【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

kyashの仕組みとは?kyashのサービス内容から様々なサービスが利用出来る仕組みも解説

Visaのプリペードカードである、「kyash(キャッシュ)」。
モバイル決済や送金などを行うことのできる、便利なサービスとなっています。
そんなkyashですが、無料で利用することができたり、キャッシュバックを受けることができたりと、お得なサービスが多数あります。
いったいどのような仕組みで、kyashのサービスは提供されているのでしょうか。
kyashのサービス内容を始め、kyashのサービスの仕組みについても本記事では詳しくご紹介していきます。

【kyashの仕組みを見る前に】kyashのサービスとは?

まずはkyash(キャッシュ)とはどのようなサービスのことなのか、 ご紹介していきます。
kyashはモバイル決済や送金を行うことのできるサービスです。
アプリを利用し、アプリ上でバーチャルカードを発行することでネットショッピングの決済を行うことができたり、リアルカードを発行することで実店舗でも利用が可能となっています。
また友人同士での送金にも利用できるといった利用方法もあり、多面的に利用できる便利なサービスとなっています。
Visa加盟店であれば、利用が可能となっています。

【kyashの仕組みを見る前に】kyashでできること

ここからはkyashでできることについて確認していきます。
kyashでできることは大きく三つに分けることができます。

一つ目は支払いでの利用で、これに関してはネットショッピングと実店舗での利用が可能です。

二点目は送金で利用することができ、複数名で食事に行った場合などに便利です。
この機能を利用すれば、一人がまとめて支払いを行い、後から請求と送金を行うことが可能となります。

三点目はチャージが行えるという点で、チャージを行うことで支払いでも利用できるようになります。

【kyashの仕組みを見る前に】kyashとは無料で利用出来るサービス

最初にも少し触れた部分ではありますが、kyashでは利用する上で一切料金が発生ません。
これはkyashのサービスにおいて、一つの強みでもあります。
年会費も必要ありませんし、リアルカードを発行した場合も発行手数料もかかりません。
アプリのダウンロードや利用も、もちろん無料です。

類似のプリペイドサービスの場合、実際のカードを発行するとなると発行手数料がかかる場合もあります。
また、チャージする際も手数料が発生しないため、発行の際も、継続的に利用している中でも、料金が全く発生しないのです。
そうった意味で、このkyashのサービスは完全に無料という面で非常に利用しやすいサービスといえるでしょう。

kyashを無料で利用出来る仕組みは?

ここまで便利なサービスであるkyashですが、無料で利用出来るということは、利用者から直接的な収入がないということです。
ではどのような仕組みがあり、kyashを無料で利用することができるのでしょうか。
kyashの場合、個人が店舗との間でオンライン決済した際の、店舗からの手数料収入がメインの収入源となっています。
従って、kyashユーザーが多くの残高を持ちkyash内に溜めたお金でたくさん買い物をしてもらう必要があるということです。
また、多く送金してもらうことでもKyashの利益につながるというわけです。
完全無料で利用出来る仕組みには、こんな裏事情があったんですね。

【kyashの仕組みを見る前に】kyashのキャッシュバックサービス

kyashのキャッシュバック機能についても見ていきましょう。
これは決済金額の2%がkyashアプリの残高に還元されるサービスのことです。
バーチャルカードとリアルカード、どちらを利用した場合でもキャッシュバックされます。
通常のクレジットでも還元サービスはありますが、ここまでの水準が高いサービスはそうないといえるでしょう。

kyashのキャッシュバックの仕組みは?

kyashのキャッシュバックは、kyashを利用した決済金額に応じてキャッシュバックが発生します。
月ごとの合計金額などではなく、1回の利用につき利用額の2%分をkyash残高としてキャッシュバックするというのが、このキャッシュバックサービスの仕組みです。
合計金額ではなく、1回ごとの利用金額であるという点は注意しておきましょう。
また、キャッシュバックに該当する支払いとしない支払いに分かれていますので、対象となるものについても確認しておくのがおすすめです。

【kyashの仕組みを見る前に】キャッシュバックサービスの例外

kyashキャッシュバックの対象外となるケースについても見ていきましょう。
WAON・nanaco・楽天・Edyなどの利用、モバイルSuicaアプリでの購入・チャージGoogle Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、公共料金・税金・年金の支払い、金券や商品券の購入などは対象外となります。

ただし、Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入・チャージの場合、1回につき6000円以上利用した場合は対象となる、イレギュラーなケースもあります。

kyashのポイントが二重・三重取りできる仕組みとは?

kyashではポイントを二重、三重取りできる場合があります。
その場合の仕組みとはいったいどのようなものになっているのでしょうか。

二重取りの場合、クレジットカードまたはデビットカードを利用する必要があります。
クレジットカードにもポイント還元がされるため、クレジットカードへの還元が1%、kyashへの還元が2%ということで、3%のポイントが獲得できるというわけです。
デビットカードの場合は、0.2~0.5%分がデビットカードに還元されるため、合計で2.2〜2.5%のポイントが獲得できるということになります。
これが、kyashの二重取りの仕組みです。

また、クレジットカード、モバイルSuica経由を利用すると3倍取りも可能となります。
クレジットカードで1%、Kyashで2%、モバイルSuicaで0.5〜1%となり、合計3.5~4%分還元されることになります。
利用するものを考えるだけで、ここまでポイントの還元率が上がるのですから驚きですよね。

kyashはお得なサービスを提供するために様々な仕組みがある

kyashのサービスにまつわる、様々な仕組みについてお伝えしていきました。
kyashは完全無料で利用出来るサービスであるからこそ、収入源をしっかりと確保していました。
もしかしたら、その収入源を安定させるために、送金サービスといったサービスも打ち出し始めたのかもしれません。
また、キャッシュバック機能についても見ていきましたが、うまく活用すればポイントの二重・三重取りが可能な仕組みをご紹介しました。
kyashサービスの仕組みを理解することで、さらにお得に利用することが可能です。
この機会にぜひ、kyashサービスの様々な仕組みについて、考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください