【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

年末までの時期を逆算して11月転職を目指そう!

転職をすると決めたら退職、および入社の時期もどうするか考えなくてはなりません。
退職する時期として多いのは、夏、冬、それぞれのボーナスをもらった後、もしくは年度の区切りなどが挙げられます。
転職市場が大きく動くタイミングで転職をすると求人も多く機会に恵まれますが、競争率も同時に高くなるので、有利かと言われると一概にそうは言えません。
11月は求人も増えて、ライバルも少ないねらい目の時期だとご存知でしたでしょうか?
12月は年末で転職には不向きとなりますので、11月に転職をするのであれば年末前に活動を終えられるよう計画的に行動しましょう。
それでは具体的に11月の転職市場の状況、対策などを詳しく見ていきます。

11月時期の転職市場の動向

求人が多くて有名なのは4月入社や10月入社を目指す時期ですね。
ただし、10月入社のラッシュを過ぎた11月に転職活動を行うこともおすすめです。
求人の数は十分にあり、11月に入社することのメリットもあるんですよ。
11月の時期の求人の特徴を抑えて、企業が何を求めているのか把握してみてくださいね。

企業の11月の採用傾向と特徴

11月の時期に転職をするのであれば、求人に困ることはほとんどないでしょう。
しかし、4月入社の場合は新卒と同時に研修を行えるため、未経験の求人も豊富にありますが、研修の時期とずれると経験者が有利な即戦力を求められる傾向が見られます。
11月も年末に向けて忙しくなる企業が増えますから、未経験可の求人を出しているところはよほど人手不足なのかもしれません。
中途であれば即戦力があることをアピールできると有利になるので、自分の経験、スキルはしっかりと見直しておきましょう。

企業が11月入社を求める理由

11月の時期に求人が出る理由としては、10月入社した人が早々に辞めてしまった欠員補充、年末年始への増員強化、もしくは一般的な企業と年間体制が異なり11月に採用を行うところなどが考えられます。
求人の内容をよく確認して、企業の求めている人物像を理解して選考の対策ができれば、採用の可能性も上がりますよね。
どうしても忙しくなる時期の直前で即戦力は見られると予想されますので、自分の経験が企業にどう活かせるか伝えられるといいでしょう。

11月時期に入社するメリット・デメリット

11月は転職活動をするのにねらい目の時期ですが、入社するにあたってどういう特徴が見られるのかも把握しておきましょう。
転職の対策になるだけでなく、入社してからの流れを知っておくと好スタートが切りやすくなります。

11月時期に入社するメリット

11月に入社すると、下半期の新体制に組み込まれることも珍しくありません。
10月から発足したチームなどであれば、人事異動などの影響もあり、人間関係がリセットされている可能性もあります。
新体制から一ヵ月が過ぎて人間関係も業務も少し落ち着いてくる時期なので、馴染みやすい環境で入社できるかもしれませんね。
また、11月からは多忙な時期に向かいますので仕事を一気に覚えられるチャンスともとらえられます。

11月時期に入社するデメリット

11月入社の最大とも言えるデメリットは、現職において冬のボーナスをもらえないことではないでしょうか。
ボーナス支給の時期が一般的な時期とずれていたり、ボーナスの支給がない場合は別ですが、支給時期の直前に辞めるのは惜しい気もしますね。
逆にボーナスをもらってすぐにやめることを気兼ねしてしまったり、少額で気にならない場合は諦めるのもひとつの選択です。
また、どうしても業務が駆け足で進む時期ですので、ゆっくりと新しい環境に馴染んでいきたい人には合わないかもしれません。

時期の影響は?11月入社の転職活動のポイント

11月の時期は企業がどういう状況下で求人を出すのか、11月に入社する環境はどうなっているのか、ということ以外にも11月の時期に転職活動をするポイントを抑えていきましょう。
11月中の採用を目指すのであれば効率的な転職活動をしなければ年を越してしまう可能性も高いですし、春先までブランクができてしまうかもしれません。
希望する業界、企業があれば年間の動向を抑えて、改めて入社時期をいつにするのがベストなのか考えてみてくださいね。

転職エージェントの活用

11月に転職活動を完結させたいという場合は、迅速なやり取りに加えて、効率のよい転職活動を行わなくてはなりません。
時期に関係なく利用したいのが転職エージェントですが、特に11月はプロの意見を元に行動することをおすすめします。
カウンセリングから適切な求人を紹介してくれて、採用まで徹底的にサポートしてくれますよ。

希望企業の動向を確認

11月の時期の転職市場の動向が必ずしも希望の業界、企業と一致しているとは限りません。
果たして11月が希望の業界、企業にとって転職に向いている時期なのかは確認しておいてくださいね。
希望先が他の時期に採用を行っていた場合は、希望を優先するのか、時期を優先するのか、じっくり考えて行動しましょう。

目標入社時期を設定

11月に転職活動を開始して、急募の求人に応募して11月入社が叶えばメリットも多くあります。
しかし、現職との折り合いもかねて春入社を目指すのも選択のひとつですよ。
一般的に転職には三ヶ月を要すると言われていますので、年末年始の停滞期をはさんでちょうどいい時期とも考えられますね。

突発案件も増えるので入社準備も整えておく

11月は10月入社した人が早々に辞めてしまった欠員補充をはじめ、突発の求人が出ることが増えてきます。
こうした求人に対応できる環境は普段から意識して作っておきましょう。
現職の引き継ぎ関係、引越しを伴う場合は家の整理など、できることはたくさんありますよ。

11月の転職はねらい目!年内を目指すなら効率よく動いていこう

11月は求人が多く、春入社、秋入社の時期と比べて競争率が高くないねらい目の時期です。
入社するにもメリットのある時期なので、11月に一気に採用を決めるのであれば、転職エージェントを利用することはもちろん、企業のニーズをとらえて効率よく動いていきましょう。
11月入社が叶えば年内に環境に馴染み、年始から好スタートを切れる可能性は十分にありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください