【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

m3.comカードをDiners Clubブランドで作りたい!

m3.comカードをDiners Clubブランドで作りたい!と思っているが自分の今の状況で本当に作れるのだろうか…と不安に思っている人もいるでしょう。

そもそもm3.comカードにDiners Clubブランドが存在するのだろうか?

そんな人のためにこのサイトでは様々な立場に合わせて、m3.comカードがブランドでDiners Club作れるのか?という観点を中心に紹介していきたいと思います。

m3.comカードの詳しい情報も紹介して行くのでm3.comカードをDiners Clubブランドで作りたいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

また下でも詳しく紹介していますが、Diners Clubブランドのクレジットカードで特に人気のあるクレジットカードは以下のようになっているので参考にしてみてください。

↓m3.comカードよりも作りたくなるDiners Clubブランドのクレジットカードはこちら↓

m3.comカードをDiners Clubブランドで作りたいけどそもそもDiners Clubブランドは存在するの?

クレジットカードを作る上で外せないのが国際ブランドでしょう。

せっかくm3.comカードを作るなら世界最高峰のステータスを誇るDiners Clubブランドでm3.comカードを作りたいと思うのは当然でしょう。

ではm3.comカードでDiners Clubブランドのカードは作れるのでしょうか?

結論から言いますとm3.comカードでは[Diners Club]。

m3.comカードが作りたいならまずはチェック!申し込み条件を確認しよう

いくらm3.comカードを作りたいと願ったところで、自分自身が申し込み条件を満たしていなければm3.comカードを作ることは事実上不可能です。

条件をしっかり確認せず申し込んで審査に落ちてしまい「自分には○○カードが作れなかった…」と落ち込んでも仕方ありません。

ですから下記にあるm3.comカードの申し込み条件をしっかり確認していきましょう。

入会対象は、「m3.com」医師会員となっています。Point Club内「m3.comカードとは」からお申し込み可能です。(該当のページは医師のみ閲覧が可能です)。原則として18歳以上でご本人に安定継続収入のある方、学生の方はお申し込みいただけません。

さてあなたはしっかり申し込み条件をクリアしていましたか?

《立場別》m3.comカードが作りたいけど自分は作れるの?

ここからはそれぞれの立場に合わせてm3.comカードを作りたい人はどのようにすればいいのか?ということに焦点を当てていきましょう。
自分と同じ立場でm3.comカードを作りたいと思っている人は自分だけではないはずです

このサイトではそのような立場の人たちから聞いた情報なども参考にしてm3.comカードのことを述べていくのでぜひ参考にしてみてください。

無職だけどm3.comカードが作りたい

上でも紹介しましたがm3.comカードの申し込み条件は以下のようになっています。

入会対象は、「m3.com」医師会員となっています。Point Club内「m3.comカードとは」からお申し込み可能です。(該当のページは医師のみ閲覧が可能です)。原則として18歳以上でご本人に安定継続収入のある方、学生の方はお申し込みいただけません。

これをみてわかるように無職で収入がないということは、やはりm3.comカードを作る上ではマイナスポイントになってしまうのは仕方がないでしょう。

しかし、アルバイトなどをずっとしていて安定した収入がある場合は無職扱いにならない可能性もありますので、まずは詳しいことをm3.comカードを発行している[カード会社]に確認して見ることをおすすめします。

また、確認した上でm3.comカードが作れると言われたとしても過去に金融機関から借り入れをしていたり、支払い遅延の履歴があったりする場合はm3.comカードを作ること自体難しくなっているのでその場合は気をつけましょう。

他のカードの審査に落ちたことがあるけどm3.comカードが作りたい

他のカード会社のクレジットカードに落ちたことがある場合、m3.comカードは作れるのでしょうか?

結論からいうと、他のカード会社であるならばm3.comカードの審査にはさしたる影響はないのでm3.comカードを作ることは可能です!

しかし一度他のクレジットカードの審査に落ちているということは何かしら問題があったということになりますよね。

その理由をしっかり理解せずにm3.comカードに再び申し込んでしまうと前回の二の舞になりかねません

ですのでm3.comカードに申し込む前に、なぜ他社のクレジットカードの審査に落ちてしまったのかということをしっかり理解してからm3.comカードに申し込みましょう。

クレヒスに傷があるけどm3.comカードが作りたい

過去にクレジットカードの利用履歴にブラックな情報がある場合はm3.comカードを作ることはできるのでしょうか。

ブラックな情報はカード会社ごとに管理されてるわけではなく信用情報機関というところで一括管理されています

したがって過去にブラックな情報がある場合はm3.comカードを作るのが厳しくなってしまうということになります。

しかし諦めるのはまだ早いです。この信用情報機関に情報が残るのは最長で5年間程度しか残りません。

したがって延滞などをしたとしても5年程度で消えるのでそれを待ってから申し込むようにしましょう。

一度、m3.comカードの審査に落ちているけど作りたい

1度m3.comカードの審査に落ちているけど、どうしてもm3.comカードを作りたいという人もいるでしょう

そんな時はどうすればいいかを紹介します。

まず前提として1度落ちた時と全く同じ状態で審査に挑んだとしても落ちる可能性が非常に高いでしょう。

ですので前回なぜ落ちてしまったのかという原因はしっかり突き詰めて2度目の審査に臨んでください。

その上で申し込むタイミングですが1度目の審査に落ちてから最低6ヶ月は間を開けるべきです。

なぜなら先ほども出てきた信用情報機関での申し込みに関する情報が6ヶ月で消えるからなんです。

したがって実質、初めての申し込みと同じ状態で申し込むことができるので6ヶ月以上たってから2度目の審査に挑んでください。

《利用目的別》m3.comカードが作りたいけど本当に自分に適したカードなの?

今まではm3.comカードが作りたい人ごとの立場に合わせてm3.comカードの作り方を見てきましたが、ここからは利用目的別にm3.comカードをみていきましょう。

実際、m3.comカードのことをあまり調べずになんとなく作ってみたら実は自分に適していないカードだったなんてことになったらもったいないですよね。

なのでm3.comカードを作りたいと思ってる人も自分に適しているのか確認していきましょう。

電子マネーが使えるならm3.comカードを作りたい

クレジットカードを持つ上で最近特に重要度が増してきているのが、電子マネーは何が使えるかということでしょう。

m3.comカードで利用できる電子マネーはnanaco; Suica; SMART ICOCA; QUICPay; QUICPay+; Speedpass+となっています。

交通系電子マネーやキャッシュレスの電子マネーなど様々な電子マネーがあり自分がよく使う電子マネーがm3.comカードで使えないとなると、m3.comカードは自分に向いてないなんてことになりかねませんのでしっかり確認しましょう。

電子マネー一体型のクレジットカード として、楽天カードJCB CARD Wがありますのでm3.comカードに自分が使いたい電子マネーが対応していなかったらこれらのカードを検討してみるのもいいでしょう。

旅行に行くからm3.comカードを作りたい

m3.comカードを作りたいと思った理由が旅行に行くときに必要となったということもあるでしょう。

実際にm3.comカードの旅行保険はどのようになっているのでしょうか

m3.comカードの旅行保険は以下の表になっています。

補償項目補償額
国内旅行傷害保険付帯条件国内:なし
海外旅行傷害保険付帯条件海外:なし
国内航空傷害
海外傷害
ショッピング保険年間100万円(免責1事故1万円、海外利用のみ、購入日から90日間補償)

m3.comカードを作りたいならもっと情報を知っておこう!

m3.comカードの情報は今まで紹介したものだけではありません。

当然ポイントがついたりとその他のサービスも充実しています。

以下にm3.comカードのスペック表を作成したので参考にしてみてください。

クレジットカード券面

m3.comカード※No Image※

初年度年会費翌年以降年会費
1,250円(税別)1,250円(税別)
対象年齢ポイント還元率
18歳~1,000円(税込、月額累計端数切り捨て)=1P
年会費備考

以上を参考にして、作りたいと思っていたm3.comカードはさらに作りたいとなったでしょうか?

そうであるならばいますぐm3.comカードに申し込んでみましょう!

m3.comカードよりも作りたくなるDiners Clubブランドのクレジットカードランキング

m3.comカードを作りたくて検討していたけれど、何かイマイチ決めきれない人は王道の人気クレジットカードから検討してみてはいかがでしょうか?

本物のこだわりを求めるあなたに……ダイナースクラブカード

ブランド年会費
Diners Club22,000円
ETCカード電子マネー
無料チャージ利用可(楽天Edy)
海外保険国内保険還元率入会特典
最高1億円最高1億円0.4%〜1.0%あり
申込資格発行時間
27歳以上通常2週間
公式サイト

ダイナークスラブカードは申込資格が27歳以上のステータスカードで利用限度額に一律の制限がありません。すごく審査が厳しいクレジットカードに見えますが、私が27歳のときは審査に通過できました。(年収400万、27歳になった誕生日の次の日に申し込んだ審査結果

ダイナークスラブカードはその名の通り、レストラン系の優待サービスに強く、レストランおすすめのコースを1名様無料になる「エグゼクティブ ダイニング」や各種イベント、ダイナースクラブごひいき予約(優良飲食店のキャンセル情報のLINEお知らせサービス)など充実しています。

海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険ともに最高1億円の補償が付帯されており、なおかつ750ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用できますので、年会費29,000円のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードよりもコスパが良いステータスカードと言えるでしょう。(とはいえトラベルサービスの充実度、そして初年度無料で使えるというメリットがアメックスにはありますが……。)

参考気になるダイナースクラブカードの審査!27歳になった一般サラリーマンが、勢いで申し込んでみた結果

高いANAマイル還元率のANAダイナースクラブカード

ブランド年会費
Diners Club27,000円+税
ETCカード電子マネー
無料チャージ利用可(楽天Edy)
海外保険国内保険還元率入会特典
最高1億円最高1億円1.0%〜1.25%あり
申込資格発行時間
27歳以上通常2週間
公式サイト

ANAダイナースクラブカードで貯まるリワードポイントは100円につき1ポイントが貯まり、そのポイントは1ポイント=1ANAマイレージに交換することができますので、ANAマイル交換レートとしてクレジットカード業界のなかでもトップクラスを誇ります。しかも、リワードポイントには有効期限がありませんので、安心して好きなときにANAマイルに交換できるというメリットもありますね。

プライオリティ・パスがなくても世界750ヶ所以上の空港ラウンジを無料で使えますので、スターアライアンスの航空会社を利用しているひ人におすすめです。

日本屈指の高級商店街、銀座で使うなら銀座ダイナースクラブカード

ブランド年会費
Diners Club27,000円+税
ETCカード電子マネー
無料チャージ利用可(楽天Edy)
海外保険国内保険還元率入会特典
最高1億円最高1億円0.4%〜1.0%あり
申込資格発行時間
27歳以上通常2週間
公式サイト

銀座ダイナースクラブカードは基本スペックはダイナースクラブカードと同一ですが、銀座という冠名がついているように、銀座の中心部にある会員制「銀座プレミアムラウンジ」を無料で利用できるオプションが付帯しています。そこでは、コンシェルジュサービスや手荷物お預かりサービス・宅配料金割引きなどのうれしい優待サービスもありますので、手ぶらで銀座を楽しむときにもおすすめです。

また、東京駅直結の大丸東京店11階にあるメンバーズサロン「D'sラウンジトーキョー」も無料で利用することができるようになります。専用クロークや応接室貸し出しなど、ビジネスミーティングの場としても適しています。

経営者におすすめするダイナースクラブビジネスカード

ブランド年会費
Diners Club27,000円+税
ETCカード電子マネー
無料チャージ利用可(楽天Edy)
海外保険国内保険還元率入会特典
最高1億円最高1億円0.4%〜1.0%あり
申込資格発行時間
27歳以上
個人事業主or経営者
通常2週間
公式サイト

ダイナースクラブビジネスカードはビジネスラウンジであるダイヤモンド経営者倶楽部「銀座サロン」を無料で利用できるようになります。商談・待ち合わせの場所として、静かな読書スペース(豊富なビジネス書籍が揃っています)としてビジネスについて思案するのにも良い場所です。

他にも会計ソフトの「freee」を通常よりも2ヶ月お得な料金出使えたり、「ダイナースクラブ プライベートアドバイザーサービス」では各分野のプライベートアドバイザーに相談できたり、追加カードの発行も何枚でも無料でできますので、個人事業主よりも経営者におすすめの1枚です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください