自動車税納付に間に合う🚙💨即日発行カード

50代におすすめの転職エージェントとは?失敗しない転職方法と厳しい現実

50代におすすめの転職エージェント

リストラや早期退職勧奨、役職定年による降給、さまざまな理由で50代になって転職を考える人も少なくありません。

しかし、転職市場における年齢の壁は以前より下がっているものの、50代での転職は相当に厳しい現実が待ち構えているもの。

・50代になっても失敗しない転職はありえるのか?
・実際、50代になっての転職は無理なんじゃないか?
・50代におすすめの転職エージェントはあるの?
など、残り10年ちょっとで定年を迎えるとなると転職のリスクや不安も大きいと思います。

そこで、この記事では50代におすすめの転職エージェントと転職に失敗しないための心構えについてまとめてみました。

目次

50代全般におすすめの転職エージェント

まず最初に50代全般におすすめの転職エージェントを紹介します。

その後「50代エグゼクティブ層」「50代外資系」「50代女性」にそれぞれおすすめの転職エージェントも紹介しますので参考にしてください。

doda

転職サイトのdoda
サービス種類求人サイト、転職エージェント
非公開求人数13万件超
利用者層20代〜40代
得意業種営業・マーケティング・エンジニア
dodaの特徴
  • 業界最大級の求人数を誇る転職サイト
  • 年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーなどのサポートツールが豊富
  • 職種・業界特化のキャリアコンサルタントの徹底サポート
  • キャリアアップを目指す女性の転職支援のサポート強化
  • 若手から中堅層に圧倒的な支持

リクルートエージェント

リクルートエージェント
サービス種類転職エージェント
非公開求人数16万件以上
利用者層20代〜40代
得意領域営業・技術職・事務
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1の転職エージェント
  • 業界最大級の非公開求人はなんと16万件以上
  • 中国・東南アジア・インドをはじめとした海外企業への転職案件も多い
  • 新卒や未経験から正社員への転職サポートも充実
  • とりあえず転職を始めてみる人におすすめ

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント
サービス種類転職エージェント
非公開求人数68,000件以上
利用者層30代-40代
得意領域コンサルティング
Spring転職エージェントの特徴
  • 世界中に5,100もあるアデコの拠点を活かしたグローバルネットワーク
  • 外資系企業の転職にも強み
  • 専門分野で担当が分かれたキャリアコンサルタントだからこそ、業界や職種に精通したコンサルテーションが可能
  • Spring転職エージェントのキャリアコンサルタントは企業側の担当も兼務しているため、情報連携がスムーズ

50代エグゼクティブ層におすすめの転職エージェント

50代エグゼクティブ層におすすめの転職エージェントは、ヘッドハンターマッチング型の転職エージェントです。

最もおすすめなのはビズリーチの有料プランですので、早めに良い条件でガチっと決めたい方は検討してみてください。
なお登録自体は無料となります。

ビズリーチ

ビズリーチ
サービス種類転職エージェント
非公開求人数11万件以上
利用者層20代〜30代
得意領域IT・ゲーム・デザイン業界、経営・管理・人事
ビズリーチの特徴
  • ビズリーチは完全非公開ハイクラス向け転職サイト
  • 厳正な審査を通過した1,700名以上の一流ヘッドハンターとマッチング
  • 転職成功の秘訣はプレミアムプラン(2,980円+税/月)加入でヘッドハンターからのスカウトに返信してコミュニケーションを取ること
  • 高年収・経営ボードなどのキャリアアップをを望むハイクラス層におすすめ
  • 20代ならキャリトレがおすすめ

キャリアカーバー

キャリアカーバー
サービス種類転職エージェント
非公開求人数5万件以上
利用者層30代-40代
得意領域IT・WEB・メーカー
キャリアカーバーの特徴
  • リクルートが運営するハイクラス層向けの転職サービス
  • 1,500名以上の一流ヘッドハンターとマッチング
  • ビズリーチの強みは求人数、キャリアカーバーの強みは完全無料で利用可能なこと
  • 急ぎの転職でなければヘッドハンターとのコミュニケーションを通して最適な求人を待とう

MSJapan

MS-JAPAN
サービス種類転職エージェント
非公開求人数40,000件以上
利用者層30代-50代
得意領域管理部門特化型(弁護士,公認会計士,税理士など)
MS-JAPANの特徴
  • 日本最大の管理部門特化型転職エージェント
  • 企業の管理部門(経理、財務、人事、総務、法務、経営企画等)とスペシャリスト(弁護士、公認会計士、税理士、金融、コンサルタント等)の分野に強み
  • 実際の転職者のうち90%がもう一度利用したいと回答する満足度の高さ
  • 高年収案件になりやすいIPO準備中の企業会計や法務に携われるチャンスも

50代外資系におすすめの転職エージェント

外資系に強いのはやはり外資系の転職エージェントということで、50代におすすめの転職エージェントを3つピックアップいたしました。

JACリクルートメント

JACリクルートメント
サービス種類転職エージェント
非公開求人数9,000件以上
利用者層30代-50代
得意領域経営・管理職・技術職・専門職
JACリクルートメントの特徴
  • 1988年から転職活動の支援実績は40万人超
  • 高い専門性を備え、業界出身者も多いキャリアコンサルタントはまさに転職のプロフェッショナル
  • 650名ものコンサルタントが直接企業とコンタクトをとり、求人のスペックだけではなく社風や部・課・チームの雰囲気なども伝えられる
  • 外資系や日系大手グローバル企業への転職にも強み
  • とりあえずリクルートエージェントと合わせて登録しておくべき転職エージェント

クライスカンパニー

クライス&カンパニー
サービス種類転職エージェント
非公開求人数7,000件以上
利用者層30代-40代
得意領域コンサルティング
クライス&カンパニーの特徴
  • 年収800万円以上のハイクラス求人のみを取り扱った転職エージェント
  • コンサルティングを志望するならクライス&カンパニー
  • 「30代のキャリア転職支援」「国家資格保有者の圧倒的コンサルティング力」「企業との強固なパイプ」
  • 年間100時間を超える研修を2002年より継続しキャリアコンサルタントは高いスペック

ロバートウォルターズ

ロバート・ウォルターズ
サービス種類転職エージェント
非公開求人数2,000件以上
利用者層30代-40代
得意領域外資系・日系グローバル企業
ロバート・ウォルターズの特徴
  • 1985年に英国ロンドンで設立され、世界28カ国の主要都市にオフィスを構えるスペシャリスト人材紹介会社
  • 外資系・日系グローバル企業の転職が最大の強み
  • 800〜2,000万円の高年収案件が多数存在
  • キャリアコンサルタントはチームで対応しますので複数の目で判断されることでより適切な求人紹介に
  • 転職についてのアドバイスや条件交渉がストレートかつビジネスライクな物言いは外資系ならでは

50代女性におすすめの転職エージェント

キャリアアップを狙う方はこれまで紹介した転職エージェントをご利用いただければと思いますが、働き方を変えたい女性には転職エージェントだけではなく、転職サイトも紹介できればと思います。

リクナビNEXT

リクナビNEXT
サービス種類転職サイト
非公開求人数2万社超
利用者層20代〜30代
得意領域営業・事務・管理
リクナビNEXTの特徴
  • 転職者の約8割がリクナビNEXTを利用している
  • 求人企業や転職エージェントから直接オファーや非公開求人オファーが届く「スカウトサービス」機能が人気
  • 30分かけて自身の強みを分析する「グッドポイント診断」が便利
  • 女性・第二新卒者も就職・転職支援のサポート強化
  • 設備・工事の技能工から小売・外食まで幅広い職種が強み

リブズキャリア

リブズキャリア
サービス種類女性専用の転職サービス
非公開求人数1,000件以上
利用者層20代-40代
得意領域経営・企画・管理・事務
リブズキャリアの特徴
  • 選べる働き方がある、キャリアを目指す女性のためだけの転職サービス
  • 女性特有のお悩みである「時短勤務OK」「転勤なし」「ワーキングマザー」などから絞り込める使いやすさを提供
  • 働く女性の活躍を支援している企業の求人掲載が豊富
  • キャリアパートナーから「女性の気持ちに寄り添える」「経営層に強い人脈を持つ」厳選求人のスカウトもあり

50代におすすめしない転職エージェント

一方で50代の転職におすすめできない転職エージェントもあります。

それはマイナビエージェントとtype転職エージェントです。

特にマイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」を獲得するほど、若手転職に力を入れている転職エージェントです。

どちらも20代30代の若手転職者を重視しているため、50代の転職ニーズを把握しているキャリアコンサルタントがいるかといえば多くはないでしょう。

50代になって転職を考えているなら、まずは上記の2社は転職エージェントの候補から外して良いでしょう。

50代転職の厳しい現実とは

50代になっての転職は決して楽なものではありません。

それは実際の数値としても現れており、転職期間が長くなることを覚悟して取り組む必要があります。

転職活動の期間は1年以上が当たり前

求人情報サービスを提供する「エン・ジャパン」がおこなった「ミドルの転職活動期間調査」によると全体の71%が半年以内と回答しております。

しかし、個別に確認してみると1年以上かかった方は18%、2年以上かかった方は9%と全世代で最も多かったのが印象的です。

「70%の50代が半年で転職を終えている」と捉えるか、「30%の人が1年以上も転職活動をしている」と捉えるかで事前準備に対する気持ちの面や実際の行動が異なってくると思いますので、これから転職を考える50代の方は「転職活動期間は1年以上が当たり前」という覚悟を持って望んでいただければと思います。

転職市場は若手重視

50代にもなれば経験豊富で誇れる実績もあるでしょう。

それ自体は十分に評価されるべき点ですが、だからと言って50代を求めている企業が多い、50代だから高い給与がもらえる、ということでは決してありません。

今は売り手市場が続いておりますが、特に若手や30代管理職候補の需要が大きくなっています。

そのため安易に転職活動を始めると無駄に長期化したり、決まったとしても年収ダウンというケースも少なくありません。

需要が限られているからこそ「自身の強みが何か」今一度振り返り、若い業界も含めて活かせる可能性を模索するのも必要です。

50代になると相談相手がいない、だからこそ転職エージェントの活用が大事

50代にもなれば転職に関する相談相手は非常に少なくなります。

数少ない上司や先輩、配偶者がその対象になるのではないでしょうか?
特に転職経験者となるとさらに少なくなるかもしれません。

だからこそいつでも相談でき、同じように転職している方や業界の情報を仕入れられる転職エージェントが重宝されるのです。

今の転職事情をよく知る転職エージェントからアドバイスをもらうことで、冷静に現状を分析することができ転職成功に繋がるはずです。

50代転職を失敗しないために!成功率を上げる3つの強み

50代で転職できる人には一定の条件があります。
自身が条件に当てはまるのかを見極めてから転職に踏み切ることも大切だと思います。

ここでは、50代で転職できる人のパターンを紹介します。

汎用性のあるマネジメントスキルがある人

50代で転職できるのは、どこの企業でも発揮できる汎用性があるマネジメントスキルを持つ人。

今の50代と言えば、終身雇用、年功序列が当たり前だった時代に、新卒で就職した会社でそのまま管理職になった人もいるでしょう。
50代のマネジメントスキルは二極化しています。

立派な管理職も大勢いる一方、バブル期入社による運だけで管理職になり、そのまま努力や工夫をしてこなかった人も。
その場合、他企業ではマネジメントスキルを発揮することができないと判断され、採用されないでしょう。

高度なスキルや知識をもった専門職

高度なスキルや知識をもった専門職も、転職可能性があります。

エンジニアや何らかの特殊技術を身につけている人、知的財産や法務などの知識がある人も強いです。
若手との差は、スキルや知識に経験が加わること。

専門性プラス経験の豊富さのアピールが成功のポイントです。
ただし、専門職の場合は、ニーズにピンポイントで合致しないと難しいというデメリットも。
対策としては、業界や職種に特化したタイプの転職エージェントを利用するなどして、ニーズが大きい求人を探すことが考えられます。

絶対に諦めない強い意志とやる気がある人

50代で転職できる人に共通しているのは、絶対に諦めない強い意志とやる気をもっていることです。

50代の転職活動は長期化必須、年齢ではじかれて精神的に落ち込むことも多くなります。
社会人として経験を積み、自身のキャリアに自信をもっている50代にとってはかなり辛いこと。

しかし、ここで諦めるようでは到底転職は難しいです。
そもそも企業における50代は仕事への士気低下が懸念される年代。
企業も、意欲が感じられない50代を採用するくらいなら、若い人を育てた方がいいと感じます。

50代が転職エージェントを利用するときのポイント

50代が転職エージェントをより効果的に利用するにはどうすればいいのでしょうか。
ここでは、50代の転職エージェント活用ポイントを紹介します。

ヘッドハンティング型を活用

50代は、自身の転職市場における価値を知ることが大切です。
市場価値を見極めるために利用したいのが、ヘッドハンティング型の転職エージェント。
あらかじめ経歴を登録しておくことで、それを見たヘッドハンターや企業からスカウトを受け取るという仕組みです。
興味をもってくれる相手が多ければ、それだけ市場価値が高いとみることができます。
ヘッドハンティング型は基本的に「待ち」の姿勢なので、とりあえず登録しておき、今の会社で働きながら価値を判断することができます。

年収アップを狙うなら異なる領域や勤務地も検討

50代の転職では、よくて年収キープ、年収ダウンするケースも多く見られます。
そのうえで年収アップを狙いたいなら、全く同じ領域で勝負するのは無謀です。
たとえば、同じポジションでも業界が変わることで年収相場がアップすることはあるため、業界を変えてみるのも1つ。
ほかには、勤務地にこだわり過ぎず選択肢を広げてみることで、年収が上がることはあります。
年収を上げたいなら、譲れる点を増やすという柔軟性をもつことが大切です。

できるだけ多くのエージェントと会うこと

50代が転職エージェントを利用するときは、とにかくたくさんのエージェントに登録しましょう。
実際に応募していくときはいくつかに絞る必要がありますが、最初はたくさん登録します。
できるだけ多くのエージェントと会ってアドバイスをもらうことで、転職活動の方向性が整理されてくるでしょう。

50代が転職エージェントを使うときの注意

転職エージェントを利用するときは、どんな点に気をつければいいのでしょうか。
ここでは、50代の転職エージェント利用時における注意点を紹介します。

年齢が高くても謙虚であることは重要

人生経験豊富な50代とはいえ、転職活動においては謙虚さは必要です。
ときどきいるのが、転職エージェントとの面談で横柄な態度を取る人。
エージェントは求職者の好き嫌いで紹介しないということはありませんが、「企業から見てどうか。」は考えます。
今の会社で役職についているからといって転職先でも偉そうに振舞いそうな人を、企業側が採用したいかどうかということです。
採用可能性が低そうと判断されれば求人紹介が受けられないこともあると思っておきましょう。

転職エージェントでは紹介を受けられないことがある

50代になると、転職エージェントの登録自体を断られる場合があります。
そもそも50代向けの求人が少ない、経歴が基準を満たしておらず紹介できる仕事がないといった理由です。
これは50代の「あるある」なので、ある程度は仕方のないことだと割り切りましょう。
それでも、登録&面談を実施してくれるエージェントもありますから、諦めずに探していくことが大切です。

人脈を利用した転職も視野に入れて

50代の転職で見逃せないのは人脈を利用することです。
社会人経験が豊富な50代だからこそ、仕事関係やプライベートにおけるツテを頼って転職できる可能性が高くなります。
企業の経営者や人事権がある立場の人で知り合いがいるなら、コンタクトを取ってみるのも1つ。
ツテ入社にはそれなりのリスクもありますが、採用ハードルは下がるため利用価値は高いです。

50代の転職は覚悟と転職エージェントの声を素直に聞く謙虚さが大切

50代の転職活動は思った以上に厳しい現実に直面するかもしれません。

そのため転職するからにはそれ相応の覚悟を持つことはマストです。

加えて担当するキャリアコンサルタントはほとんどの方が年下になると思います。

ですが、転職に置いては彼らが専門。

変なプライドは捨てて、謙虚に彼らのアドバイスに耳を傾け、頼り、若い世代の現実を直視してみると、また新しい可能性や活躍できそうなフィールドが見えてくるかもしれません。

覚悟と謙虚さ、この2点を持って転職活動に取り組み新しいキャリアを積み上げていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください