今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

看護師の職務経歴書の書き方とは?準備と基本から作成ポイントまで紹介!

看護師の転職活動で欠かせない場面で、かつ立ち止まりやすいのが職務経歴書の作成です。
特に人気の施設では職務経歴書の提出は必須で、書類選考で落とされるケースもあるため、人事担当者の目にとまる職務経歴書を作成しましょう。
看護師が職務経歴書を書くときにはどんな点を意識していけばいいのでしょうか。
ここでは、看護師の職務経歴書作成方法について、下準備と基本から作成ポイントまで紹介します。

看護師の職務経歴書を作成する必要な下準備とは?

看護師が職務経歴書を作成するときは下準備をしっかりしておくことが大切です。
書類の役割理解や事前準備の具体的ステップを見ていきましょう。

職務経歴書の役割を知る

職務経歴書は新卒の就職活動のときにはなかった書類なので、初めて書くという看護師もいるでしょう。
看護師の場合は履歴書のみの提出という求人もあるため、「そもそも職務経歴書って何のためにあるの?」と疑問に感じるかもしれませんね。
職務経歴書は応募者のスキルや実務経験を示す説明書のようなもの。
転職組は即戦力を求められるため、「本当に自分たちの施設で活躍してくれるスキルや経験があるか。」と、実態を判断されているのです。

履歴書との違いを知る

履歴書と職務経歴書はどちらも応募書類ですが、両者はその役割が大きく異なります。
履歴書は、住所や学歴、志望動機など、事実や希望を伝える自己紹介的な役割があるのに対し、職務経歴書は実績やスキルなどを書いて自分をアピールするもの。
転職においては職務経歴書の重要性が高いことは言うまでもないでしょう。

看護士の職務経歴書の構成を決める

職務経歴書に決まった構成はありませんが、基本の構成と最低限盛り込む内容は把握しておきましょう。
下記は基本的に盛り込むべき内容と順番です。

  • 基本個人情報(日付、タイトル、住所氏名、連絡先)
  • 職務経歴概略
  • 経歴ごとの基本情報(事業内容、規模、所属期間)
  • 具体的な業務内容や役割
  • 具体的な成果や経験
  • 保有資格
  • 自己PR

職務経歴書に記載する情報を集める

基本的な構成が決まったら、記載する情報を集めていきましょう。
職務経歴書の作成で立ち止まってしまう人の傾向として「いきなり書き始めようとする」ことがあります。
何かを作るときには、まずは材料集めから始めますよね。
職務経歴書作成も同様に、情報を集めて紙に書き出しておくことが大切です。
情報収集が面倒だと思っても、結局はスムーズな書類作成につながります。

施設研究と求める人物像を把握

集めた情報をすべて職務経歴書に書いていくのではなく、最低限必要な情報と、効果的なアピールにつながる情報に絞って書いていきます。
基本情報や概略、保有資格は最低限必要な情報、具体的な成果や経験、自己PRなどは効果的なアピールにつながる情報に分けることができるでしょう。
後者の情報で重要なのは、施設側が求める人材かどうかという点。
どんなスキルや経験、人物像が求められているのかは、施設研究や施設見学等で把握しておきましょう。

職務経歴が少ない若手看護師の場合は何を書く?

若手看護師で経験年数が浅い場合、職務経歴書に書くことが少なくスカスカになってしまうかもしれません。
若手看護師はベテランに比べて職務経歴書の枚数が少なめでも構いませんが、意欲が疑われるような薄い内容の書類提出は避けるべき。
配属された科や担当業務は少ないかもしれませんが、人柄や仕事への価値観が伝わるように掘り下げて書くようにしましょう。
具体的には、成功や失敗体験を通じて学んだこと、仕事上やりがいを感じていたこと、特に気をつけて取り組んでいたことなどが挙げられます。

看護師の職務経歴書の基本とは?

いよいよ実際の職務経歴書作成に移っていきますが、何で作成するのか、サイズや枚数、形式はどうするのかといった基本を押さえてからです。
ここでは、看護師向けの職務経歴書の基本を解説します。

職務経歴書はパソコン作成が基本とは?

履歴書の場合は自己紹介の意味もあり、人間性が伝わりやすい手書きで書かれることが多いですが、職務経歴書はパソコンで作成するのが基本です。
履歴書に比べて情報量が多いため手書きで見やすく整えることが難しいですし、具体的なスキルや経験を整理して伝えるのが目的なのでパソコン作成の方が適しています。

職務経歴書はA4サイズで2枚程度に納めるとは?

職務経歴書のフォーマットは自由ですが、サイズはもっとも一般的なA4サイズに合わせましょう。
人事担当者が見やすくファイリング等がしやすくなり、一般常識点もクリアできます。
書くことがたくさんあっても、適量にまとめるのがポイントで、1~2枚以内に収めるようにしましょう。

若手看護師の職務経歴書は編年式で書くとは

若手看護師や基本的な書き方で作成したい方は、編年式と呼ばれる方法で書いていきましょう。
これまでの職場や仕事内容を、古いものから時系列で書いていく基本の方法です。
診療科、期間、担当業務などを過去のものから順番に書いていきます。
応募者の歴史が一目で分かりやすく、成長過程も見てとれるため、若手看護師にも適しています。

ベテラン看護師の職務経歴書はキャリア式で書くとは

ベテラン看護師の場合はさまざまな職場や業務経験があることから、編年式だと分かりにくくなってしまう場合があるため、キャリア式で書くのも1つ。
キャリア式は時系列ではなく、自分で決めた項目ごとにまとめて書いていきます。
たとえば、診療科ごと、勤務先の事業形態ごとなど。
複数の職種経験があるなら職種ごとに書く方法もあります。
キャリア式はアピールしたいポイントに絞って書くことができ、ボリュームがでやすいベテランのキャリアを短く適度な量にまとめることができます。

看護師の職務経歴書を書くポイントとは?

看護師が職務経歴書を書いていくときに意識したいポイントがあります。
ここでは、看護師の職務経歴書作成時に、特に気をつけたいポイントを解説します。

職歴や資格などの情報を整理して記入

職務経歴書は応募者の情報が適切に伝わるよう、職歴や資格などを整理して記入することが大切です。
あれもこれもとたくさん書いたり、看護師の応募に不要な経歴や資格を書くのはやめましょう。
不要な情報が多い職務経歴書は、最後までしっかり読んでもらえない、一番アピールしたい点が読み飛ばされるといったことが起きてしまいます。
履歴書と内容がかぶらないよう、見比べながら書くことも大切です。

箇条書きや見出しを使って見やすさ重視

看護師は仕事柄、緊急性が高い場面に遭遇することが多く、限られた時間の中で必要な情報を的確に伝える能力が求められます。
職務経歴書がまとまっておらず何が言いたいのか分からない内容だと、看護師としての適性に不安が残る可能性もでてきます。
人事担当者目線で見やすい書類作成を心がけることも大切ですよ。
箇条書きや見出しを使い、フォントの太さや大きさも変えてみるなど、ぱっと見て分かりやすい書類に仕上げましょう。

看護士の職務経歴書、自己PRの書き方と例文を紹介

看護士の職務経歴書に書く自己PRは、応募施設にとってどんなメリットがある人材かを、施設目線で考えることが大切です。
自身がこれまで力を入れてきたことは、自分視点での希望を述べるのではなく、施設に何をもたらすのかを考えなくてはなりません。
たとえば、コミュニケーションスキルを売りにする場合は下記のような書き方があります。

看護士の自己PR例文

私は患者様と接する際、不安な気持ちに寄り添って話を聞くことを日々心がけており、患者様本人やご家族とも積極的にコミュニケーションを取るようにしてきました。
その結果、「〇〇さんには悩みを相談しやすい。」と頼ってくださる患者様が増え、患者様やご家族の安心に貢献してきました。
貴院は特にカウンセリングに力を入れていることから、これまで培ったコミュニケーションスキルがカウンセリングの場において発揮したいと考えております。

職務経歴書の書き方に不安があればプロに添削してもらう

自分が書いた職務経歴書に不安があるならプロに添削してもらう方法もあります。
転職エージェントと呼ばれる転職支援のプロの中でも、特に看護師や医療業界に特化したエージェントなら、看護師の書類作成ポイントをよく理解しており、効果的なアピールにつながるアドバイスをしてくれるでしょう。

【特徴別】看護師の職務経歴書のポイントとは?

看護師の職務経歴書は応募者の特徴別に作成のポイントが変わってきます。
ここでは、看護師の特徴ごとに職務経歴書の作成ポイントを解説します。

転職が多い看護師の職務経歴書のポイント

転職回数が多い看護師の職務経歴書は、診療科や事業形態ごとに書くキャリア式で作成しましょう。
特に、今回の応募先で求められているスキルや経験、自分の強みでアピールしたいポイントが目立つように、一番上に書くようにするのがポイントです。
自己PRのコツとしては、転職回数が多いことが強みになる「さまざまな現場への適応能力」を強調すべき。
通常はネガティブな印象を与えやすい転職回数については、仕事への前向きな姿勢や謙虚で素直な点を盛り込むことで、ネガティブな印象を払拭する効果があります。

外来の看護師の職務経歴書のポイント

外来看護師は病棟看護師と違って患者様と直接深く接する機会が少ない分、初めて会う患者様が多い、待ち時間の長さによるクレーム対応などが発生するといった難しさがあります。
肝心なのはその違いを十分に理解しているかという点。
外来経験が長い看護師なら、外来経験を通じて病棟とは違うどんなスキルを身につけてきて、それが応募先施設のどこに活かせるのかを書いてみましょう。
今後応募書類を元に面接がおこなわれることになりますが、その際も「なぜ病棟ではなく外来を続けてきたのですか?」と聞かれることが多いため、重要なポイントになります。

精神科の看護師の職務経歴書のポイント

精神科の看護師は医療行為が少なく、診察補助やコミュニケーション重視の業務内容になります。
そのため、精神科の看護師の職務経歴書には、これまでの経験からコミュニケーション能力アピールにつながるものを書きましょう。
精神科看護師は残業が比較的少ないことからも人気がありますが、職務経歴書では本人側から見たメリットをつらつらと述べないことが大切です。
施設は応募者を雇うメリットを見たいため、何ができる人材なのかといった視点を盛り込むべき。
また、精神科は決して楽な職場ではなく看護師本人が精神的に疲れてしまったり、患者からの暴言や暴力を浴びる可能性もある大変な職場です。
その大変さを理解したうえで、これまでの経験がどう活かせるのかを書いていきましょう。

看護師の職務経歴書はスキルを整理して書くとは?

看護師はどの施設でも人手不足のため採用ハードルは比較的低めですが、人気の施設には応募が殺到します。
ライバルたちは当然看護師免許を持っているため、具体的なスキルや経験が重視されます。
応募者数が多ければ書類選考で落とされる可能性もでてくるため、決して気が抜けないポイントですよ。
応募施設が求める点を重点的に、スキルや経験を整理して見やすく書くことが大切。
看護師として希望の施設に転職できるようじっくり時間をかけて書いてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください