【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

会員とは?の意味と使い方を解説

会員
みなさんは「会員」と聞くとどのような事を想像しますでしょうか?「会員専用」や「会員登録」などの言葉があげられますが、他にもまだまだこの「会員」という言葉を使う状況やメリットなどはありそうです。「会員」という言葉の正しい意味や間違った使い方、その他の熟語などをここでは少し深く掘り下げて紹介していきます。

会員の読み方

「会員」の読み方は「カイイン」と読みます。「カンイン」といように読んでいる人もまれにいますが「カイイン」と読むようにしましょう。「会員」の文字を2つに分けてみると「会」は「アう」「エ」「ケ」とも読むことが出来ます。「員」は「イン」といいようにしか読むことはありません。訓読みなどもなく音読みの「イン」だけになります。会員にまつわる読み方で「月極会員」という言葉がありますか、最初はどの様に読むのか子供の頃は分からずにいました。読み方は「ツキギメカイイイン」と読みます。皆さんは知っていますよね??

会員の意味について

「会員」の意味は「会を構成しているひと。会に加入している人」という様になっています。また他の意味では「ある会に加わっている個人または法人」という事になっています。ここでいう「会」についての意味も調べてみましたが、意味は「ある目的のために多くの人々が集まる事」という様になっています。さらに「員」の意味は「ある組織に加わっている人、組織の中で何かの役や掛かりを持つ人」と辞書などには記載されています。このことから「会員」という言葉は複数の人がいる前提がないと使ってはいけない言葉の様ですね。

会員の正しい使い方

先ほどの言葉の意味から「会員」とは複数の人が集まっている何かの目的を持った組織の人や物という事になります。よって、そのような状況の時には「会員」と使う事ができて、正しい使い方になります。例を挙げると、「アマゾンプライム会員」というものがありますが、その会員の目的は年間の会費を払って、さまざまな特典を受けるという目的があります。したがって「会員」の正しい使い方は、何かの目的がある時に複数集まれば正しい使い方といえます。

会員の間違った使い方

では、間違った使い方はどのようなものがあるのでしょうか?複数の人が何かの目的で集まる時でなければ「会員」という言葉は使う事ができないので、一人で目的をもって何かしていても「会員」という言葉を使う事はできなく、誰かを巻き込まなくては「会員」という言葉は発生しません。例えば、ひとりで何かの運動している人で、自称「○○の会の会員」とい言っている場合は間違った使い方となってきます。そこに誰かひとりでも参加する目的で加入しなければ「会員」という言葉はやや違和感を持ちます。

会員を使った例文

日常で「会員」という言葉はどの様な時に使いますか?ここでは「会員」という言葉をつかって会話形式で例文を紹介します。日常会話の中では「会員」という言葉を使う時は何かはっきりとした話題の時に使われると思います。どこかの団体やサービス、クラブ、などの話題の中で出てくる言葉だと思います。では、その会話の中身を見てみましょう。

会員の使い方【例文その①】

友達同士の中で出てくる「会員」という言葉です

「あそこのお店は会員になると何か特典があるそうだよ」
「へー知らなかった」
「だろ、俺も最近知って会員登録したんだ」
「どんな、特典があるんだよ?
「いやー詳しくは分からないけど、何か安くなったりするんじゃない??」

この会話から「会員」という言葉で、お店の中に入るきっかけになっています。「会員」と聞くと何か特別なサービスを期待してしまいビジネスの中でもよく使われます。

会員の使い方【例文その②】

次は、あるサービス店に入ろうとしている、お店の入り口での客と店員の会話です

「お客様、当店では会員制を敷いているため入場は一般の方は出来ません」
「え!?そうなの!知らなかったな=」
「当店をご利用になるには、月の会員費をお支払い頂けなければいけません」
「そうだったんだ。知らなかった。で、いくら?」
「はい、月1万でございます」
「え?!月1万!高いなー」

この会話から「会員」と聞くと少し特別な人々という意味合いも少し感じられます。

会員は英語でなんて言うの?

「会員」を他の国の言葉ではどの様に言うのでしょうか?英語の場合では「member」(メンバー)と訳せて日本でもなじみの言葉です。「メンバーズカード」や「○○グループのメンバー」などともいい、よく耳にします。英語で「会員限定」は「limited to members」(リミテッドメンバーズ)や「member only」(メンバーオンリー)などとも言います。どちらも会員限定と使うことが出来るので、海外でも役に立つ言葉です。アメリカのリアルな現場では「only」だけでも意味は通じます。

会員は中国語でなんて言うの?

では中国語で「会員」は「会员」(ホイ ユエン)と書き、そのように読みます。ほとんど日本語の会員と同じ様な漢字ですね。また「会員カード」の事を中国語では「会员卡」(ホイ ユエン カ)となります。中国でもこの会員という言葉はよく使われていて中国のサービス業の広告やホームページではよく目にします。中国の有名通販サイトのアリババなどは会員数の数は3000万人以上いると言われていて、とてつもない数の会員数と言えます。

会員の類義語や関連語は?

「会員」の類義語や関連語には「成員」「加入者」「一員」「仲間」「顔ぶれ」などがあります。どの言葉も個々が集まって組織を構成している状態の時に用いる言葉です。「顔ぶれ」などの言葉は会員よりももっとラフな言いましに使う言葉で、特に大きな目的がなくても同じような人が毎回集まるとその言葉が多く使われます。その他にも「顔なじみ」や「顔見知り」などの言葉があります。「顔」という言葉が多いのは、人間は顔で人を認識している証なのかもしれません。

会員の対義語は?

「会員」の対義語などはあるのでしょうか?はっきりとした対義語は存在していませんが「非会員」や「未入会員」という言葉はあります。ただそれらの言葉は対義語の定義には入らないのでやはり存在していない事になります。非会員や未入会員と言った言葉は、対象の会員でない人のことう言うので、多くの人が非会員の状態であると言えます。会員と非会員と区別する事によって価値を高めることも出来るので、やはりビジネスの世界で多く使われる言葉です。

会員を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「会員」の付く熟語はたくさんあります。「有料会員」「会員限定」「会員登録」「会員料金」「会員特典」などがあり、まだ他にもありそうです。これらの四字熟語を見てみると、会員だけ有利なものばかりあるように見えます。「会員」という言葉はビジネスや何かブランド価値を高める様なときに使われ言葉なのかもしれません。ことわざの中に「烏合の衆」(うごうのしゅう)といことわざがありますが、意味としては「よせあつめ」と言った意味があり、カラスの集まりの様な見方からそのようなことわざがつきました。

会員にまつわるサイト

「会員」にまつわるサイトをここでは紹介します。

『会員制サービスについてのメリット』

会員制サービスについてのメリット

こちらのサイトはポイントマーケティングラボが運営している記事のなかのものです。「会員制サービス」についてのメリットについて細かく書かれています。会員制は確かにメリットがおおそうですよね。

『無料でオリジナルデザインの会員カードを作成』
https://www.canva.com/ja_jp/create/member-cards/

こちらのサイトはCANVAが運営している無料で会員カード作れるサイトです。作れると言っても自分で作る事になりそうです。アカウントを作れば多くのテンプレートが利用できるそうです。オリジナルの自分だけのカードが作れるのは面白そうですね。

会員の意味や使い方についてのまとめ

「会員」について少し詳しく紹介していきましたがいかがだったでしょうか?「会員」という言葉はどちらかというとビジネスの世界で使われることが多く、何かプレミア感を感じさせる言葉でもあります。会員に入っておかないと損をするのではないか、と思ってしまうあたりも、うまい事集客するにはいいのかも知れません。ただ、ある程度の人数が揃わないと「会員」という言葉が返って寂しくも見えてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください