【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

5月の転職活動開始は穴場!時期の特徴と活動ポイント

転職の時期については、求人の数だけでなく対策にも大きな影響を与えることなのでしっかりと調べておきましょう。転職市場の傾向としては2月、10月が求人の増える時期と言われていますが、どの時期にも欠員が出やすい理由があり、5月も同様です。
4月に入社したばかりの新卒が辞めてしまって急募の求人が出ることも珍しくないんですよ。
転職市場が盛り上がる時期に活動すると機会には恵まれますが、同時に求職者も増加してライバルが増えるので、5月は穴場の時期と言えます。
それでは5月の時期に転職活動をするうえでどういうことに気をつけていけばいいのか、詳しく見ていきましょう。

5月の時期の転職市場の動向

転職市場は4月入社に向けて盛り上がりを見せますが、4月からは求人が減少を始め、5月も年間を通してみると比較的少ない時期に当たります。
連休で休みとなる企業も出てきたり、なかなか動きにくいところもありますが、ライバルが少なかったり、急な案件が出てくる可能性がある時期とも位置づけることができます。

企業の5月の採用傾向と特徴

5月の時期に出ている求人は、4月に入った新卒がすぐ辞めてしまった欠員をうめるものだったり、4月入社に向けての募集でまだ決まっていないものなどが考えられます。
研修の時期が過ぎてしまっていること、また新体制での発足から間もないこともあって急募の求人であれば即戦力が求められるでしょう。
時期に関係なく募集をかけている企業もありますので、5月に限らず転職活動をするうえでは、求人の内容から企業のニーズを把握するよう心がけてください。

5月時期の転職活動で知っておきたいこと

時期に応じた転職対策は、求人数に関したことだけではありません。
企業ごとに時期の特徴は異なりますので、一般的に不利と言われている5月の時期が転職に向いているような業界もあります。
例えばホテル業界では面接が4、5月に活発化する傾向がありますのでこの業界の転職を目指している人にとってはチャンスが増えると言えますね。

企業タイミングに合わせて有利に

どんなに転職に有利と言われている時期でも、転職を希望する企業、業界が一般的に有利な時期と異なる動きを見せるのであれば、もちろん企業のタイミングに合わせて対策をすべきです。
3月に決算を終える企業も多いので、4月から5月の時期に求人を出す企業は少なくありません。
転職を希望する企業、業界があれば年間の動きを確認しておいて損はないですよ。
志望先の動向を調べることは転職活動を有利にするだけでなく、将来性や就職してからの労働環境を考えることができるので、先を見据えた行動につなげられるでしょう。

入社準備を整えておく

5月に出ている急募の案件などであれば、選考、採用から入社までの期間が短くなることも珍しくありません。
入社の準備はあらかじめしておきましょう。
現職の引き継ぎ、転職先の業務下調べなど、できることはたくさんあります。
幸先のいいスタートを切るためにも、準備は早めの時期からしておきましょう。

転職エージェントの活用でスムーズ&確実な転職

就職活動の際にエージェントを利用したという人も少なくないと思いますが、転職活動の時も利用することをおすすめします。
特に5月は求人が少ない時期であることは事実なので、膨大な求人情報を持ち合わせている転職エージェントを利用しない手はありません。
さらに、転職の対策など手厚いサポートを行ってくれますのでひとりで行うよりも確実な転職活動を進めることができるでしょう。

時期の影響は?5月に転職活動を開始するポイント

5月の時期に転職活動をするのであれば配慮すべきポイントがいくつかあります。
転職活動全般に言えることですが、5月は目先のことだけではなく、先を見通して行動することが転職を成功させる鍵となりえますので、しっかり全体像を把握しながら動いてくださいね。

連休への配慮も忘れずに

5月に転職をするのであれば忘れてはならないのがゴールデンウィークの存在です。
大型連休に合わせて休業となる企業も多く見られますので、転職を希望する企業の動きは確認しておきましょう。
もしくは、連休期間中にほとんど動きがとれないことを考えて、連休前や連休明けにどう動くか考えておくのもいいですね。
連休のせいで思ったより転職活動の進みが悪い、なんてことにならないように計画をたてるのも、5月に転職活動をするうえで大切なことですよ。

退職の手配も万全に

入社の準備でも少し触れましたが、5月の時期に転職活動を行う場合は一層退職について考慮しなくてはなりません。
4月入社が人気の理由のひとつには、新体制の発足において引き継ぎがしやすく、退職手続きも進めやすいことがあるんです。
一方、5月の時期に転職をして退職してしまうと企業に大きな影響を与える可能性が高いので、新人教育などできる限りの手配はしておきましょう。

5月に転職するのであれば先を見通した行動が必須

メリットもありますが、総じて5月の時期に転職をすることは計画性が求められます。
求人が少なく、連休で選考がストップしてしまったりと、なかなか動きにくい時期なので広い視野を持って行動しなければあっという間に時間は過ぎていってしまいますよ。
5月は転職をするのに穴場の時期というのも事実ではあるので、求人を見定め、企業の情報を集め、後悔のない転職ができるよう行動してくださいね。
自己分析や業界研究など基本的なことに合わせて、時期を見定めた対策もできればよりよい転職活動につながるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください