今すぐ作れるクレジットカードあります!

kyashが使えないケースとは?使えない店舗やサイト、使えないものについて詳しく解説

Visaのプリペードカードである「kyash(キャッシュ)」は、キャッシュレス化が進む現在注目されているサービスの一つです。
Visaのプリペイドカードということもあり、基本的には国内外を問わずVisaの加盟店では利用が可能となっています。
ただし、例外的にkyashが使えない場合もあるんです。
kyashのサービスが使えない原因や、使えない店舗やWebサイト、支払いで使えないものについて、本記事では詳しく解説していきます 。

【kyashが使えないケースを見る前に】kyashとは?

まずはkyashとはどのようなサービスのことなのかご紹介していきます。
kyashはモバイル決済や送金を行うことのできるサービスです。
アプリを利用し、アプリ上でバーチャルカードを発行することでネットショッピングの決済を行うことができたり、リアルカードを発行することで実店舗でも利用が可能となっています。
またGoogle Payのサービスも利用可能で、kyashのアプリを使えばスマートフォン決済も行うことができます。
友人同士での送金にも利用できるといった利用方法もあり、多面的に利用できる便利なサービスとなっています。
またVisa加盟店であれば利用が可能となっており、利用できるシーンが多いというのもkyashの強みといえるでしょう。

kyashが使えない場合の原因とは?

kyashが突然使えなくなるケースもあるようです。
原因は様々ですが、kyashの利用条件に引っかかる場合や、登録しているカードにトラブルがあった場合などが多いようです。
kyashは、利用上限額が定められています。
上限額を超過している場合は利用できませんので、限度額について確認してみましょう。
また、指定カードにしているカードの口座残高が不足していたり、カードの与信枠を超えているために利用できないといったケースもあるようです。
登録しているカードの状況を確認し、利用可能な状態になっているかをまずは確認してみましょう。

kyashカードの種類によって使えないケース

kyashのカードの種類によっても、使える場面が制限されてきます。
kyashは二種類のカードに分かれており、バーチャルカードとリアルカードの二種類が存在しています。
バーチャルカードはアプリ使って利用するサービスで、ネットショッピングでしか利用することができません。
リアルカードの場合は、ネットショピングだけでなく店舗でも利用が可能となっています。
従って、カードの種類によっては店頭支払いでkyashを使えないといったケースにもなるわけです。

kyashが使えない店舗

kyashが使えない店舗についても具体的に見ていきましょう。
kyashは基本的にVisaの加盟店であれば、国内外を問わず利用することが可能となっています。
Visaの加盟店は非常に多いですし、そういった意味ではkyashが利用できる場面は比較的多いといえるでしょう。
ただし、Visa加盟店でもkyashが使えないイレギュラーなケースもあります。
そういった場合、どういった原因が考えられるのか、この後詳しく解説していきます。

Visa加盟店でもkyashが使えない場合もある

基本的にはVisaの加盟店であれば、国内外を問わずkyashを利用することが可能であるとお伝えしてきました。
しかし例以外として、支払いで利用できない対象のものもあるんです。
利用できる店舗という面だけでなく、利用対象となっているのかも事前に確認しておく必要がありそうです。
kyashで支払いが行えないものについて、詳しく見ていきましょう。

kyashが使えないものとは(実店舗)?

kyashの支払いで利用できないものとして、様々なものが挙げられます。
月額・継続契約の利用料金の支払いや公共料金・電話料金・衛星放送視聴料・インターネットプロバイダー利用料・保険料などといったサービスに関しては利用ができません。
継続的に支払いを行うものや、公共料金などの支払いについては、kyashの支払いが対応していないものとして認識しておきましょう。
また、ガソリンスタンド・高速道路通行料金・一部ホテルの支払い・各種プリペイド/電子マネーの購入やチャージ代金でも利用ができません。

kyashが使えないWebサイト

実店舗と同様に、WebサイトでもVisaの加盟店であれば利用が可能となっています。
ただし、例外的にkyashが利用できないWebサイトもあります。
そういった場合は、kyashの支払い対象外のものに該当している可能性が高いです。
先ほどお伝えした実店舗でkyashが利用できないものに加えて、宿泊料金の支払いや航空券の支払いなどもオンライン上の支払いでは加わります。
3Dセキュア導入のサイトなどでも利用ができませんので、ご注意ください。

kyashが使えないケースもある

kyashが使えないケースについて、具体的に見ていきました。
基本的には国内外問わずVisaの加盟店であれば、kyashのサービスは利用が可能となっています。
対応できないカードでの支払いや、対象外の商品の支払いで利用する場合を除いては、対応店舗の判断はVisaのマークを目印にして問題ありません。
それらの条件に当てはまらないのに利用ができないという場合は、kyash上限額を超えていたり、登録カードの利用が停止していることなどが考えられます。
kyashが使えないケースをしっかりと把握し、冷静に対応していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください