【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

アパレル事務への転職で求められる資質と転職成功のコツ。人気だから早めの活動が大切!

圧倒的な女性人気を誇るアパレル事務。ファッションが好きで事務職への転職を希望している方にとっては、まさにうってつけの仕事と言えるでしょう。
アパレル事務は人気職なので、転職前に具体的な仕事内容を把握したうえで、効果的なアピールをおこなう必要がありますよ。
ここでは、アパレル事務に求められる資質、アパレル事務への転職を成功させるコツを紹介します。

アパレル事務ってどんな仕事?具体的な仕事内容をチェック!

アパレル事務の仕事は企業によって任される範囲に大きな違いがあります。
アパレル事務への転職を希望される方は、実際にどんな仕事をするのかを事前に確認しておきましょう。
ここでは、アパレル事務の仕事内容を紹介します。

ECサイトの運営サポート

近年のアパレル業界ではECサイトの運営が活性化しています。
ECサイトがあれば、大手のように集客できる場所に店舗が出せない中小企業でも、自社商品を多くの人に見てもらい、インターネットで手軽に購入してもらえますよね。
アパレル事務ではECサイトの運営の一環として、受発注手続き、消費者からの問い合わせ対応、自社ブログの更新などさまざまなサポートをします。

生産依頼、生産管理

商品を作る工場に対し、納期の設定、品質や原価はどうするかといった指示をおこないます。

消費者のニーズを直に触れ合う営業や企画職と、製造部である工場との間に入って調整するのもアパレル事務の仕事。
具体的には、商品の発注書、仕様書の作成、電話でのやり取りなどを担当し、製造ラインが効率的に動くために貢献します。

在庫管理、商品移動指示

アパレルでは同じブランドで複数店舗を持つことが多いですが、店舗ごとの売れ行きや在庫をチェックし、店舗間での在庫移動を指示するのもアパレル事務の仕事の1つ。
アパレル事務のところには各店舗からの販売員たちから、多店舗の在庫状況について問い合わせが入ります。
すべての店舗の在庫がチェックできるため「司令塔」的な役割を担うことになります。

経理、総務、人事など

販売員に営業企画、デザイナーなど、アパレル業界ではさまざまな職種の人が働いています。
自社で働く社員たちが安心して働けるための土台を作るのが経理、総務、人事などのバックオフィス系職種。
商品や売上げに直接関わる機会は少ないですが、自社商品を消費者に届けたいという目的は同じです。

商品企画事務

事務と言っても、裏方に徹するだけでなく、営業企画に近い業務を任される事務もあります。
市場調査や情報収集、新しい商品のコンセプトを考えてプレゼンをおこなうなど。
一般事務としてのスキルだけでなくマーケティング、提案力なども問われることになります。

アパレル事務に転職するには何が求められる?

企業の人事担当者はアパレル事務への転職希望者に対し、どんな点をチェックしているのでしょうか。
ここでは、アパレル事務が転職で求められる資質を紹介します。

アパレル事務は未経験でも転職できる?

まずは未経験でも転職可能かどうかについて。
アパレル事務の仕事は、専門的知識やスキルが不要なため、未経験でも応募可能な求人が比較的多く見られます。
ただし、アパレル業界や事務経験者の方が優遇されることは間違いありません。
未経験でも応募はできますが、転職までのハードルは高いと見ておきましょう。

ファッションへの興味、アンテナがあること

アパレル業界の中でも、事務職はファッションの最前線に立つわけではありません。
しかし、企業の方向性と他職種への理解といった点を考えると、事務職とはいえファッションへの興味が必須。
商品企画や生産依頼、消費者への対応をおこなうこともあるため、常にアンテナを張って世間の流行に敏感であることが求められます。

幅広い事務処理に対応できること

アパレル事務は1つの業務に特化しておこなうというより、細かい対応が複数発生する仕事です。
企業の方針によって求められる業務範囲も異なるため、幅広い事務処理ができる人が転職で求められます。
書類作成や入力などのパソコン業務や電話対応など一般的な事務作業はもちろん、企画書やプレゼンができるレベルの事務能力を求められることもあるでしょう。

ビジネスマナーと感じのいい対応

アパレル事務は他職種とのやり取りを通じて部門間の調整をおこなったり、消費者からの問い合わせやクレーム対応をおこなうこともあるため、コミュニケーション能力が高い人でないと転職が難しい仕事です。
転職面接ではビジネスマナーを身につけていることはもちろん、誰に対しても感じのいい対応ができるかどうかをチェックされています。

数字に強くて細かい作業ができること

受発注処理、売上や在庫管理など、数字を扱うことが多いのがアパレル事務の特徴。数字の間違いは小売業では致命的なので、ミスなく慎重に業務を遂行できる人が求められます。
入力作業1つとっても、桁の入力ミスで大きなトラブルになりがち。
細かい作業をコツコツおこなえるかどうかも重要です。

アパレル販売経験があると有利

アパレル事務への転職では、アパレル販売経験があるとアピールポイントになります。
アパレル事務は基本的に事務所で仕事をおこないますが、セールや繁忙期、急な欠員がでたときなどに店舗に駆り出されることも珍しくありません。
アパレルでの接客経験があれば安心して任せることができます。

アパレル事務の転職を成功させるコツ

アパレル事務への転職を成功させるには、どんな点を意識して準備すればいいのでしょうか。
ここでは、アパレル事務への転職を成功させるコツを紹介します。

「アパレル×事務」は大人気なので早めに動く

アパレル事務は、アパレル業界と事務職という2つの「女性人気」から成り立つ仕事です。女性が集まるアパレル業界であることに加え、もともと事務職への転職はどの業界でも大人気のため倍率が高い傾向に。
アパレル業界の転職では販売員の募集が圧倒的に多く、事務職の採用枠は少ないのが特徴なのです。
「アパレル×事務職」への転職はそう簡単ではないと思っておき、気になる求人があったら早めに転職に向けて動き出すことが必要でしょう。

パソコンの基礎スキルは必ず身につけておく

アパレル事務に転職したいのにパソコンが苦手という方は、今すぐパソコンの勉強を始めるべき。
特に前職が事務職でない方は、スキルレベルを証明するためMOS等の資格取得を目指すのも1つです。
アパレル事務の転職ではさほど高いパソコンスキルが求められるわけではありませんので、オフィス系ソフトの基本操作ができればいいでしょう。

販売員から入るのも1つ

アパレル事務の転職は求人自体が多くなく倍率も高めのため、タイミングが合わずになかなか転職できないことがあります。
その場合、店舗の販売員から入るのも1つの方法。
アパレル業界事情を学ぶことができ、求人がでて転職するときにアピールできます。
働きながら自社や他ブランドの事務求人をじっくり探すのも悪くありません。

志望動機は希望のアパレルブランドに合わせて書く

アパレル業界への転職でやりがちな失敗としては、志望動機を流用すること。
アパレルでは各社コンセプトが大きく異なるため、志望動機を他社への応募時に流用すると、一貫性がなく志望度が低いと判断されます。
たとえば、ファストブランドと高級ラグジュアリーブランドでは、求められる人材や企業方針が大きく異なるのは理解できるでしょう。
そこまでの差がなくても、各ブランドにはこだわりがあるというもの。
転職活動では、ブランドの特性に合った志望動機を考えなくてはなりません。

海外アパレルなら英語スキルを磨こう

外資系アパレル企業や、輸入商品を扱う企業への転職であれば、事務職にも語学力が求められます。
海外とのメールや電話でのやり取りには主に英語が使われる可能性もあるでしょう。
定型文を使うことも多いためネイティブレベルである必要はないものの、ある程度はビジネス英語力が求められまs。
TOEICなら少なくとも650~700点くらいは欲しいところです。

アパレル系に強い転職支援サービスを利用する

人気のアパレル事務の求人を探すには、ハローワークなどさまざまな業種を扱う求人媒体で転職活動すると非効率。
なかなか応募できる求人が見つからず、転職へのモチベーションを保つのが難しくなります。
利用すべきはアパレル系に特化した転職支援サービス。
アパレル業界での求人を主に扱っており、アパレル業界事情に詳しいキャリアコンサルタントから転職サポートを受けることができます。

アパレル事務への転職は早め&即戦力スキルで対応

アパレル事務は、女性が好きなファッションに関わることができ、幅広い業務を担当できるやりがいのある仕事。
特に女性人気が非常に高い職種なので、転職へは早めに動き出すことが必要です。
倍率が高くライバルが多いため、即戦力となるスキルを効果的にアピールできるかが成功の鍵。
自身のスキルを徹底的に整理し、アパレル事務として転職できるよう戦略を練っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください