【9月24日迄!!】楽天カードの7,000ポイント特典✨

音楽業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

第二新卒で音楽業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文までを紹介します。
音楽業界への転職の際に第二新卒が知るべきこと、音楽業界に転職するおすすめの時期についても触れています。
「第二新卒」や「音楽業界」という条件での転職活動のポイントを押さえて、効率的に内定をゲットしましょう!

音楽業界に転職したい第二新卒のための基礎知識

音楽業界に転職したいと考える第二新卒の人のための基礎知識を紹介します。
社会経験の浅い若手の第二新卒は、音楽業界を見る視野もそんなに広くはない可能性があります。
音楽業界も好条件や憧れだけのイメージに引っぱられる転職だと成功は得られにくくなるでしょう。
意外にポジティブな要素もあるので、楽しみに読み進めてみてください。

音楽業界の幅広い種類

音楽業界は、アーティストと一緒に形のないものを生み出していく、夢にあふれる仕事と言えます。

その種類は大きく分けてレコード会社、プロダクション会社が存在していますが、希望する音楽業界の企業を含めて、たくさん存在しています。
第二新卒で転職する人は、ひとつひとつを確認していくと転職先の射程範囲を広げることにもつながるでしょう。

種類ごとの職種はさらに幅が広がる

多くの音楽関連企業が存在している中で、そのひとつひとつの中にもあらゆる職種が存在します。
コンサートやイベントの企画制作宣伝を行うコンサート・プロモーター(イベンター)や、コンサートのステージ制作や、ライヴの進行を統括する舞台制作の中にも、照明や音響を仕切るPA、テクニシャン、トランポなどがあります。
こうしたイベントを支える仕事である警備員や、レコーディング・エンジニア、マスタリング・エンジニア、作詞家や作曲家、アレンジャー、プロデューサーなどもあります。

アーティストを彩るヘアメイクやスタイリスト、デザイナーや広報関係の雑誌編集やカメラマンなども含まれます。

転職サイトなどでは、こうした職種を条件にして検索すると、複数の種類がヒットすることも多いと言えますので、第二新卒で音楽業界に転職する際には、職種の特徴も理解しておきましょう。

専門的スキルが必要になる職種

音楽業界でも、通常、エンジニア、照明、楽器テクニシャン、カメラマン、ヘアメイク、デザイナーなどは、専門的な技術が必要になる職種であると言えます。
このような職種は基本的な知識がしっかりしていないと仕事はできないので、まず専門の学校に行って勉強するか、プロとして仕事をしている人のアシスタントになるなど、基礎的なスキルが必要になります。

第二新卒で音楽業界に転職することで、そういう職種については事前にしっかり調べましょう。

専門的スキルがない未経験でもOKの職種

音楽業界を希望される場合でも、プロダクション、レコード会社、コンサート・プロモーター、新聞雑誌編集、ライター、ファンクラブ・スタッフ、テレビラジオ局、CM制作、広告代理店などは、最初から専門的な技術がない未経験などでもつける職種でもあります。
もちろん経験や知識はあった方が採用されやすいのは当たり前のことです。

しかしながら、第二新卒の転職者の場合、社会人経験があることや、順応力があること、自発的に動いていけることなどが音楽業界の企業のメリットとなると言えるでしょう。

第二新卒で音楽業界に転職するために必要なこと

第二新卒で音楽業界に転職するためには、どんなことが必要になるでしょう。
上記で紹介したように、音楽業界には多くの種類と職種が存在していることや、第二新卒者のメリットをうまく生かして成功転職につなげましょう。

企業で求められる適性を知る

第二新卒での転職では、企業が求めている適性を調べてみましょう。
企業、職種、求人内容ごとに異なってくるはずです。
第二新卒で音楽業界に転職したい!と漠然と考えている人は、職種ごとの確認をしてみると、自分にフィットする職種の幅が広がるかもしれません。

活かせる経験やスキル、強みをアピール

音楽業界の企業にとって第二新卒の転職者を採用するメリットは社会経験があることです。
前職が音楽業界であっても、音楽業界ではなかったとしても、 それまでの経験やスキルをしっかりと棚卸ししアピールにつなげることが有効です。
社会経験の中で新卒のときに比べて自分の強みに関する認識も変わってきているかもしれません。
第二新卒者は転職活動に入る前に、これらの点をしっかり準備しておくようにしてください。

第二新卒で音楽業界を狙う転職活動のポイント

音楽業界への転職を目指す第二新卒者の転職活動のポイントを紹介していきます。
適切な転職活動のステップを踏むことで、リスクを最小限にしていくことが大切です。
転職活動でのポイントを押さえて、第二新卒の自分にピッタリの転職先を見つけましょう。

情報不足は危ない!詳しい人の意見を必ず聞く

第二新卒で音楽業界に転職したいと思うとき、仕事についての理解は欠かすことができません。
第二新卒者で音楽業界の経験がある人でも、転職時にしっかり理解できているかどうかわかりません。
業界や職種にできるだけ詳しい人の意見やアドバイスを聞いておかれることをお勧めします。

業界経験者の先輩

業界や職種に就いている先輩や知り合い方に聞いてみましょう。
毎日の仕事の流れや、音楽業界で働くことで感じていることを聞くと参考になるはずです。
特定の職種については、その職種の役割や重要点まで聞き出せるといいですね。

業界に詳しいキャリアアドバイザーに相談

音楽業界に精通している転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談するのも一つの方法です。
キャリアアドバイザーであれば、音楽業界の動向などもリアルタイムで把握していることが多いです。
音楽業界のことだけでなく、第二新卒者が転職について考えることにも有効なアドバイスがもらえるはずです。

転職エージェントを有効活用

音楽業界に転職したい第二新卒者の人は、 転職活動では、転職エージェントに登録されることをお勧めします。
是非、 第二新卒や音楽業界に強い転職エージェントを見つけてみてください。
2つか3つ、複数の転職エージェントに登録して、求人を比較検討できるといいですね。

視野にない自分に合う可能性のある求人に出会える

第二新卒者が知っている音楽業界っていうのは意外に狭い範囲かもしれません。
そのため転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談しながら転職活動を進めていくことで、 第二新卒の視野にはなかった職種などの求人案件に出会える確率が高まるでしょう。
経験やスキル、第二新卒の転職者としての希望などを考慮して「こういうのもありますよ」という提案をもらえるかもしれません。

非公開求人を紹介してもらえる可能性

ほとんどの転職エージェントが、独自の非公開求人を持っています。
非公開求人は、 自分では探すことが不可能です。
もし、紹介してもらえた場合、 第二新卒の希望やスキルにより近いものである可能性が高いです。
転職エージェントはマッチした条件の案件しか紹介しないからです。
もちろん、紹介してもらった後の検討は必要ですが、自分で求人を探すだけよりも転職活動が効率的になるでしょう。

第二新卒が音楽業界に転職するのにおすすめな時期

第二新卒が音楽業界に転職する際には、音楽業界の採用活動のタイミングについても知っておくと役に立ちます。
すべての企業が一致するわけではないので詳細の確認は必要ですが、目指す企業がまだ決まっていない第二新卒の人は参考にしてみてください。

4月の転職はサポートがしっかり

第二新卒で音楽業界が未経験でも受け入れられる求人案件が増えていることをお伝えしました。
音楽業界が未経験の人は、4月の入社を目指した転職活動がおすすめです。
4月であれば、同じく未経験の新卒の社員と同時期に入社することが多いでしょう。
そのため、しっかりした研修や教育を一緒に受けられる可能性が高いのです。

9月10月は転職が多い時期

一年の中でも、9月10月は最も転職市場が活発になる時期ともいわれています。
音楽業界で第二新卒者を対象にした求人案件も増えます。
6月のボーナスをもらってから転職活動に入る人がいたり、3月決算の企業にとっては下半期の戦略に対して人員体制を再度整える時期でもあるからです。
全体的に、転職活動をするライバルが増える時期でもあります。
社会経験のある第二新卒の強みを活かして、音楽業界への転職を成功する確率を高めましょう。

冬のボーナス後も転職が増えるので狙い目

音楽業界では、6月と12月にボーナスが支払われる企業も多いです。
12月のボーナス後の次期も、転職者が増える傾向にあるようです。
第二新卒にとっても転職時期として狙い目といえるでしょう。

第二新卒が音楽業界に転職する際の志望動機の例文

第二新卒が音楽業界に転職する際の志望動機は、企業に合わせることが鉄則です!
ただ、第二新卒の状況によっても志望動機の内容が変わってくると思います。
音楽業界経験者、職種未経験者、音楽業界がまったく未経験という状況における志望動機の例文を紹介します。

音楽業界から音楽業界に転職する際の志望動機

アニメや音楽等のメディア関連のCD制作スタッフで、陰ながらサポートする仕事をしていました。そんな中で、アーティスト一人一人にもっと寄り添う仕事をしていきたいと思うようになり、貴社の「お客様として来ている全てのミュージシャンを家族のように接する」という考えに共感し、レコーディングスタッフに応募させていただきました。
一般の方からプロのミュージシャンの方まで沢山の人達に好かれるスタジオづくりを目指して、頑張りたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。

音楽業界の異なる職種の音楽業界に転職する際の志望動機

音楽学校の卒業時に、ロック関係の募集がなかったので、ずっとローディーになりたくて、音楽関係のイベントスタッフを経験してきました。今回、貴社で付き人から応募されると人づてに聞きましたので、応募させていただきました。下積みに耐えられないとか、思っていたほど楽しくないなど短期的判断で辞めていく人が多いといわれていますが、これは逆に言えば、本気でやる気がある人にはチャンスがあるということだなと思っております。体力、気力には自信がありますので、よろしくお願いいたします。

異業種から音楽業界に転職する際の志望動機

前職はSEでスマートフォンアプリを作成していました。この度、貴社の○○というアプリがメッセージだけでなく音楽配信サービスも始めるという新しい分野の挑戦する姿勢に魅力を感じ、応募させて頂きました。新しい技術を用いて、これまでにない音楽配信の開発に携わりたいと思っております。もちろん、ただ単に配信するだけでなく、使いやすさなどのユーザー視点などもしっかりと活かしてしっかりサポートできる社員になりたいと思っています。

第二新卒の音楽業界への転職は未経験でも成功できる!

音楽業界で第二新卒、もしくは未経験者でもOKという求人もあることをお伝えしてきました。
しかしながら、変化の激しく激務な業界でもあるため、実情は、教育体制が整っていないことも少なくないでしょう。
第二新卒者は、転職活動での情報収集、転職エージェントなどを活用してしっかり業界研究をして理解しておきましょう。そして夢のある転職を是非とも成功させてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください