6月末の住民税納付に間に合う最短発行カード💨

カゴメ(2811)の株主優待の内容とは?お得な使い方〜買取情報まで解説

カゴメといえばトマトケチャップや野菜ジュースですね。そんな気になるカゴメにも株主優待があります!この記事ではカゴメの株主優待についてまとめました。

カゴメの株主優待の内容について

カゴメの株主優待は、自社商品の詰め合わせがもらえます。

特別企画セット(年一回、3月)

保有株数優待内容 
100株2,000円相当
1,000株6,000円相当

 

また、継続保有期間10年を迎えた株主に1回のみオリジナル記念品が贈呈されます。
・100株 … 詳細は決まり次第発表されます。

カゴメの株主優待券の買い方:一般編

カゴメの株主優待の買い方として、東証一部上場企業なので東京為替市場で自由に売買することが可能です。そのため為替市場に参加するには証券会社に口座を開きオンラインを通じて株を購入します。

株主優待券を買う流れとしては以下のようになります。

  1. 証券口座を開設する
  2. カゴメの株式を100株以上購入
  3. 権利確定日まで株を持ち続ける

カゴメ株式会社の株主優待券を取得するには、100株以上の保有が必要ですので、最低取得額は286,000円となります。
(2018年12月21日現在)

カゴメの株主優待券を金券ショップでの買う方法

カゴメの株主優待は優待券ではありませんので、金券ショップでの取り扱いはありませんが、一般的に株主優待の割引券やQUOカードでしたら、贈呈された株主などが手放していることがあるので、最寄り金券ショップの店舗やオンラインサイトでチェックしてみると良いです。

注意
ただし、商品券などの金券は古物営業法において規定されていますので、許可を得ている古物商(金券ショップも古物商です)なら取引可能ということになりますので注意してください。

カゴメ株主優待券を金券ショップで購入するコツ

株主優待券は、常にお目当のものが売られているわけではなく、人気の銘柄の株主優待券は売り切れてしまします。特にお食事券などは人気があります。株主優待券は有効期限があるものがほとんどなので、各株主に送付後1、2ヶ月が最も多くあると考えられますので、タイミングをみて購入しましょう。

カゴメの株主優待の権利確定月は何月?

株主優待の権利確定月とは、株主権利がもらえる権限が確定する月のことをいいます。
カゴメの株主優待の権利確定月は6月末となります。

株主優待券をもらう権利が確定する大事な時期です。
正確な情報は、公式のWEBサイトで確認することをオススメします。
公式カゴメ公式サイト

権利付き最終日とは?

株式は購入したその日から株主になれるわけではなく、企業から株主としての権利を得るには権利確定日を待つ必要があります。また、株を買ってから3営業日という期間が求められます。このような権利確定日の3営業日前の日のことを「権利付き最終日」と呼びます。権利確定日の直近で株価が高騰しがちですから、購入の際は十分注意しましょう。

カゴメの株主優待の優待回数は何回?

カゴメの株主優待の優待回数は、

上述した権利確定月の6月末の年1回になります。

カゴメの株主優待の優待券の種類は?

カゴメの株主優待の優待券の種類は、自社製品になります。

株主優待券はそれぞれの企業によって様々なものがあります。飲食店などの事業の企業はお食事で割引となる優待券が多いようですね。

カゴメの株主優待の優待利回りと配当利回り

優待利回りと配当利回りとは、投資金額に対してどのくらいお得なのか?株主優待(収益)の割合を示す指標で、数値が高い方がお得となります。

それではカゴメを活用するために、の株主優待の優待利回りを出してみましょう。

優待利回りとは優待内容を金額換算します。100株で2,000円相当の優待なので07%となります。また、株主のもう一つのメリットとして配当を受け取れます。2019年の配当予想は35.0円、配当利回りは1.15%です。

 

優待利回り0.7%
配当利回り1.22%

(2018年12月21日現在)

カゴメ株式会社の証券コード

カゴメ株式会社の証券コードは「2811」になります。

証券コードとは銘柄コードとも言い、上場企業に割り当てられる4ケタの数字のことを言います。

会社四季報などにも企業名の隣りに証券コードが記載されています。
インターネットを利用して銘柄データを検索するときに、この「証券コード」または「銘柄名」を入力すると企業情報をみることができます。

カゴメの株主優待券をメルカリやヤフオクで売ってもいいの?

ヤフオクやメルカリなどのオークションサイトを覗いてみると、株主優待品が出品されていますよね。カゴメの株主優待もヤフオクで売られていますが、食品ですので保管や品質には十分に注意しましょう。

もしQUOカードや割引券などの株主優待券であれば以下の点に注意してください。

注意
割引優待券などは「メルカリ」では以前まで株主優待券の取引がされていましたが、規約変更があり取引が禁止されました。また、「ヤフオク」などのネットオークションがありますが、株主優待券は「有価証券」とみなす考え方もあります。
現在ではヤフオク!やメルカリなどでは個人間の株主優待取引を規約で制限している流れなので個人間取引は手を出さないほうが無難だと思います。

カゴメの株主優待についてのまとめ

カゴメの株主優待は、カゴメ商品の詰合せですのでご家庭で重宝します。

そんなカゴメは、個人投資家が95%を超えます。
個人株主づくりに熱心な企業として、多くの注目を集めるです。4年間で6500人だった株主を10万人にまで引き上げています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください