【今年最後】楽天カード✨7000ポイント入会特典✨

介護職に多い転職理由はコレ!目的を叶える転職をしよう

介護職の転職の面接などでよく聞かれるのが、転職する理由です。
理由は人それぞれに異なっていますが、転職の際にどう伝えればいいか迷う人は多いのではないでしょうか。
ここでは、介護職の転職理由に多い内容を紹介し、転職時の面接などでは転職理由をどのように伝えるべきか、また介護職の転職活動の中で理由を考えるポイントを説明していきます。

介護職に多い転職理由ベスト3

介護職の転職の理由の中でも比較的多いものを3つ上げてみたいと思います。
介護職独特の特徴が反映されているようなので、介護職に転職する際は、将来的にも同じ理由で転職とならないためにもチェックしておかれることをおすすめします。

施設の人間関係

介護業界の中で転職の理由として多いのが、職場内の人間関係です。
介護職は、高齢者や身体の不自由な人などをサポートしていく仕事ですが、そのサポートは一人ではできません。
チームワークの取り方、指導の方法などは転職して働くようになると自分ごとになってきます。
施設や機関で一緒に働く人たちと協力し、医療や自治体、入居者の家族など様々な人達と連携しながら仕事を進めていきます。
直接的に関わりはなかったとしても、職場内の全体的な人間関係の在り方に辟易して転職を決める人も少なくありません。
一つには、個々のストレスコントロールが欠かせない仕事ということも関連しています。
介護職への転職の前には、自分の転職理由の根本が払拭されるかどうか、職場見学などでその施設の状態を把握できるのがベストでしょう。

労働時間が長い

人材不足の介護業界、人手が足りずに残業が続くことが転職の理由となる人も多いようです。
施設や組織の勤務体制づくりがうまく機能しきれていないところもあります。
転職によるスタッフの入れ替わりも比較的頻度が高めで、誰かが退職した時の穴埋めに追われることもあるでしょう。
シフト制のため、急なシフト変更に対応することもあり、自分の労働時間がどれくらいかすら構っていられない状況になる人も多いようです。
転職の際には、そのような理由をカバーする制度や勤務の工夫や配慮が成されている施設かどうかを見極めることもポイントでしょう。

給与が低い

介護業界の転職者給与の平均は、比較的低めのようです。
未経験でも受け入れ枠が広い介護業界ですが、介護の資格や経験がないとなるとその傾向は顕著です。
介護業界の転職者給与の平均が低いのは、国の介護保険制度の影響を受けている施設も多く、人件費に掛けられる経費に上限があるというのも理由のひとつです。
ただ、現在では、いろいろな形態の介護に関わる組織形態が増えており、同じような仕事でも給与などが待遇に差が生じてきている現状があります。
介護業界の中にいるとそういう情報も入ってきやすくなり、収入を増やしたいことを理由に転職を考える人も少なくないようです。
また、残業や休日出勤に対する適切な報酬ルールが設けられていない場合も大きな転職理由となっているようです。

介護職の転職理由はどう伝えるべき?

では、実際の介護職の転職活動の履歴書や面接で、転職理由をどのように伝えていけばいいのか説明します。
例えば、上記に挙げたトップ3の「人間関係」「労働時間」「給与」などを直接理由として伝えることは避けたほうがいいです。
これらの理由だと、ほとんどの場合「組織への批判」として伝わってしまう可能性が高いからです。
自分の要求だけを考える人なのかな?と受け取られるリスクもあるので上手に変換して伝えるようにしましょう。

ポジティブな面を探そう

介護職の転職理由がどんなものであったとしても、ポジティブな面を探しましょう。
例えば、給与アップを望んでいる人も、給与アップをすれば、仕事のすべてが満足というわけではないはずです。
人間関係という自分の考え方や内面に関わるものが理由であっても、仕事は感情に関わらず存在しているはずです。
ポジティブな理由の考え方としては「それらが満たされたら何が得られるのか」「何を得たいから満たしたいのか」という点を考えてみるのも一つの方法かもしれません。

働き方を変えて学びたい介護領域がある

介護職の転職理由が労働時間への心配からのものであれば、働き方の形態を変えるという希望を持つ人も多いでしょう。
そういった転職であれば、転職前の組織にはなかったことで、転職先となる組織にはあることを理由にすることはできないでしょうか。
訪問介護から施設介護、施設介護からリハビリセンターなど、転職することによって自分の一日の仕事の流れは変えられますし、経験や学びの領域も違ってくるはずです。

関わりたい他の介護分野がある

介護業界には、介護サービスを利用する方々の身体能力や生活能力の程度によって、医療寄りと生活寄りの分野があります。
介護職の転職理由として、自分がどちらに接していきたいのかも指針となるかもしれません。
どんな分野かによって、職場や関わる人の種類も大きく変わってくるものです。
関わりたい分野の特徴をよく理解して、理由として伝えてみるのも転職先の採用担当者には好印象を残せるでしょう。

介護職の転職活動のポイント

介護職に転職しようとするとき、介護業界への転職を成功させるため転職活動のポイントを紹介します。
介護職での転職で、自分にとっても転職先企業にとってもメリットのある転職理由を考える助けにもなるでしょう。
以下の3つの点をカバーして、より良い介護職転職を叶えていきましょう。

介護職としての将来プランを考える

介護職で転職をするとき、この先介護職としてどんなキャリアを積み重ねていきたいかを考えておきましょう。
将来プランを考えることで、ポジティブな転職理由も見えてきやすくなるはずです。

転職理由と目的を明確に

介護職に転職するときは、介護職を経験していても、介護職未経験であっても、転職理由と転職する目的ははっきりさせておきましょう。
今までと同じような転職先を選んでしまうことを避けるためのたいせつなステップです。

介護職に特化した転職エージェントを活用する

介護業界への転職を目指す人は、介護業界に強い転職エージェントの活用をおすすめします。
介護業界に詳しいアドバイザーに相談しながら転職活動を進めてみてください。
施設に直接言いにくいこと、聞きにくいことについて、アドバイザーから聞き出せることもあります。
転職理由についてもどう伝えるか悩んでいる人も客観的なアドバイスがもらえると思いますよ。
履歴書や職務経歴書、面接でのアピールポイントも的を射た内容の準備ができるはずです。

介護職への転職理由はポジティブに!

介護業界は転職者の入れ替わりが比較的高いため、採用担当者の「すぐに辞める人では困る」という思いは強いはずです。
前職を責める理由では、同じ理由で転職するのでは?という懸念が生まれやすいといわれています。
介護業界の転職でも、ぜひ前向きな理由を伝えて、期待してもらえるようなポジティブな伝え方にすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください