【8月26日まで!!】楽天カード8,000ポイント入会特典✨

年内12月前半が勝負!諦めない転職活動で内定ゲット

12月に転職にするのは不利だから、年明けから動こうと考えてはいませんか?
年末は自己分析や企業研究に徹するくらいの考えでいたら、それではライバルに先を越されてしまいますよ。
年末もあって不利な時期と思われるかもしれませんが、実は12月は採用意欲が高まっていたり、求人も出ていてチャンスが多いんです。
それでは、年内に転職活動を成功させるために、12月の時期が転職市場においてどういう立ち位置にあるのか詳しく見ていきましょう。

12月時期の転職市場の動向

12月の時期は師走と言われるくらいどこも忙しいことが多いですよね。
そんな時期に転職をしても求人がなかったり、企業のレスポンスも遅いのでは?と不安になるかもしれません。
しかし12月に採用意欲が高まる理由や、転職を有利に進められる環境があるんです。

企業の12月の採用傾向と特徴

12月は8月と合わせて転職市場が落ち着きを見せる時期にあたります。
連休やイベントがあったり、その前後の時期に求人が多く出ることがありますが、こうした時期は未経験の転職に適した時期とも言えますので、新しい仕事にチャレンジしたい人にはチャンスですよ。
しかし落ち着いている時期だからと言って採用が厳しいとは言い切れません。
むしろ、採用の可能性が高まる理由がきちんとあるんです。

企業が12月入社を求める理由

12月の時期に出ている求人には、企業の年間計画が影響しているケースも珍しくありません。
4月に採用予定の新卒の人数が目標に達しなかった場合、企業にとって大きな痛手となります。
その保険として12月の時期に中途の採用を行っておけば不足を解消できますよね。
また、年始から新体制を発足する企業があれば、そのために必要な人を募集するかもしれません。
12月は冬のボーナスの時期でもあるので、ボーナスをもらって辞める欠員補充の求人も合わさって、機会に恵まれた月と言えるのです。

12月時期の転職活動のデメリット

12月に転職活動を進めることにはメリットもありましたね。
しかし、不利と言われるにはそれなりの理由もあるのでしっかりと把握しておきましょう。
また、12月に転職するうえで転職エージェントを利用することも、転職を成功させることにつながります。
年内に採用が叶えば年明けから新しい環境でスタートできるので、計画性をもって転職活動を進めていきましょうね。

12月時期のデメリット

12月のデメリットはやはり年末の存在です。
連休に入ってしまう企業が多いだけでなく、年の締めだけあって業務も多忙化します。
年内に残務を終わらせるべく採用に積極的になる企業もありますが、あまりに多忙で採用にまで手が回らない企業も少なくないでしょう。
また、退職の時期によってはボーナスの支給がされないかもしれません。
額面や支給の条件はあらかじめ確認しておくべきですね。

転職エージェントの活用

転職エージェントは求人だけでなく、選考のサポートも行ってくれる転職のプロです。
年末に入ってしまう前に採用を決めたいという場合は、転職エージェントに相談して効率よく転職活動を進めていきましょう。

年明け入社に備える

12月に採用が決まって入社が年明けとなる場合は、年末年始に入る前に準備を済ませておくくらいの気持ちが必要です。
入社に備えるというのは転職先のことだけではありません。
現職の引き継ぎ、また、大きく生活環境が変わって引越しなどが絡む場合は家のことなども調えておかなければなりませんね。
また、年末年始も業務内容の下調べや、必要なものをそろえたりと、好スタートを切れるように準備しておきましょう。

時期の影響は?12月入社の転職活動のポイント

12月の時期に転職をするのであれば、時期に応じたポイントを把握して行動してください。
転職活動を有利にするためだけではなく、現職における責任を全うすることなど、社会人としてふさわしい態度を示すことが大切ですよ。

現職のボーナス時期への配慮

12月と言えばボーナス時期ですね。
この時期を機に退職者が出ることは珍しくないことです。
現に1月はボーナスをもらって退職した人の欠員補充で求人が出ます。
しかしボーナスをもらってすぐ辞めるということが懸念にもなりますよね。
また、年始から新体制を設ける場合はその直前に退社することが大きな負担をかける可能性も高いです。
現職の状況と合わせて、転職の時期はしっかりと検討しておいてくださいね。

退職の手配も万全に

どの時期においても退社をすることで会社には負担をかけることになります。
それが年末をはさむ12月の時期であればなおさらでしょう。
会社に退職の意を伝えたら、後任にしっかりと引き継ぎを行い、できる限り業務に支障が出ないよう考慮してくださいね。
年末の多忙期を乗り切るためにも責任を持って仕事がまわるようにしなければ、転職先でも信頼のおかれる業務は遂行できないでしょう。

年末前に一気に行動!ライバルに差をつけて年明けから好スタートを切ろう

12月が転職するのにまったく不利というわけではなく、企業によっては採用意欲が高まり、競争率も少ないことからチャンスとなることがおわかりいただけたでしょうか?
一般的に12月は不利だから年明けから動く人も多いですが、年内に採用を決めてしまえば年明けから気持ちよく新たな環境下で仕事を始めることができますよね。
年始からやろう、と普通の考えで行動しては遅れをとってしまいます。
12月に転職活動をするのであれば、迅速なやり取りを心がけ、転職エージェントの利用などを行い、効率的に転職活動を進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください