【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

JCB CARD WはApple Payが使える!設定方法と使い方まとめ

JCB CARD WはApple Payが使える

年会費無料で作れるJCB CARD W還元率の高いクレジットカードとして人気の1枚です。

そんなJCB CARD Wをより便利に使う方法としてスマホ決済があります。

そこで、この記事ではJCB CARD WのApple Payの使い方やお得情報について調べました。

JCB CARD WはApple Payを使える

早速ですがJCB CARD WはApple Payが使えるクレジットカードの1つです。

お持ちのiPhone(Apple Watch、iPad含む)に登録することで、対象の店舗/オンラインショップで支払いすることが可能です。

クイックペイ(QUICPay)のお店で使える

クイックペイ(QUICPay)のお店で使えるApple Pay

JCB CARD Wを設定したApple Payが使えるのは「QUICPay」または「Apple Pay」のロゴマークがあるお店になります。

Suicaチャージもできる

JCB CARD WはSuicaチャージもできるので、Apple Pay1つで電子マネー・クレジットカード・交通ICカードの3役をこなします。

モバイルSuicaにも登録することで定期券購入や更新も楽になります。

最大6%還元!2020年6月30日(火)まで

2020年6月30日(火)まで実施されるキャッシュレス消費者還元事業の対象店舗で利用すればJCB CARD Wの1.0%還元と合わせて最大6.0%還元(フランチャイズチェーンなどは3.0%還元)で利用できます。

JCB CARD Wの還元ルールも事前に確認しておきましょう。

iD加盟店では使えない

JCB CARD Wを登録したApple Payが使えるお店は前述の通り「QUICPay」「Suica」のロゴマークがあるお店となるため、iD加盟店では利用できません

iDが使える店でも利用したい方はiD付きのクレジットカードも登録しておくことで使い分けが可能です。

Apple Payの利用で20%還元キャンペーンになるクレジットカード

20%還元の入会キャンペーンを実施するクレジットカード

Apple Payを利用するなら20%還元の入会特典があるクレジットカードを入れ替わりに利用するのがおすすめです。

還元率の高いクレジットカードを選ぼう

入会キャンペーンの特典は期限や上限がありますので、それ以降は還元率の高いクレジットカードを設定して使い続けるのが良いでしょう。

KyashならApple Payを使える

Kyash(キャッシュ)

年会費無料の高還元率プリペイドカードKyashならApple Payに対応しておりますので、新たにクレジットカードを作らなくてもApple Payを利用することができます。

JCB CARD WをApple Payに登録する方法

JCB CARD WをApple Payに登録する方法は非常にカンタンです。

すでにiTunesアカウントに登録している場合はセキュリティコードの入力だけで設定が完了しますが、ここではWALLETアプリから登録する流れをまとめます。

  • 手順1
    WALLETアプリを開く
    iPhoneのWALLETアプリを開き「+マーク」をタップします。
    確認画面が表示されますので「続ける」をタップします。
  • 手順2
    カードの種類を選択
    Apple Payに追加するカードの種類選択のページになりますので、「クレジット/プリペイドカード」をタップします。
  • 手順3
    カード番号の読み取り
    カメラが起動しますので、枠内にカードが収まるようにセットするとカード番号が読み取られます。
    うまくいかない場合はカード情報を手動で入力することもできます。
  • 手順4
    カード情報の確認
    「名前」「カード番号」を確認して問題なければ「次へ」をタップします。
    次に「有効期限」「セキュリティコード」を入力し「次へ」をタップします。
  • 手順5
    利用規約の同意
    利用規約ページが表示されますので、内容を確認し「同意する」をタップします。
  • 手順6
    設定の完了
    設定が無事完了すれば、Apple Payを利用できるマーク(QUICPayもしくはiD)が表示されます。
    「次へ」をタップします。
  • 手順7
    認証をする
    設定は完了しておりますが、最後にアクティベート(認証)手続きが必要になります。
    「次へ」をタップすると「SMS(ショートメール)」「Eメール」「電話発信」のいずれかを選択することになります。
    確認できた認証番号が入力されるとアクティベートが完了します。

Apple Payに登録できない時の対処法

JCB CARD WをApple Payに登録できない時は次の3点を確認してください。

iPhone端末が古い型番だっったりハードウェアに問題がある場合は買い替えしましょう。

  • iPhone端末がApple Payに対応しているか
  • 日本国内で購入したiPhoneか
  • iOSのバージョンが10.1以降か

Apple Payの使い方


Apple Payを使うときは「QUICPayで支払う」とレジで伝えてiPhoneをかざしてください。

アプリの起動やスリープ状態からの解除も不要です。

解除方法

Apple Payに登録済みのJCB CARD Wは、いつでもWALLETアプリ内から削除することができます。

削除方法は全部で4手順となりますので覚えておきましょう。

  1. iPhoneの設定
  2. Wallet&Apple Pay
  3. カード選択
  4. カード削除

Apple Payの支払いを分割にする方法

一括払いしか使えないApple Payですが、JCB CARD Wならあとから分割もしくはあとからリボの手続きをすることで支払金額を複数回に分けることが可能です。

どうしても支払いが困難になりそうな場合はJCB CARD Wの滞納をする前に変更手続きをしておきましょう。

iPhoneを落とした場合の緊急連絡先

JCB CARD Wを登録したiPhoneを紛失または盗難にあったら、JCB CARD Wの紛失/盗難窓口に連絡してください。

「iPhoneを探す」機能が使えればApple Pay自体の利用停止手続きも行い、その後警察への届け出を忘れずに行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください