【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

エネルギー業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

第二新卒でエネルギー業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文までを紹介します。
エネルギー業界への転職の際に第二新卒が知るべきこと、エネルギー業界に転職するおすすめの時期についても触れています。
「第二新卒」や「エネルギー業界」という条件での転職活動のポイントを押さえて、効率的に内定をゲットしましょう!

エネルギー業界に転職したい第二新卒のための基礎知識

エネルギー業界に転職したいと考える第二新卒の人のための基礎知識を紹介します。
社会経験の浅い若手の第二新卒は、エネルギー業界を見る視野もそんなに広くはない可能性があります。
エネルギー業界も好条件やイメージに引っぱられる転職だと成功は得られにくくなるでしょう。
意外にポジティブな要素もあるので、楽しみに読み進めてみてください。

エネルギー業界の幅広い種類

エネルギー業界と一言でいっても、その種類は幅広く存在しています。
希望するエネルギー業界の企業を含めて、エネルギー業界の種類をいくつ挙げられますか?
電力会社、ガス会社、石油会社など大きく3業種あります。
また、電力をつくるための原子力発電所や風力発電所、原油タンカーなどの船で運ばれてくる原油を石油製造所にて、ガソリンやLPガスなどをつくる会社などもエネルギー業界関連企業として含まれることもあります。
第二新卒で転職する人は、ひとつひとつを確認していくと転職先の射程範囲を広げることにもつながるでしょう。

種類ごとの職種はさらに幅が広がる

幅広く存在しているエネルギー業界の種類ですが、そのひとつひとつの中にもあらゆる職種が存在します。
転職サイトなどでは、職種を条件にして検索すると、複数の種類がヒットすることも多いです。
例えば、エネルギー業界の中で一般的なガスや電気会社ひとつをとっても、通常、私たちが活用しているメーターなどの点検や修理等にきてくれるサービス業務の方や、引越し時のガス栓開閉などの立会い業務があります。
また、家庭や企業に対しての利用のメリットやおすすめの設備の提案、顧客からのさまざまな問い合わせに答える営業業務、安定供給のための支援、ガスを通すためのガス管設計などさまざまと言えます。
電力会社であれば、電柱や電線などの設備支援や修理、メンテナンスなどの業務など多く存在しています。
第二新卒でエネルギー業界に転職する際には、こうした職種による特徴も理解しておくといいでしょう。

電力自由化・都市ガス自由化による再編

不景気の中にあっても安定的な収益基盤を持つ優良企業扱いを受けるエネルー業界ですが、2016年4月からは電力小売りの全面自由化がスタートしています。
大手電力会社だけでなく、原則として誰もが発電事業者や小売電気事業者として電力販売を行えるようになりました。さらに、2017年4月には都市ガス自由化が始まっています。
電力自由化により、携帯電話会社やガス会社、総合商社など多種多様の会社が小売電気事業者として参入し、携帯電話とガスのセット割引やポイントサービスなど、多彩な暮らし方に合わせた多様なサービスが登場しています。
また、2020年4月には大手電力会社の発電部門と送配電部門を分ける「発送電分離」も決定していることにより、東京電力などでは燃料・火力発電部門、送配電部門、小売部門をそれぞれ2016年4月に分社化している流れもあります。
こうした日本の電力自由化・都市ガス自由化による再編も頭に入れて、第二新卒でエネルギー業界に転職する転職先の射程範囲を広げるといいでしょう。

大手関連や他の業務を含めた企業での第二新卒の採用枠

ガス・電気大手企業では、新卒入社が通例ですが、時々、第二新卒の場合、卒業後、入職しない3年未満以内であれば応募対象に入ることもあります。
大手企業での第二新卒募集などの途中採用枠の機会はほとんどありませんが、関連会社やグループ、他の業務を含めた企業の第二新卒なの求人は多くなってきています。
第二新卒の転職者の場合、社会人経験があることで、調和が取れ、順応力があることがエネルギー業界の企業のメリットとなるのです。

第二新卒でエネルギー業界に転職するために必要なこと

第二新卒でエネルギー業界に転職するためには、どんなことが必要になるでしょう。
上記で紹介したように、エネルギー業界には多くの種類と職種が存在していることや、第二新卒者のメリットをうまく生かして成功転職につなげましょう。

企業で求められる適性を知る

第二新卒での転職では、企業が求めている適性を調べてみましょう。
企業、職種、求人内容ごとに異なってくるはずです。
第二新卒でエネルギー業界に転職したい!と漠然と考えている人は、職種ごとの確認をしてみると、自分にフィットする職種の幅が広がるかもしれません。

資格よりも素直さ、調和性をアピール

エネルギー業界の企業にとって第二新卒の転職者を採用するメリットは社会経験があることです。
通常、営業などから順を追って経験していくため、入社してすぐにガスや電気関連のスキルを身につけたい人には向いておらず、こつこつとやれる素直な人が適しているともいえます。
つまり、個人プレーよりも、強調しチームで成果を出すような仕事が多いと言えます。
離職率が少ない業界のため、電力会社であれば第2種電気主任技術者の資格や、ガス会社であれば、ガスの設備工事を行う液化石油ガス設備士、両種ガス主任技術士、ガスの販売を行う第2種販売主任者などがありますがこういった資格を所有しているだけでは転職がうまくいかない可能性が多々ある業界と言えます。
手垢のついてない新卒を求められる業界ですので、素直さが1番と言えます。第二新卒者は転職活動に入る前に、それまでの経験値の中で、どのような心で取り組んできたのかをしっかり言えるように整理しておきましょう。

第二新卒でエネルギー業界を狙う転職活動のポイント

エネルギー業界への転職を目指す第二新卒者の転職活動のポイントを紹介していきます。
適切な転職活動のステップを踏むことで、リスクを最小限にしていくことが大切です。
転職活動でのポイントを押さえて、第二新卒の自分にピッタリの転職先を見つけましょう。

詳しい人の意見を必ず聞く

第二新卒でエネルギー業界に転職したいと思うとき、その会社の雰囲気などの理解は知っておいたほうがいいと言えますし、仕事内容もある程度は理解できていたほうが安心と言えます。
第二新卒者でエネルギー業界の経験がある人でも、転職時にしっかり理解できているかどうかわかりません。
業界や職種にできるだけ詳しい人の意見やアドバイスを聞いておかれることをお勧めします。

業界経験者の先輩

業界や職種に就いている先輩や知り合いの方に聞いてみましょう。
毎日の仕事の流れや、エネルギー業界で働くことで感じていることを聞くととても参考になるはずです。
たとえば、石油業界であれば、開発、調達、配船、国際販売などの部門では海外企業の人と接する機会は多くなり、英語などが必要なるのか?海外赴任などもあるのか?などです。将来のキャリアステップの参考になるでしょう。
特定の職種については、その職種の役割や重要点まで聞き出せるといいですね。

業界に詳しいキャリアアドバイザーに相談

エネルギー業界に精通している転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談するのも一つの方法です。
キャリアアドバイザーであれば、エネルギー業界の動向などもリアルタイムで把握していることが多いです。
エネルギー業界のことだけでなく、第二新卒者が転職について考えることにも有効なアドバイスがもらえるはずです。

転職エージェントを有効活用

エネルギー業界に転職したい第二新卒者の人は、 転職活動では、転職エージェントに登録されることをお勧めします。
是非、 第二新卒やエネルギー業界に強い転職エージェントを見つけてみてください。
2つか3つ、複数の転職エージェントに登録して、求人を比較検討できるといいですね。

視野にない自分に合う可能性のある求人に出会える

第二新卒者が知っているエネルギー業界っていうのは意外に狭い範囲かもしれません。
そのため転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談しながら転職活動を進めていくことで、 第二新卒の視野にはなかった職種などの求人案件に出会える確率が高まるでしょう。
経験やスキル、第二新卒の転職者としての希望などを考慮して「こういうのもありますよ」という提案をもらえるかもしれません。

非公開求人を紹介してもらえる可能性

ほとんどの転職エージェントが、独自の非公開求人を持っています。
非公開求人は、 自分では探すことが不可能です。
もし、紹介してもらえた場合、 第二新卒の希望やスキルにより近いものである可能性が高いです。
転職エージェントはマッチした条件の案件しか紹介しないからです。
もちろん、紹介してもらった後の検討は必要ですが、自分で求人を探すだけよりも転職活動が効率的になるでしょう。

第二新卒がエネルギー業界に転職するのにおすすめな時期

第二新卒がエネルギー業界に転職する際には、エネルギー業界の採用活動のタイミングについても知っておくと役に立ちます。
すべての企業が一致するわけではないので詳細の確認は必要ですが、目指す企業がまだ決まっていない第二新卒の人は参考にしてみてください。

4月の転職はサポートがしっかり

第二新卒で大卒後、入職経験がない3年未満であれば、エネルギー業界が未経験でも受け入れられる求人案件はあります。
エネルギー業界が未経験の人は、4月の入社を目指した転職活動がおすすめです。
4月であれば、同じく未経験の新卒の社員と同時期に入社することが多いでしょう。
そのため、しっかりした研修や教育を一緒に受けられる可能性が高いのです。

9月10月は転職が多い時期

一年の中でも、9月10月は最も転職市場が活発になる時期ともいわれています。
エネルギー業界の大手企業ではありませんが、その関連企業では第二新卒者を対象にした求人案件も増えることが予想されます。
6月のボーナスをもらってから転職活動に入る人がいたり、3月決算の企業にとっては下半期の戦略に対して人員体制を再度整える時期でもあるからです。
全体的に、転職活動をするライバルが増える時期でもあります。
社会経験のある第二新卒の強みを活かして、エネルギー業界への転職を成功する確率を高めましょう。

冬のボーナス後も転職が増えるので狙い目

エネルギー業界では、6月と12月にボーナスが支払われる企業も多いです。
12月のボーナス後の次期も、転職者が増える傾向にあるようです。
第二新卒にとっても転職時期として狙い目といえるでしょう。

第二新卒がエネルギー業界に転職する際の志望動機の例文

第二新卒がエネルギー業界に転職する際の志望動機は、企業に合わせることが鉄則です!
ただ、第二新卒の状況によっても志望動機の内容が変わってくると思います。
エネルギー業界経験者、職種未経験者、エネルギー業界がまったく未経験という状況における志望動機の例文を紹介します。

エネルギー業界からエネルギー業界に転職する際の志望動機

前職では、主に営業部門にて各家庭へのサービスを行っておりました。貴社の将来にわたって質のいいガスを安定供給するために、海外からシェールガス輸入や海外のガス田開発へ協力事業を行う部門を有しているなど、日本におけるガス業界のリーディングカンパニーグループとして革新的だと思っております。
私は地域に貢献できる社会貢献の高い企業でもっと自分の○○という資格を活かして、さらにガスの研究を深めていきたいと思い、応募させていただきました。

エネルギー業界の異なる職種のエネルギー業界に転職する際の志望動機

前職ではサービスステーションでの窓口業務の仕事で経験を積んできました。お客様と接するうちに、人の暮らしを快適にする製品に関わることを具体的にもっと深くやりたいと思うようになりました。ガス機器を提案していく中で、修理やもっといいものの開発など、直接製品づくりにいかせる部署にいきたくなりました。よろしくお願いいたします。

異業種からエネルギー業界に転職する際の志望動機

前職では、主に店舗にてお客様への接客を行っておりました。お客様と触れるたびに社会貢献の高い企業で働きたいと常々考えるようになり、人々の生活に欠かせない電気を供給している業界へ行きたいと思うようになりました。とくに貴社の全電力のなかでも先駆けて○○というものは、各家庭のことを考えている素晴らしいものだと思っています。
お客様との接客基本は心得ておりますが、特長の違いをよく学び、必要な力を磨いて貢献につなげていきたいと思っています。

第二新卒のエネルギー業界への転職は未経験でも成功できる!

エネルギー業界は、離職率が低く、本社でなければ残業が比較的少ない安定企業としての魅力があります。
エネルギー業界では、大手の関連会社やグループであれば第二新卒、もしくは未経験者でもOKという求人があることをお伝えしてきました。
この場合、4月に向けての入社などは教育体制が整っていることも多く、安心して仕事を覚えていけるでしょう。
一方で、そのせっかくの学びが「適性がない」「思っていた仕事と違う」となるのを避けるためにも、第二新卒者は、転職活動での情報収集、転職エージェントなどを活用してしっかり理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください