今すぐ作れるクレジットカードあります!

6月は転職に最適?この時期の転職市場の特徴

転職をするうえで考慮しなくてはいけないことのひとつが、転職活動および入社の「時期」です。
求人数の特徴だけではなく、時期に応じて社会、企業がどのような動きをしているのかを知ることで、転職活動はぐっと有利なものになりますよ。
6月は一般的に転職に有利な時期と言われており、その理由を知って動くことで得られるメリットも多いんです。
それでは6月は転職をするうえでどのような環境下にあるのか、詳しく見ていきましょう。

6月の時期の転職市場の動向

できることなら転職は暑さが本格化する前に終えたいものですよね。
6月は求人数も増加傾向にある時期なので、特徴さえ抑えて行動すれば機会に恵まれた転職活動ができるはずです。
6月の求人の特徴をふまえた対策を行い、効率よく転職活動をしていきましょう。

企業の6月の採用傾向と特徴

6月に転職をすることの特徴としては、求人数と共に倍率が増加し始めるので、機会も多く同時にライバルも増加することがあげられます。
さらに未経験で研修の必要な人材というよりは、即戦力のある、経験者を重視する時期にあたるので、自分の経験やスキルを具体的にアピールできると有利といえますね。

求人数と倍率が増加する理由

一年を四半期に分けた時、7月は第二四半期の始まりの月となります。
新体制を発足したり新卒の研修も落ち着く企業が多いこともあって、転職活動をするうえでねらい目の時期と言えるんですよ。
さらに6月はボーナスをもらって辞める人が少なくありません。
7月採用を視野にいとた急募の案件も少なくないでしょう。
こうした区切り目の時期だからこそ、求人が増える時期に転職を希望する人に加え、退職を視野に入れて転職活動を行う人も増え、求人と共に倍率も増加するんですね。

経験者OR即戦力が重視いとる傾向

6月は、新卒の教育も落ち着いてくる時期です。
また中途採用の教育に時間を割くのは企業としても避けたい時期ですね。
6月のボーナスをもらって退職した人の穴をうめるのであれば、それなりに即戦力のある要員が求められるはずです。
転職をする時期を6月と決めたのであれば、自分の活かせる経験をしっかり見直して、どれだけ即戦力となるのか見直しておきましょう。

6月時期の転職者が知っておきたいこと

6月の特徴をふまたうえで、6月時期の転職者はどのような対策をとればよいのでしょうか?
機会の多い時期だからこそ、失敗するのは避けたいですよね。
転職を成功させるためには、6月の時期に応じた対策が必要です。

経験者は成功率が高め

6月は経験者が有利な時期ということを前述しました。
つまり、6月に転職を成功させることを優先するのであれば、経験を活かせるような転職活動をすることで成功率をあげられると言えます。
逆に、未経験業界に挑戦したいというのであれば、この時期に研修をしている企業を見つけて転職を進めていく必要があるでしょう。

転職エージェントの活用

6月の転職者に限らず、どの時期でも活用すべきなのが転職エージェントです。
就職活動の際にも利用したことがある人は多いのではないでしょうか?
6月は求人が多い時期ですので、自分だけで求人を見極めるのは大変です。
転職エージェントは転職のプロですから、カウンセリングをもとにぴったりの求人を紹介してくれるはずですよ。

時期の影響は?6月転職のポイント

転職活動における対策だけではなく、時期のもたらす影響も把握しておきましょう。
現職についても配慮することで、社会人としてふさわしい転職活動ができるはずです。

現職のボーナス時期への配慮

6月はボーナスの時期にあたるので、退職者が多いと前述しました。
そうした考えが自分にも当てはまるという場合は、ボーナスがもらえる条件などを確認しておきましょう。
合わせて、同じようにボーナスをもらってから辞めるという人が立て続けに現れれば経営も成り立ちません。
現職の状況は確認しながら、転職活動を進めることを忘れないでくださいね。

退職の手配も万全に

転職活動を進める傍ら、現職における退職の手配を整えることも重要です。
ボーナスをもらって無責任に次の職場にうつるようでは次の職場でも活躍は期待できませんね。
6月に転職することのメリットは、四半期の区切り目ということだけあって、業務も引き継ぎがしやすいところです。
次の四半期に向けて企業がなるべく支障の出ないような手配を心がけましょう。

下半期初月7月の入社のメリット

6月はボーナスをもらえて仕事に区切りをつけやすい時期となります。
さらに7月入社をすることも恵まれた環境にあたるので、現職においても、転職先においてもメリットの多い時期といえるんですよ。
7月入社は新卒採用、教育が落ち着き中途一人ひとりに対してじっくりと向き合ってくれる企業も増えてくる時期となるでしょう。
新体制に必要な要員であれば、人間関係も新たに築かれるところになるので、気まずい思いをすることも少ないかもしれません。

6月の時期の転職を成功させたいのであれば経験を重視していこう

6月は求人が増える時期にあたり、ライバルも増えるからこそ、経験を活かして動くのが効果的です。
転職エージェントを利用するなどして、自分にあった求人を見つけることも6月の時期に転職を成功させることの大きな要因となるでしょう。
企業ごとに動向は異なりますので、希望の企業があれば企業の動きに応じた対策をすることが求められますが、6月の時期は経験者が有利ということを念頭に置いておいて行動してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください