【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

男性のアパレル転職はキャリア設計が重要!転職活動方法のコツも解説。

アパレル業界と言えば女性が多いイメージですが、男性社員も数多く活躍しています。
ファッションが好きで楽しさを伝えたい、ヒット商品を世の中に送り出したいなど、アパレル業界での理想を思い描いている男性もいることでしょう。
男性がアパレル業界に転職するには、どんな点を意識して転職活動を進めればいいのでしょうか。
ここでは、男性のアパレル業界でのキャリアや転職活動の注意点、男性の年収アップ転職のコツを紹介します。

男性がアパレル業界で目指すべきキャリアとは

男性がアパレル業界に転職する前に知っておきたいのは、アパレル業界におけるキャリア。
男性はアパレル業界でどんなキャリアを積むことができるのでしょうか。
ここでは、男性がアパレル業界で目指すべきキャリアを解説します。

男性は今後のキャリア設計をしてからアパレルに転職を

男性がアパレル業界へ転職するときは、一家の大黒柱となり妻や子供たちを養っていくことも踏まえ、長い目で見たキャリア設計が必要です。
男性は職場で昇進を目指してキャリアアップしていくのが一般的ですが、アパレルの場合は、職種によって職場内でのキャリアアップが簡単ではないのも事実。
キャリアの道筋が見えずに他業界に移ってしまう男性も多いので、よく考えておくことが大切です。

店長、マネージャークラスになる

男性がアパレル業界に転職してまず目指すべきは店舗出身の管理職。
販売員として入社し、店長、エリアマネージャーへとステップアップしていくキャリアです。
店長やマネージャーになると、会議や展示会出席、スタッフのシフトや採用といった経営や管理に関わる仕事が増えてきます。
1日中店頭に立つ機会が減るため、年齢を重ねても仕事が続けやすいのがメリット。
マネジメントスキルを磨けるため、他業界への転職に備えることも可能です。

生産管理や企画職、バイヤーへの道筋を立てる

アパレル業界の中でも、店頭での販売に至る前の業務を担当する仕事があります。
マーケットリサーチやデザイン、イベントなどを企画する企画職、商品までの一連の生産業務を担う生産管理職など。
論理的思考や提案力、数字への感度を磨いて経営視点になれるため、男性が社内でキャリアアップできる可能性も高いです。
枠が少なく倍率は高いですが、人気のバイヤーを狙うのも1つ。
いずれの職種も幅広い能力が必要でスキルアップに天井がなく、年齢関係なく続けやすいのが魅力です。

アパレル営業なら今後業界変更も可能

自社ブランドを売り込んだり、ブランドと販売店、製造工場との架け橋となったりと幅広く活動するのがアパレル営業職。
豊富なアパレル知識と高いコミュニケーション能力、提案力が求められ、企業の顔となって最前線で戦う重要ポジションです。
アパレル営業はどの職種においても重要なコミュニケーションスキルが磨け、社内に直接利益をもたらせる職種なので、「つぶしが効く」のがメリット。
男性が業界内で他職種にキャリアチェンジする、他業界に営業として転職するといったことも可能になります。

バックオフィス系で管理職も狙う

経理、総務、人事など、アパレル業界で働く人を支えるのがバックオフィス系の事務職。
男性事務職の場合は管理部門で管理職になるルートがあり、社内でキャリアアップしやすいのがメリットです。
現場最前線の職種と比べると体力的な負荷が少なく、長く続けやすいのも見逃せないポイントです。

販売職でやっていくなら売上トップになる

お客様と直接話ができる販売員の仕事が、とにかく好きという方も多いでしょう。
立ち仕事で体力的な負担が大きいことと、ブランドをアピールするモデルとしての役割もあるため、年齢を重ねると続けるのが難しくなるのも事実。
男性が販売員を長く続けたいなら、幅広い年齢層をターゲットとしたブランドで販売員をするか、売上トップを目指しましょう。
売上トップの販売員なら企業も手放したくないため、シフトなど希望の働き方への融通がききやすくなります。

男性がアパレル業界に転職するときの注意事項

男性がアパレル業界に転職するときは気をつけたいポイントがあります。
ファッションが好きで転職する人が多いですが、それだけでは転職してから後悔する可能性も。
ここでは、男性のアパレル転職における注意点を解説します。

女性アパレルより求人少なめだけど諦めない

全体的なニーズを見れば、ファッションへの興味層は女性が多いため、男性アパレル自体は女性アパレルに比べて少ない傾向にあります。
ただ、男性向けアパレルでの募集はもちろんありますし、女性向けアパレルで働く男性社員は多数います。
男性向けアパレルや職種にこだわり過ぎず、視野を広く持って諦めずに活動することも大切でしょう。

30代以降は経験が問われる

30代を過ぎてアパレル業界への転職を考えている場合、いずれの職種でも経験が問われることが多くなります。
販売員や生産管理など、未経験からの転職組が比較的多い職種においても、30代以降は経験を活かすことが必須。
アパレル業界経験がなくても、類似の業務経験がないと難しいと思っておきましょう。

簡単な仕事ではないと覚悟も必要

アパレル業界の仕事は柔軟な発想力やセンス重視のため、「なんとなく自分でもできそう。」「頭を使わない仕事」というイメージを持つ人がいます。
しかし、アパレル業界における目的は商品を売り上げることなので非常にシビア。
市場調査や綿密な計算がおこなわれ、頭を非常に使うビジネスでもあります。
決して簡単な仕事ではないという覚悟は持っておきましょう。

年収ダウンは許容して

近年のアパレル業界はファストファションブランドの台頭や消費者の志向変化などにより、業界全体としては厳しい状況にあります。
どの職種も高収入とはいかず、他業界に比べても相場はやや低め。
他業界からアパレル業界に転職する場合は、経験を活かしても年収がダウンする可能性があります。

男性がアパレル正社員転職で収入増を目指すには

他業界からの転職組では年収がダウンする人も多いアパレル業界ですが、アパレル業界に転職して収入増を目指す手段はないのでしょうか。
ここでは、男性がアパレル転職で収入増を目指す方法を紹介します。

アパレルは業界内でのキャリアアップが可能

アパレル業界は、業界内でキャリアアップすることが基本なので、転職も頻繁におこなわれています。
他業界に比べると転職回数が不利になる可能性は低いでしょう。
業界内で転職することのメリットは、何といっても経験やスキルを活かせること。
即戦力が基本の転職市場において、経験を活かして年収増を目指すのは王道パターンと言えます。

専門性をアピールできる資格を取得する

男性向けアパレルで販売員をする方は、専門性をアピールできる資格を取得して転職するのがおすすめです。
男性向けアパレルの顧客は、女性に比べて、流行よりも機能性や素材を重視する傾向に。
商品知識や製造工程の細かいこだわりが男性顧客の心をくすぐりやすいため、専門的な知識が豊富な人が好まれます。
販売士などの定番資格や、靴に特化したシューフィッターなど、専門知識が学べる資格があれば、評価されて年収が高い企業に転職できる可能性が高まります。

外資系のラグジュアリーブランドは年収相場高め

外資系のラグジュアリーブランドに転職するのも年収アップの方法です。
外資系は比較的年収相場が高めですし、ラグジュアリーブランドは流行に左右されにくい側面もあり一定のニーズがあります。
豊富なアパレル知識以外にも、立ち居振る舞いや語学力など、求められるものは高いと言えますが、挑戦する価値はあるでしょう。

アパレル特化型の転職エージェントで探す

男性がアパレル業界に転職するときは、アパレル特化型の転職エージェントを利用しましょう。
一般の求人媒体に比べて断然求人数が多く、アパレル業界に詳しいコンサルタントのサポートを受けられるのが魅力です。
書類の書き方から面接対策、企業情報の提供まで徹底的にバックアップしてくれるため、転職成功確率が高まります。

男性がアパレル業界に転職するならコツが必要

男性がアパレル業界に転職するには、女性の転職とは異なるコツが必要です。
男性は正社員として長く働き続けることが大前提ですし、現実的な年収も気になるところ。
将来的なキャリア設計をし、転職における注意点も理解したうえで転職活動をおこないましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください