【今年最後】楽天カード✨7000ポイント入会特典✨

転職エージェントの断り方とは?場面別に適切な断り方を解説

転職する人が珍しくない今日この頃。転職エージェントを利用したことある人、少なくないと思います。ただし、転職する際のトラブルも少なくありません。「え、、紹介されたやつなんか思ってたのと違う」と感じても、せっかく探し出してきてくれた転職エージェントに対して申し訳ない気持ちからなかなか断れず、連絡を無視したり、面接をドタキャンすることにつながってしまう…。なんてことが実際に起こっています。

今回はそんなことが起こらないよう、トラブルを極力回避するための断り方を教えたいと思います!早速みていきましょう!

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、企業と転職希望者を仲介する業者のことです。いわば人材紹介サービスのひとつです。転職エージェントに登録をすると完全無料で転職相談にのってくれます。

企業の求人紹介から面接のセッティング、給与交渉に至るまで、企業と転職希望者の橋渡しのお手伝いを幅広く行っています。転職希望者の希望を聞き、その人にあった転職先を提案してくれるのが魅力です。

一般職業紹介状況(平成30年6月分)から分かるように、前提として転職市場は好況にあります。人材派遣である転職エージェントの活躍の場も拡大しているのです。

転職エージェントの断り方とは?断り方の流れと手順

転職エージェントに断る状況は、以下のような状況があります。

  • 転職エージェントサービスそのものをもう退会したいとき
  • 案件紹介メールや紹介案件にも関心度がないとき
  • 書類選考にクリアした企業の一次面接を辞めたいとき
  • 二次・最終面接の参加をやめたい
  • 内定をキャンセルする場合
  • 内定を受諾したが、入社をやめたいとき

転職エージェントのサービス自体を辞退ときの断り方とは?

転職エージェントそのものを退会したい場合、メールを送るか、ボタン一つで退会できる場合もあります。

転職エージェントに1次面接を断る場合とは?

応募することを決めた後に1次面接に行かない選択は、勧められません。どのような転職エージェントでも、1次面接は受けるように言うと思います。書類を出した時点で意思表示をしているためです。エージェントに相当な迷惑をかけ、今後のサポートがなくなることも覚悟しなくてはなりません。

転職エージェントに2次面接を断る場合とは?

2次面接を断りたい場合、多少のハードルは下がります。しっかりと理由を添えて断れば納得してくれるでしょう。内定を断ることは、転職市場では普通に行われており、問題はないとされます。ただし、内定確定後の入社お断りは、エージェントに相当な手間をかけることになります。

転職エージェントの求人案件の断り方とは?

「この案件は違う」と感じたらなるべく早く断りましょう。

「この人、面談のときすごい真摯に私の話聞いてくれたしな…」という考えは不要です。転職エージェントは企業側と求職者側がウィンウィンになるための仲介役。

ここで妥協するのは本末転倒です。たとえ担当者さんがすごい良い人だったとしても、断るのも優しさですし、人のことより自分のこれからを心配しましょう。

また断る理由は明確に断りましょう。

はっきり「〇〇という理由で嫌だった」ということを伝えると、その後紹介する案件は嫌だった条件もフィルター要素に加わり、さらに自分が希望する業種に近い案件に近づくはずです。

転職エージェントの求人案件を提示された時のうまい断り方とは?

ここで「ちょっと違うな…」と感じた紹介案件をひらりと断れる断り方を紹介します!

転職エージェントに断る前に少し間をあけるとは?

ビジネスにおいてクイックレスポンスをする方は好感が持てますし、大切です。しかし、こういう場合は熟考したうえでの断りの連絡感を出すために、最低1日ほど間をおいてください。何日も空けると、無視されてると感じるので、1~2日置くのがベストです。

転職エージェントに対してまくら言葉を入れるとは?

ただ単に断りの連絡を入れるよりも、「お忙しいなか探していただいて大変申し訳ないのですが…」など、思ってないとしても文面だけでも申し訳ない感を必ず出してください。

このクッション言葉があるかないかで断ったときの相手の心証はかなり違います。

友達を使うとは?

よく使われる手段ですが、友達を使うのも手です。

担当者に紹介先の企業にあまり気が合わない友達がいることを伝えましょう。

また、紹介された先に友人がいて、その友達からよくない話をきいたと話すのも手です。

転職エージェントに感謝を伝えるとは?

断る際に探してくれたことへの感謝の気持ちを書きましょう。

これからの転職エージェントとの関係において大切です。

転職エージェントが紹介した採用の断り方とは?

入社承諾書は「もろもろの過程を経て、あなたの会社に入社することを決めました」という書類です。

法律的に拘束力があるわけではないですが、ほんとの最終段階に書くものですので、当然に転職エージェントと紹介された企業先にも大変な迷惑がかかります。

気をつけましょう。

転職エージェントが紹介した内定の断り方とは?

内定辞退の際は担当者にも配慮をする必要があります。

転職エージェントを介している場合、紹介先に直接連絡を入れると、相手先と転職エージェントとで認識の溝が生まれます。

つまり、実際は交渉が不成立になっいるのに、転職エージェントは交渉が成立したと思っている状態になりかねません。

必ず、転職エージェントに連絡をいれましょう。

内定通知が出た後のうまい断り方

ではここで「ちょっと違うな…」と感じた内定をひらりと断れる断り方を紹介します!

転職エージェントに対して条件の不満を述べるとは?

「契約社員での採用」「年収が想像より低いこと」など、条件面での不満をあげましょう。

自分が希望していた会社と違うことを伝えましょう。

転職エージェントに対してプライベートを理由に断るとは?

プライベート、特に家族を持ち出すのはとても効力が強いです。

家族は財産ですからね。

転職エージェントへの断り方とは?まとめ

いくら人柄がいい転職エージェントの方でもしっかりと断りましょう。

中には、強引な転職エージェントの方もいますが、しっかり明確にきっぱりと自分の希望とは合わないことを伝えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください