるからだと思いますが、プロとして活動している整理収納アドバイザーさんが多数いるなかで、FPの私を選んでくださってビックリです。もちろん喜んでお引き受けいたしましたよ。

ーー なるほど。本業のお金のコンサルティング以外も、お客様の要望に真摯に対応されることを大切にしてらっしゃるんですね!

はい。私にご興味をもってくださるきっかけはなんでもいいのです。

きっかけはなんであれ、そうしてお付き合いをさせていただいているなかで、私の思いに共感していただき、少しずつでもお金の知識を得ることについてもっと興味をもっていただければ嬉しく思っています。

ーー ありがとうございます!これだけは見てほしい、使ってほしいサービスはありますか?

お金の情報を自らつかみにきてほしいですね。知らないと何もできませんから。知っているからこそ選択肢が増えるんですものね。お客様には「お金のアンテナ立ててくださいね」と常にお伝えしています。

ーー お金に関する正しい知識を能動的につけてほしいということですね!

はい。弊所ホームページに「知識の森」という情報サイトを作りました。まだコンテンツが少しだけなのですが、徐々に増やしていこうと考えています。

インターネットが普及し、様々な情報があふれています。中には正しくないことを書いてあることもありますから、惑わされることなく、しっかり正しい情報をつかみにきてほしいと切に願います。

ライフイズスイートの運営スタッフ

森文子さん

個人事業様向けに自主開催をする森さん

ーー 事務所は何名で運営されていますか?

スタッフは私ひとりです。

ーー ライフイズスイートのアピールを一言お願いします!

私の得意分野は税務会計ですが、家計や資産運用なども合わせてご相談いただけます。お金の基礎知識を得ることができるメールマガジンを無料で発行しておりますから、そちらもご活用いただければと思います。

一人で悩まないで、ご相談におみえになってください。

ライフイズスイートでの決済導入について

森文子さん

子育て支援施設にて地域のママ向け講座をする森さん

ーー お客様が実際に、カード利用される支払い方法はどれくらいの比率ですか?

先日クレジットカード決済(ペイパル)を導入しました。それまではお客様にお振込みや現金払いをしていただいていました。ペイパル導入後は、クレジットカード決済が増えましたね。やはり手軽ですものね。

決済比率は、先日導入したばかりなので何とも言えないところなのですが、今のところ、クレジットカード決済していただけますよとお伝えすると100%クレジットカード決済でお支払いいただいています。

ーー かなり多くの方が、クレジットカード決済を利用されているんですね!クレジットカード決済を導入したきっかけは何かありますか?

私自身がクレジットカード決済することが多く、時代の流れもますますそうなってきていますから、それに沿って導入を決意しました。

ーー カード決済導入について、事務所にとってどのようなメリットとデメリットがあると思いますか?

メリットは、請求及び入金管理が便利になったということでしょうか。銀行振込と違ってタイムラグが少なく、すぐに着金確認ができるところも便利です。

デメリットは手数料がかかることですが、これは便利の代償ですから仕方がありません。事務作業の効率があがりましたから、その分本業に打ち込める時間も増え、手数料を支払う価値はあったと感じています。

ーー カード決済導入について、お客様にとってどのようなメリットとデメリットがあるでしょうか?

メリットは、手軽に支払いが行えるということでしょうね。銀行振込だと営業時間を気にする必要がありますが、クレジットだとそれはありませんね。忙しい現代人には合っている支払方法かもしれません。

また、今手元にお金がなくても支払える、ということ。欲しいものをそのときすぐに買える、チャンスを逃さないということが言えると思います。

デメリットは、メリットとかぶってしまいますが、手元にお金がなくても手軽に買えてしまうというところですね。クレジットカードで支払うことにより実際のお金の支払いを先延ばしにしてしまうことで、金銭感覚を失ってしまいがちです。

以前マネプレ様のコラムでもお話させていただきましたが、クレジットカードは使い方によって良くも悪くもなりますから、収入以上の支出をしないよう計画的にお使いいただきたいですね。

森文子さんが教える!クレジットカードを使用するにあたって注意すべきこと

森文子さん

お客様のお宅で講座をする森さん

ーー 森さんが考えるクレジットカードを使うときに気をつけるべきことはありますか?

収入以上の支出をしないということです。これは基本中の基本です。あとは支払い方法にも気をつけてもらいたいですね。

例えば、リボルビング払い(リボ払い)。毎月の支払額を少なく抑えることができて、とても手軽で便利に利用できる支払い方法ですが、手数料がかかり、利用すればするほど支払い期間が延びていきます。自分でしっかり管理ができないと、あとどれだけ支払わないといけないのかわからなくなってしまいます。気が付いたら払えない額になっていた、なんてことにもなりかねません。

あとは、ボーナス一括払いという設定もとても便利ですが、必ず貰えるとも限らないボーナスを支払い方法に設定するリスクを、きちんと理解しておかなければなりません。

ーー なるほど。基本的なことですが、大切なことですね!

クレジットカードは、上手に使えるととても便利なものですから、きちんと意味を理解して賢く活用することが大切です。

加速するキャッシュレス社会と変化し続ける時代のなかで今後どうしていきたいか

森文子さん

個別相談を受ける森さん

ーー 今後もキャッシュレス化が一層進んでいくと、それによって信用の形も変化していくことだろうと思います。FPとしてそのトレンドとどのように向き合い、お客様と付き合っていきたいと思いますか?

キャッシュレス化は世界規模で確実に進んでいます。硬貨や紙幣を持ち歩く人がどんどん減っていますよね。実際私自身も昔に比べ持ち歩く紙幣は減っています。それでも不便のない世の中です。デジタル通貨が主流になりつつあり、面白い世の中になってきましたね。

ただ、そのような時代の早い流れについていけない世代がいることも確か。今朝ちょうど、70歳代の男性からクレジットカードについてのご相談を受けたところです。「このカードがいいと思っているんだけれど、どうなのかな?ポイントって何のことかな?ワオンって聞いたことあるけど何なのかな?」といったようなご質問だったのですが、どのクレジットカードが自分に合っているのか、なにが便利でオトクなのか云々の前に、まず電子マネーが何であるのか、そもそもクレジットカードが何であるのか、ということから説明しなければ理解できない世代も実際にいるのです。

ーー なるほど。クレジットカードを使いこなす以前に、知識をつける必要があるんですね。

日本は現金国家であることに加え、超高齢化社会であることから、完全キャッシュレスの時代がくるには、もう少し時間がかかるのではないかと私は考えています。ですけれど、キャッシュレスによるコスト削減や利用者の利便性などを思うと、将来的には日本もキャッシュレスの時代がくる可能性は大いにあります。

それにはまだ少し時間がある、でもその時代は来る。ですから今のうちからデジタル通貨などについて、少しずつでも理解を深めていっていただければ良いのではないかと思います。またそれを理解するためのお手伝いを私は引き続きしていきたいと思っています。

ーー 森さんの今後のビジョンについて教えてください。

将来的にはFP育成に励みたいと思っています。私ひとりの活動では限界がありますから、私の想いに共感してくださる仲間と共に、どんな人でもお金の知識が一定レベル以上となるような世界へと導いていけたらと思っています。目指すところは「一億総FP!」です。

ーー 最後にお客様、そしてインタビューを読んでくださっている読者の皆さんに金言をください!

私はよく「知識は宝だ」と言っていますが、それだけではいけないですね。知識を得ることはもちろん素晴らしいこと。だけど「知らないこと」が「知っている」になれば、今度はそれを行動にうつし「できる」にすることが最も大切なことです。

私の発行する無料メールマガジン「9日間で学べるお金の基礎講座」は、これまで聞いたことある話や、インターネットで検索すれば出てくるような話もしていますが、なぜこの講座でそこをお伝えしているのかというと、こんなに情報が溢れるなか、知っているけどできない人が大勢いるから、あえてお話していることなんです。

そして改めて自分の知識の確認をしていただき、そこから行動へうつして欲しい。頭で考えているだけじゃダメ!宝物(知識)はためこむだけじゃなくて、それを活用することによって、ご自身も周りの人たちも幸せになることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください