今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

技術系に特化したおすすめ転職サイト!成功転職のための活用法

機械、電気、電子、半導体、システムなどは技術専門職のため転職に踏み切る心のハードルも高めではないでしょうか。
しかし、転職することを決めたら、効率的に賢く転職活動を進めましょう。
技術職の人も転職サイトや転職エージェントを有効に活用していきましょう。
ここでは技術職の転職をサポートする転職サイトの選び方、活用のポイントや注意点を紹介していきます。

技術系に特化したおすすめの転職サイト3選

技術系に特化している転職サイトの中でおすすめの転職サイトをいくつかご紹介します。

これらの転職サイトで、自分の専門領域の求人を一度、検索してみてください。

求人件数だけでなく、求人案件の中身がどのような内容になっているかをチェックしてみましょう。

大切なのは自分の条件に合った求人がどれくらい探せるかということです。

SEの技術職におすすめの転職サイト「レバテックキャリア」

レバテックキャリア
サービス種類WEB・IT業界特化の転職エージェント
非公開求人数5,000件以上
利用者層20代-40代
得意領域ITエンジニア、デザイナー、クリエイター
レバテックキャリアの特徴
  • IT業界特化型なら業界トップクラスの求人件数&サポート体制
  • IT・Web企業とのパイプは強固で、そこから得た詳細な情報とアドバイスを基にキャリアカウンセラーは転職サポート
  • 年間3000回もの企業訪問を実施し、現場のPMとも頻繁に意見交換をして仕事内容や転職者に求めるスキルを徹底的に調査
  • 現場の雰囲気やチームワーク、残業や教育体制などの共有もあり、入社前後のギャップが少ない
  • 担当エリアは東京,神奈川,千葉,埼玉,愛知,福岡,大阪,兵庫,京都,その他近畿圏

SE(システムエンジニア)の職種の求人を探している人におすすめできるのがレバテックキャリア。ITやWEB業界のクリエーターやエンジニアの求人を専門に取り扱っている転職サイト&エージェントです。首都圏や大阪の求人を取り扱っており、企業の開発方針、社風などのこだわり条件での検索も可能です。求人登録数は4,000件以上で、大手優良企業、外資系、ベンチャー企業など業界トップクラス。非公開求人やレバテックキャリアだけの限定求人も多くあります。細かい職種、言語スキルごとの検索も可能で、SEだけで検索しても800件以上がヒットします。

機械設計や半導体分野の技術職におすすめの転職サイト「マイナビエージェント」

マイナビエージェント×IT
サービス種類IT業界特化の転職エージェント
非公開求人数6,000件以上
利用者層20代-40代
得意領域IT業界全般、ITエンジニア
マイナビエージェント×ITの特徴
  • 20代、30代の若手エンジニアにおすすめの転職エージェント
  • 診断ツールとキャリアコンサルタントのサポートが充実
  • IT業界出身のキャリアコンサルタントが全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人を紹介
  • 土曜日の個別相談会も開催するため、時間に余裕を持った面談も可能

大手の優良企業の求人案件を多く取り扱っていることでも有名なマイナビエージェト。

機械設計や半導体分野においては、最先端の技術や製品の開発に積極的な大企業の案件が見つかりやすいでしょう。

転職サイト内の技術職の職種は、細かく細分化されているのでピンポイントに絞り込みが可能です。

日本全国から海外まで対応されているので、主要都市に限らず幅広い案件を見つけられるでしょう。

技術職関連の求人件数は圧倒的な数で、非公開求人やマイナビエージェトだけの限定求人も多くあります。

エンジニア技術職全般の求人がある転職サイト「リクナビNEXT」

リクナビNEXT
サービス種類転職サイト
非公開求人数2万社超
利用者層20代〜30代
得意領域営業・事務・管理
リクナビNEXTの特徴
  • 転職者の約8割がリクナビNEXTを利用している
  • 求人企業や転職エージェントから直接オファーや非公開求人オファーが届く「スカウトサービス」機能が人気
  • 30分かけて自身の強みを分析する「グッドポイント診断」が便利
  • 女性・第二新卒者も就職・転職支援のサポート強化
  • 設備・工事の技能工から小売・外食まで幅広い職種が強み

全体の取扱件数は国内トップレベルのリクナビNEXT。

ピンポイントな専門職種にこだわらず、全体的に探したい場合には役に立つと思います。

登録企業自体が多数なので、機械、電気、電子、半導体、制御、素材、化学、食品、医薬品、システム開発、SE、インフラに至るまで技術職の職種のほとんどの求人を網羅しているのが特徴です。

日本全国から海外まで対応されているので、主要都市に限らず幅広い案件を見つけられるでしょう。

技術職の転職サイトの選び方

技術職には機械、電気、電子、半導体、システムなど幅広いフィールドがありますが、すべては専門の知識と経験が必要になることがほとんどです。

専門職の方は、数多い転職サイトの中から、どんな転職サイトを選ぶことが得策なのでしょうか。

専門分野に特化した転職サイトかを見極める

技術職はエンジニアともいわれますが、技術職やエンジニアに属する職種は多岐にわたります。

自分の専門分野や業界、職種に特化した転職サイトを探しましょう。

総合的な転職サイトでは、専門職サイトを特設していることもあるのでよくチェックしてみましょう。

特化した転職サイトを選ぶことで、総合サイトに比べても、より絞り込んだ検索ができるはずです。

求人の中で、自分の希望により近い案件が目に留まる確率も高まるでしょう。

技術職の転職サイト活用ポイント

技術職での転職を目指すときに、転職サイトをどう活用していくのかのポイントを紹介していきます。

登録前から登録後までのステップを確認していきましょう。

転職の目的を明確にする

まず、なぜ、現在の仕事や職場から転職しようとしているのかを明確にしておくようにしてください。

専門職の場合、現職で培ったものの価値は大きいものです。

専門性が狭いほど、手放さなければならないことになる慣れた業務の占める割合も高くなるでしょう。

その企業でしか発揮できない技術やスキルも身に付けているはず。

それでも転職を考えるのは、今とは異なる何かを求めているからですよね。

その点は、そのあとの転職活動の指針になるので、しっかり把握しておきましょう。

技術者として目指す方向を明確にする

専門的な技術を持つエンジニアは、形にない財産、つまり技術を持っています。

技術職に関わる仕事でも、企業の一員として働くことになります。

技術職としての自分と企業の一員としての自分をよく検討し、目指す方向を考えることが大切です。

機械が好き、モノづくりが好きといってもいろいろな関わり方があるのです。

工場の生産ラインの統率、モノを作るシステムを設計する仕事、モノづくりの現場のコンサルタントなどどれも専門技術職の経験がなければ務まらない仕事です。

将来、技術者としてどの位置で働きたいのか、どの位置により興味が深いのかというキャリアプランを明確にしておきましょう。

技術者として関わった仕事の棚卸し

これまで携わった仕事はどんなものだったかを細かく棚卸ししておきましょう。

例えば、プロジェクトの中で、自分はどの役割を担っていたのか、関わった人はどんな職種や部署の人だったか、プロジェクトの規模や期間はどれくらいだったかということです。

転職活動の時点では、時系列で事細かに出しておきましょう。

さらに深く掘り下げて、問題が発生したときの対処方法、改善や工夫の工程なども含めておくことをおすすめします。

転職サイトは複数に登録する

転職サイトは2つか3つ、複数のサイトに登録することをおすすめします。

転職サイトごとに、そのサイトにしかない限定求人を取り扱っているからです。

いろいろな求人に出会って、比較検討する機会を増やすことができるでしょう。

転職サイトはこまめにチェックしよう

登録した転職サイトはこまめにチェックするようにしましょう。

各転職サイトは随時更新されるので、定期更新日も把握しておきましょう。2、3日まえにはなかった案件が更新によって一気に上がるという可能性もあります。どこでも誰でも閲覧できる転職サイトでは、好条件の求人ほど倍率が即座に上がるものです。できるだけ早く反応できるように頻度高めでチェックされることをおすすめします。

技術職は転職サイトとエージェントを同時活用

転職サイトも転職エージェントも、登録も支援サービスを受けることもほとんどの場合無料です。

同時に活用して、転職エージェントのキャリアアドバイザーの協力を得ながらの転職活動をおすすめします。

転職エージェントも併せて登録する

多くの転職サイトは、転職の支援サービスを行う転職エージェントとの連携があります。

専門性の高い技術職ほど、転職サイトだけでなく転職エージェントを活用されることをおすすめします。

転職サイトとエージェントを同時活用するメリット

転職サイトを使って自分で探すだけでなく、転職エージェントを活用するメリットはたくさんあります。

転職活動を効率的にすることや、転職活動中の情報の量も質も上がるでしょう。

転職先候補の情報が幅広く得られる

キャリアアドバイザーから紹介を受ける場合、自分の経験や希望を加味しながら、よりフィットする案件に巡り合うことができるでしょう。

転職サイトで興味のある求人案件を見つけた際にも、その企業のこと、業務内容のこと、求人が出された背景、社風や将来性に至るまで転職サイトだけでは得られない検討材料を聞き出せる可能性は高まります。

見逃している企業への転職の可能性も見つけられる

転職サイトで自分で検索するときは、どうしても自分の中で考えられる範囲での検索に留まってしまいがちです。

自分では思いつかない業界や産業で、これまでの経験や知識が求められているというケースもあります。

エンジニアの世界も着々と未来に向かって変化していて、技術職の知識と技術が必要な新しいタイプの仕事も生まれています。

そのことを知り得ているのは、企業と企業から話を聞いている転職エージェントなのです。

業界や職種に詳しいアドバイザーだからこそ、見抜ける世界もあるのです。

企業求人への魅力的なアピール対策ができる

企業のニーズをよく把握しているキャリアアドバイザーは、職務経歴書に書くことや面接での質疑応答でアピールすべき部分をよく心得ているものです。

客観的なアドバイスをもらうという意味でも、転職のプロに意見をもらうことは有効です。

転職サイトとエージェント活用時の注意点

有効に活用できる転職サイトや転職エージェントですが、活用の際の注意点もあります。

活用効果を最大限に得ていくためにもチェックしておきましょう。

転職への主体性を忘れないこと

転職エージェントに登録しても、キャリアアドバイザーが自分に代わって仕事探しを代行してくれるわけではありません。

紹介があったとしても、流れに任せることなく自分でしっかり検討、判断をしましょう。

主体性を忘れず、自分でも転職サイトなどの情報はこまめにチェックするようにしてください。

同件に複数エージェントから紹介を受けない

複数のエージェントから同じ求人案件を紹介されるという可能性もあります。

そのようなときは、一つのエージェントに絞って応募してください。

複数に応募して採用される確率を高めようとするのは間違いです。

企業からも転職エージェントの担当者からも信頼を失うことになるので注意しましょう。

技術職は専門職!転職サイトで成功転職を叶えよう

技術職が専門職ということは転職者本人が誇りにできる部分ですよね。

しかし、専門性が高いばかりに、転職サイトやエージェントを活用したりそうだんしても分からないだろうと思い込むのは早計です。

転職エージェントのキャリアアドバイザーも技術業界のエンジニア出身が担当してくれるのです。

専門用語も業界の仕組みも、きっと自分より知見は上ということも大いに考えられます。

情報源として活用しない手はないと思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください