今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

アパレル業界への転職における自己PR作成ポイントとアピールのコツを解説

アパレル業界への転職で重要な局面が自己PRの作成です。
自己PRは応募書類で必ず作成し、転職面接対策にも必要になるため、かなり重要度が高いと思っておきましょう。
アパレル転職における自己PRはどんな点を意識すればいいのか気になりますね。
ここでは、アパレル転職の自己PRについて、事前準備と履歴書記入時のポイント、未経験からアパレル転職を目指す場合の作成のコツを紹介します。

自己PRを考えるその前に。事前準備が重要!

アパレル転職における自己PR作成を始める前の事前準備として、自己PRへの理解と、効果的な自己PRをおこなうための材料集めをおこないましょう。
ここでは、アパレル転職における自己PRがどんなものなのか、自己PRには何が必要かを解説します。

転職における自己PRとは?

転職における自己PRは選考通過のポイントと言っていいくらいの重要項目で、アパレル業界への転職でも例外ではありません。
応募書類に必ず組み入れる必要がありますし、アパレルの転職面接においても「自己PRをしてください。」という指示がよくなされます。
まずは自己PRの重要性を理解し、企業の人事担当者の心に響く自己PR作成を心がけましょう。

志望動機と自己PRは区別して

自己PRと混同されがちな項目として、志望動機があります。
志望動機も同じく重要性が高い項目ですが、自己PRとは全く異なるものだと理解しているでしょうか。
志望動機はあくまでも自分目線での業界や企業への志望理由を語るものであるのに対し、自己PRで重要なのは「企業目線」であること。
「自分を採用するとこんなメリットがあります!」という点を、企業目線に立って述べることが自己PRです。
自己PRを求められているのに自分目線でつらつらと希望を述べると、「質問の意図がよく分からない人」と判断されますから気をつけましょう。

キャリアの棚卸で自分の武器を整理

企業にとっての採用メリットを述べる自己PRでは、自身の経験やスキルを明確にアピールする必要があります。
そのための準備として重要なのがキャリアの棚卸。
これまでの経験の中から、希望のアパレル企業に転職したときに役立て、貢献できそうなスキルを整理しておきましょう。
まずは、どんな細かい経験やスキルでもいいので紙に書き出してみるのがおすすめです。

応募先のブランドや商品、店舗の研究

キャリアの棚卸が済んだら、希望のアパレル企業で扱うブランドや商品、店舗の研究をおこないます。
企業HPやブランドサイトを軽く見るだけでなく、実際に商品を使ってみる、店舗を訪問して接客を受けてみるなどして、自分なりの研究をおこないましょう。
どれだけ高いスキルを持っていても、応募先にマッチしなくては転職では何の意味もないというもの。
深い企業研究はアパレル転職での自己PRにつながる欠かせない作業です。

企業が求める人物像を考える

企業研究をおこなったら、企業が求める人物像が段々と見えてきます。
どんな人が働いているのか、どんな成果を挙げているのかといった点も探っておくといいですよ。
企業が求める人物像が見えてきたら、自身の武器と照らし合わせてみましょう。
企業ニーズと自分が提供できる価値、これが合致した状態で応募することで、転職成功確率を大幅にアップさせることができるのです。

アパレル転職で履歴書に記入する際の自己PRのポイントを解説

アパレル転職で履歴書に自己PRを記入する際には、どんな点を意識すればいいのでしょうか。
ここでは、アパレル転職における自己PR作成のポイントを解説します。

数字を交えて具体的に実績を伝える

アパレル業界はどの職種も売上につなげるという共通ミッションがありますから、過去の実績から、「売る力がある」点をアピールすべき。
ポイントは、数字を交えてできるだけ具体的に実績を伝えることです。
「前職では売上トップでした。」と書いてあってもそのレベルが分かりにくいので、「前職では月間〇万円の売上があり、全国〇人の販売員の中でベスト3に入りました。」など、客観的に見て分かるようにしましょう。

数字で示せない場合はエピソードが必要

売上や契約件数など分かりやすく数値化できない職種の場合は、成果をアピールできるエピソードがあるといいでしょう。
お客様からのお礼メールが届いて上司から褒められた、自分がデザインした商品が雑誌で大きく取り上げられたなど。
「大きな実績なんてない。」と思う方でも、消費者や周囲からいい反応をもらった、感謝されたといったエピソードはあるのではないでしょうか。

仕事へ取り組む姿勢や考え方が見られる

アパレル業界は職種に限らず体力が必要で裏方作業も多いため、離職率が高いとも言われています。
仕事に対してどんな価値観を持っているかによって、辛くて大変な場面でも乗り越えられるかが変わってくるでしょう。
自己PRでは、これまでどんな風に仕事に取り組んできたのか、仕事に対してどんな思いを持っているのかなどもチェックされています。

実績自慢ではなく「どんな貢献ができるのか」

アパレル転職の自己PRでは、自身の実績をアピールすることが大切ですが、それは必ず応募先企業に活かせるものである必要があります。
実績自慢をしても「すごいね。」で終わってしまうので、「私にはこんな実績があり、だから〇〇の点で御社に貢献できます。」という視点を忘れないことが重要ですよ。

応募企業ごとに自己PRを変えること

自己PRは自身の実績を元に企業貢献をアピールする項目なので、当然ながら、応募先企業ごとに自己PR内容が変わってきます。
アパレル業界への転職を考える方は、複数のアパレル企業を受けるでしょうが、どの企業でも使える自己PRでは人事担当者の心に響くことがありません。
面倒だと思っても企業ごとにしっかり作成し、その企業ならではの自己PRをしましょう。

アパレル業界未経験の場合の自己PRはどうする?

アパレル業界は未経験からの転職組が比較的多い業界。
未経験での転職を考えている方もいるでしょう。
アパレル業界未経験の場合の自己PRはどんな点を気をつければいいのでしょうか。
ここでは、未経験でアパレル業界に転職する際の自己PR作成ポイントを解説します。

過去の経験から活かせるスキルを見つけだそう

アパレル業界未経験だと、貢献できるスキルがないと思いますよね。
転職組は、たとえ未経験であっても過去の経験を活かすのが基本。
キャリアの棚卸を徹底的におこない、転職してから活かせるスキルを探しましょう。
過去の業務の中で類似経験があれば積極的にアピールすべきなので、応募先企業で予定されている業務と自身の経歴の中での共通点を見つけることが大切です。

接客、営業経験があれば伝えること

アパレル業界への転職において、接客や営業経験は優遇されやすい経験の1つ。
アパレル業界では職種問わずコミュニケーションスキルが求められますし、販売員やサポート事務、営業などは接遇スキルも必要です。
アパレル業界未経験でも、接客、営業経験があるとコミュニケーション能力に期待できるため、転職成功確率が高まるでしょう。

仕事に活かすために今やっている努力を見せる

アパレル業界未経験の場合でも、新卒と違ってポテンシャル採用というわけにはいきません。
アパレル業界に転職するために今何をやっているのか、努力している点はあるのかという点はしっかり書いておくべき。
経験者とは基礎力に違いがあって当然ですが、補うための努力をしているかによって、転職意欲の高さを評価されることがあります。

アパレル未経験の自己PRの例文

前職では飲食店で接客業をしており、お客様目線での接客をいつも心がけていました。
具体的には、お客様の動きや視線をよく見て求めているサービスを考える、日誌で1日の振り返りをして次の接客に活かすことを繰り返しました。
結果的に、お客様から名前を覚えていただき、私のファンだと言ってくださる方もできました。
アパレル業界は未経験ですが、〇〇誌を定期的に読み、実店舗訪問や販売士資格の勉強もおこなっています。
販売員として自分のファンを増やし、売上に貢献することを目指したいと思います。

アパレル転職の自己PRは「企業目線」が重要!

アパレル業界への転職で自己PRを作成するときは、過去の実績や経験の中から活かせる武器を見つけ、企業目線での貢献を考えることが大切です。
効果的な自己PRが作成できるよう、事前準備の徹底と企業目線を忘れないことを意識してください。人
事担当者の心に響く自己PRが書ければ、転職成功確率がぐっと高まるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください