【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

転職前、転職中、転職後の不安をうつに進行させない工夫

【転職前】仕事がつらい、不安感が強いときのうつ防止策

ストレス社会と言われる日本。
誰もが職場で何かしらのストレスと感じていることでしょう。
仕事が辛いや、将来への不安、人間関係でのストレスなど。
それらを我慢し続けると「うつ」になりやすいと言われています。
働き方改革が声高に叫ばれているこの頃ですが、実際の働く現場との意識差が激しく、実際に働く人たちのストレスは増すばかりです。
うつは真面目な人、几帳面な人がなりやすいと言われています。
何かしらの防止策を持っていないと、自分でも気づかないうちに深刻なうつ状態になりかねません。
うつの防止策について考えてみましょう。

簡単ですぐできるストレス発散法を多く持つ

ストレスは誰しもが受けるものですが、その解消法は人それぞれです。
ある人にとってはストレスの解消になっても、ある人には逆にそれがストレスになる場合もあるので、絶対にこれという解消法はありませんが、いくつかの発散法を試してみて自分に合った解消法を見つけましょう。

・大きな声を出す:カラオケで大声で歌う 車の中で大声を出すなど
・紙に書きだす:辛いことや不安なことを紙に書きだし、それを破ってスッキリする
・体を動かす:スポーツクラブ等に行くも良し、軽く体操するだけでも可。もしくは思い切り部屋を掃除してみるのも一つの方法です。
・泣く:泣くことは心を浄化する作用があるようです。悲しい映画など見て思い切り泣いてみるのも良いでしょう。

職場の人に相談をしてみる

上記の発散法は自分一人で解決するものですが、自分一人で解決するにも限界があります。
自分の不安は誰かに聞いてもらって助言を受けたり、共感してもらうことで落ち着くことが多いです。
職場での不安や辛さは同じ職場の人に相談して解決できればそれに越したことはありません。
しかし上司にはなかなか相談しづらいでしょうし、職場ではなかなか心を開いて相談できる相手は見つからないかもしれません。
同期や違う部署の先輩で話を聞いてくれる人をできるだけ見つけましょう。

どうしてものときは転職も考えてみる

そもそも抱えているストレスの原因が職場での人間関係にあった場合、職場で誰かに相談すること自体難しく、さらにストレスになるかもしれません。
どうしてもその職場でのストレスが軽減されず、うつになりそうなら思い切って転職するのも良いと思います。
うつになりそうということはそもそもあなたに合ってない仕事であり、職場であるということでしょう。
病気になってしまう前に転職を考えてみましょう。

【転職活動中】不採用の不安…転職活動でのうつ症状を防ぐ対策

前の職場でうつになりそうになったり、実際にうつになり転職を考え転職活動を始めるのは良いことですが、転職活動でも不安なことは多くあります。
本当に転職できるのだろうか、転職してうまくやっていけるだろうかなど、活動中にまたうつに陥ることも考えられます。
転職を希望していくつかの会社の選考試験や面接を受けたものの不採用続けば不安が大きくなるでしょう。
うつから脱したくて転職を考えたのに、その活動中にうつになってしまっては何のための転職はわかりませんね。
転職中にもうつに陥らないよう対策を考える必要があります。

転職活動の前にリフレッシュが足りてない

前の職場でのうつになった要因を抱えたままで転職活動することはおススメできません。
転職理由が前の職場でのストレスからのうつであったとしてもそれをずっと引きずったままでは転職は成功しないでしょう。
ですから、転職活動に入る前に心身ともにリフレッシュしておくことが必要です。
仕事をしていない期間を作ると収入面などで不安も出てくるかと思いますが、焦っては同じことになりかねません。
「急がば回れ」という言葉もあるように、転職前にまずゆっくり休むことも必要です。
そして気持ちの切り替えをはっきりつけてから転職活動を始めましょう。

転職のことだけ考える毎日にしないこと

早く転職して仕事を始めたいという気持ちはわかりますが、転職を何としても成功させなければと焦って、常に転職のことだけを考えるのは良くありません。
もちろん転職に関する情報集めや、転職サイトや転職エージェントに登録することなど、転職への準備は必要ですが、転職、転職と考えすぎて視野が狭くなることは避けたいですね。
まず自分の可能性を広げるために、今までやってこなかったことに目を向けてみるのもよいかもしれません。
仕事が決まらないからといって家でじっと考え込まずに、まずは外に出てみましょう。

できるだけ多くの人や場所に接するのが転職にもプラス

転職に関係ないことをするのが不安になるという方もいるでしょう。
そんな方は、転職エージェントが開催するセミナーや研修会に参加してみるのが良いかもしれません。
少し余裕が出て違う世界も見てみたいと思えるようになったら、転職とは関係ないセミナーや研修会にも参加してみるのも新しい発見があっていいと思います。
今まで出かけたことのない場所に出かけたり、今まで話したことのない人たちとコミュニケーションをとってみると、あなたの知らないあなたの良いところが引き出される可能性は大きいです。
新しい場所や新しい人との接することによって、転職へのキッカケが生まれることもあります。

【転職後】転職して仕事での不安やストレス緩和策でうつを防止

気持ちを切り替えて転職に成功したあなたは、新しい仕事に向けてやる気があふれ、そして新しい職場に期待をもっているでしょう。
やる気や期待が大きいほど、その裏で新しい仕事への不安が生まれてくるものです。
一度うつを経験した人ならなおさら不安を感じてしまうでしょう。
新しい職場でストレスを抱えないために、事前に防止しておく必要があります。

転職後は良くも悪くもストレス要因の多い時期

普通に転職しても新しい職場では何かしらストレスを感じてしまうものです。
それに対して過敏に反応しては余計に不安がつのり、うつになってしまうかもしれません。
新しい職場では一から学ぶつもりで謙虚な態度で仕事に取り組んでみましょう。
前の職場と比較したり、自分の理想ばかりを追うのではなく、なるべくフラットな気持ちで臨みましょう。
そして、転職した職場では早い段階で、多くの人とコミュニケーションをとるようしましょう。
多くの人と話しておくことで、今後困った時に相談になってくれる人が見つかるはずです。

仕事より生活ペースを規則正しく慣れることを優先

転職したばかりは早く仕事を覚えなくてはいけないとか、早く職場の雰囲気に慣れなければいけないなど、仕事中心の生活になってしまいがちです。
しかし、それではせっかく転職前に心身をリフレッシュしたことが無駄になってしまう可能性があります。
まずは焦らず、規則正しい生活を送ることを優先させましょう。
生活の規則正しいリズムを作ってしまえば、仕事のリズムをつかめ、職場にも早く慣れることができるはずです。

仕事以外の時間の確保を徹底

転職したばかりでは、早く仕事を覚えようとついつい詰め込んでしまいがちです。
しかしそれではすぐに息切れしてしまい、またうつになってしまう可能性があります。
転職した後は前述した生活のペースを守ることが大切ですから、仕事以外の時間を確保するようにしましょう。
転職活動中に始めた趣味や勉強をする時間を必ず確保するようにしましょう。
頭の中が仕事中心になったり、生活の中で仕事の時間がほとんどになってしまうと些細なことで不安になったり、ちょっとした躓きで行き詰ったりし、それがうつにつながっていきます。
仕事は仕事、プライベートはプライベートときっちり区別をつけておくことが大切です。

転職活動も思いつめないストレスを溜めないことがうつにならないコツ

仕事でうつになる人は、完璧主義であったり、責任感が強かったり、真面目な性格の人が多いそうです。
真面目だからこそストレスを溜めてしまうのでしょう。
真面目ゆえにうつになり、転職をするもののその途中や転職後でもうつになってしまってはせっかくの人生が台無しです。
うつにならないために、仕事以外の時間をつくること、いろんな場所に出かけたり、多くの人と話すことを心がけましょう。
それを忘れなければもともと責任感が強いのですから、きっと転職しても仕事はしっかりできると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください