【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

未経験の業種の転職で自己PRを魅力的にする方法

未経験職種の転職を考えている自分は、今まで経験してきた職業のステップアップをするための転職ではなく、なぜあえて異業種に挑むのか?
応募するにいたった動機やきっかけがなにか思い当たるはずです。
未経験職種に挑む際は特に、具体的な志望動機を提示したうえで自己PRに結び付けていく必要があります。

未経験職種への転職!自己PRの注意事項

未経験職種へ転職する際は、採用担当者が「この人は未経験でも大丈夫だ」と思っていただけないと採用にはつながりません。
「やりたい仕事なので」とか「夢だったので」
などという、抽象的な熱意や意欲だけでは採用担当者には響きません。
「前職での経験やスキルをどのように活かせるのか」「転職後、具体的にどのように働きたいのか」「足りないスキルはどのように補っていくのか」を具体的に提示するようにしましょう。

自己PRを自己中心的に書かない

「○○ができます」「○○の経験があります。」と、ただ自分のPRだけを書いただけでは、応募企業にどのくらい自分がマッチングしているのか?が全く伝わりません。
企業が求める人物像に見合った能力やスキルをアピールする必要があります。
活躍するための長所は、企業によって違います。
応募企業が求める人材は何なのかを、よく見極めて書いてください。

以前作成した自己PRを使わない

よくある例文や、どこにでも通用するようなお題目ばかりを並べて、結果採用担当者に全く響かない、というのはよくある失敗例です。
作成した自己PRを複数の企業に使用するのは好ましくありません。
応募する企業がどのような人材を求めているのかをしっかり把握したうえで、その企業に合わせた自己PRを書くようにしましょう。

自分の言葉で、自分で考える

自己PRは企業に自分を売り込むチャンスです。
ありきたりの文句を並べただけではほとんど印象に残りません。
また、何人もの自己PRを見てきた採用担当者にとっては、逆に悪印象を与えてしまう可能性もあります。
長所や経験は具体例を挙げて説明することでわかりやすく、オリジナリティのあるPRになりますよ。

未経験職種の転職は自己PRと企業の摺り合わせが肝

未経験者可、未経験者歓迎の募集理由には何が求められているのでしょうか?
固定概念にとらわれない斬新な仕事を期待されているのか?
経験者だけでは充足できない成長業界なのか、人材が不足してるのか?
企業が求めている人材と、自分の能力や経験を摺り合わせることが肝心です。

自己分析と経験の棚卸し

転職を決めたら、まずは経験の棚卸しをしましょうと言われますが、経験の棚卸しって何?どうやってやればよいの?と思いますよね?
経験の棚卸しとは、これまでの仕事について行ってきたことのすべてを書き出し、整理することです。
これまでどんな仕事をしてきましたか?力を存分に発揮できた仕事は何でしたか?逆に発揮できなかった仕事は何ですか?
それらはどうしてそう思いますか?
これまでの自分の経験をすべて書き出し、そして整理・分析します。
自己分析はこの経験の棚卸しを土台に行います。
経験の棚卸しを行うことで自分の強みや得意なこと、こだわりたいことなどが見えてきます。
このように経験の棚卸しをすることで、自分が転職をしてどうしたいのかというビジョンが見えてきます。

企業の求人内容を徹底研究

求人広告に書かれている応募資格は単なる条件ではありません。
求人内容には「こんな人材が欲しい」という企業のメッセージが書かれているのです。
例えば、実務経験3年以上などと書いてある場合、3年に満たないからダメだというわけではありません。
3年というのはあくまでも目安であり、同等のスキルがあり、企業側がそれを認めれば採用となる可能性もあり得るわけです。
この他にも、企業の思惑や考え方などを求人内容から深く読み取り、採用担当者に的確な自己アピールができるように求人内容を徹底研究することは大切なプロセスです。

採用担当者が求める人物像に合わせる

採用担当者の求める人物像と自分の立ち位置を把握せずに挑んだ場合、どうしても企業との間にギャップが生じてしまいます。
例えば、今までの仕事での経験をPRするにしても、その企業がマネジメントができる人間を求めているのか?それともプレーヤーとして前線で働く人間を求めているのか?で受け答えが変わってきます。
自分一人で成し遂げた成功体験をPRした場合、プレーヤーとしては認めらるかもしれません。
しかし、マネジャーとしてなら「もっと多くの人を巻き込んで、マネジメントに取り組んだ話が聞きたかったのに」となるでしょう。
このように、事前に採用担当者がどのような人物を求めているかを、知っているか知らないかで、結果に大きく差が出ます。

未経験職種!自己PRの精度を上げる転職エージェント活用

転職エージェントに登録すると、転職のノウハウを熟知したプロのキャリアアドバイザーが、自分の経験してきたことやスキルを加味して最適な自己PRを一緒に考えてくれます。
履歴書・職務経歴書の添削を受けたり、模擬面接をしてくれたりと、転職に必要なサポートを無料で受けることもできます。
未経験職種に挑戦する際は特に、今まで知らなかった業界の情報や知識を得ることができるので、その情報を自己PRに活かすことができるのです。
もちろん、転職者側の働き替えによって、エージェントの動きも変わってきます。
自発的、積極的にエージェントへ働きかけることで、エージェントの持っている力を最大限に引き出しましょう。

企業や求人内容がさらに詳しくわかる

転職エージェントは個々の企業に関する詳細な情報を持っています。
社風や配属先の雰囲気、求めている人材、面接官の人柄、過去に転職をした諸先輩方の成功例や失敗例など、転職のプロとしての経験から様々な知識があります。
転職に有利な情報をどんどん聞き出して、自己PR作成に活用しましょう。

自己PRに含める要素がピンポイントで知れる

自己中心的な自己PRは企業側にとってはマイナスイメージです。
しかし、自分一人で仕上げた自己PRはどうしても主観的になりがちです。
そこで、エージェントのキャリアコンサルタントから客観的なアドバイスを受けることで、俯瞰して物事を見ることができるようになるはずです。
そうすると、盛り込みたい自己PRの中から自ずと取捨択一され、含めるべき要素が見えてくるのではないでしょうか?

コンサルタントのブラッシュアップサポート

転職エージェントのサポートの一つに、提出する応募書類の添削や、面接対策などのブラッシュアップサポートがあります。
企業データや自己分析のデータを元に、自己PRの効果的な伝え方を教えてもらいましょう。
伝える内容の見逃しを防ぎ、過不足なく的確に伝えることができるでしょう。

未経験職種に転職するため履歴書に書く自己PRの例文

商品管理の現場をサポートする仕事についておりましたが、その中で大切にしてきたことは、発注先のニーズに合わせた管理システムの構築でした。
扱ってきた商品は年間を通して同じものを同じ数だけ揃えるのではなく、季節や時期によって発注先の欲しいものや数が変わってくるので、常に発注先のことを考えて動く必要があるからです。
また、商品管理の現場も、少人数ではなく20人ほどの規模で動いているため、細やかな伝達が必要でした。
これを怠ると業務に一貫性がなくなり、結果的に在庫に無駄が出たりするなど、損失を招くことになるからです。
御社の役職秘書として、今まで培った細やかな管理能力と、コミュニケーション能力をいかして働きたいと思っております。

未経験で事務職に転職する場合の自己PR

前職では学習塾の営業をしておりました。
学習塾に通っている生徒さんの成績などの個人情報を取り扱うため、個人情報保護法のことなど書類を管理することの重要性や、顧客とはもちろん、社員間のコミュニケーションの大切さを学びました。
今まで生徒さんの親御さんとの接触も多く、礼儀作法は研修や自分で勉強し身に着けました。
事務職は未経験ですがマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)を取得しましたのでパソコン操作には支障ありません。
受付事務や電話対応などに、今までの経験を活かせると思い、応募いたしました。

未経験で営業職に転職する場合の自己PR

前職はデスクワークが中心の事務職でした。
営業の補佐役的な仕事で、営業の方が売り上げてきたものを発注をかけたり、資料を作成したり、アフターケアなどが主な仕事でした。
内向的なイメージの事務職ですが、私の場合は渉外的な業務も大半を占めており、電話やメールで社外の人とも良くやり取りをしていました。
そうしているうちに、自分も第一線に立って営業活動がしてみたくなりました。
しかし、前職での営業活動はただ数字を取ってくるのが主なので、自分のやりたい営業活動ではなくなってしまうため、転職という形を選びました。
私は自分で取った数字に最後まで責任をもって仕事がしたいので、お客様とのかかわりを強く持って仕事ができる御社の営業方式に魅力を感じ、応募しました。

未経験で経理に転職する場合の自己PR

前職で企業するクライアントとの打ち合わせ時に必要だったため、独簿記などの勉強をはじめたのが経理の仕事に関心を持ったきっかけです。
経理活動のあり方が会社に与える影響の大きさを知りました。
今まで営業として努めてきましたが、その経験も存分に活かして、多角的に経理活動をしてみたいと思っています。
現在、日商簿記一級の資格取得のための準備中です。
また、マイクロソフトオフィススペシャリスト(OMS)を取得済みですので、パソコンの操作は問題なく行えます。

未経験職種の自己PRに迷ったらサポートをフル活用して転職を成功させよう

スキルや経験があっても、それを企業にうまく伝えることができなければ、希望の企業への転職は難しいでしょう。
自分一人では考え方がどうしても主観的になってしまうし、集められる情報も限度があります。
特に、未経験職種への転職を希望する場合は、情報はいくらあっても多すぎるということはないですよね?
転職エージェントのサポートをフルに活用して、客観的で的確なアドバイスを受けることで、未経験職種への転職を成功させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください