【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

おすすめの生命保険会社についてその魅力などについて詳しく解説

保険
生命保険協会に登録している生命保険会社は国内に41社あります。現在では地方銀行などでも生命保険が販売されているなど、生命保険会社の数が多すぎて、どこに加入すれば良いのか悩んでしまうかと思います。ですが、生命保険は自身や、残された家族のための保障でもあり、高額な買い物のため、適当に選んで良いものではありません。今回は、誰もが一度は見聞きしたことのある生命保険会社で、オススメの生命保険会社6社の特徴などについて詳しく解説します。

生命保険会社アクサ生命の魅力について

アクサ生命はAXAグループが展開する生命保険会社で、アクサダイレクトという生命保険会社も聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。

アクサ生命もアクサダイレクト生命も同じAXAグループですが、アクサ生命は対面・ネットのどちらでも契約が可能ですが、アクサダイレクト生命はネット限定となっている点で違いが生じます。

また同じAXAグループではありますが、別会社なので、取り扱っている保険商品も異なります。

アクサ生命の保険の特徴といえばなんと言っても世界でNo.1の保険ブランドであるAXAグループの会社であることです。

そんなアクサ生命は1934年設立と84年も前からある会社で、常に顧客のニーズに合った保険商品を販売していて信頼感も業界No.1と言っても良いです。

生命保険は高額な買い物であり、自身の老後の資金や自身が亡くなった時の家族の経済的保障など、とても大事なリスク管理です。

生命保険会社朝日生命保険の魅力について

朝日生命は、男性専用保険や女性専用保険、また、14歳以下のお子様がいる家庭向けの保険や子育て中の母と子どものための保険商品など、的を絞った保険商品を販売しているのが特徴です。

限定的な保険商品を販売することで、保険料を安く抑えるなど工夫がされています。

男性専用保険は独身・責任・シニアとそれぞれのライフステージに沿った保障を自由に組み立てることのできる保険で、無駄なく変えたいものだけ変えられるのも魅力の一つです。

女性専用保険は保険会社によっては販売しているところも多々ありますが、男性専用保険を販売している生命保険会社は少ないです。

生命保険会社オリックス生命の魅力について

オリックス生命では、シンプルでわかりやすい保険商品を安く販売しているのが特徴です。

解約返戻金・満期返戻金を無くすことで低価格な保険料を実現した定期保険ファインセーブでは30歳男性で死亡保険金額1,000万円、満期10年の場合、月々1,880円とかなり安い料金設定になっています。

また、インターネットが普及している現代のニーズに合わせインターネットから契約できる定期保険も用意されているのも魅力の一つです。

またインターネット申し込み専用の定期保険ブリッジでは同条件で、月々1,168円とファインセーブよりも700円以上安いです。

ネットから申し込みができて、1,000万円の死亡保障を受けられて、月々1,168円はとても安いです。そして、30歳男性の場合は10年満期で月々1,168円と言いましたが1,168円×120ヶ月=140,160円の総支払い額になります。

つまり、140,160円の支払いで10年間も1,000万円の保障が受けられるんです。とても魅力的です。

生命保険会社損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の魅力について

損保ジャパン日本興亜は言わずとしれた保険会社大手ですが、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の魅力はなんと言っても豊富な種類の保険商品です。

損保ジャパンというだけあって損害保険を主にしているように思われがちですが、生命保険や医療保険、がん保険ももかなり充実した保険商品を用意しています。

その中でも一番注目したいのが認知症保険です。

認知症保険はあまり聞いたことがないかと思いますが、これは第一分野である生命保険、第二分野の損害保険またどちらにも属さないともどちらに属すとも言える第三分野(医療保険・がん保険)の保険商品です。

この認知症保険は業界初、軽度認知障害と診断された場合から保障を受けられる、全く新しい保険です。

現在の日本では、少子高齢化が進み、4人に1人が65歳以上と超高齢化社会と呼ばれています。そんな超高齢化社会の日本で認知症患者は7人に1人と言われています。

また、2025年には65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症になると見込まれています。そんな現在だからこそ認知症保険はとても需要のある保険です。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は常に現在のニーズに合わせ、新しい保険商品を販売している保険会社です。

生命保険会社明治安田生命の魅力について

明治安田生命は積立型生命保険の種類がとくに豊富です。また、中には満85歳でも加入できる米ドル建て一時払い養老保険も用意されています。

外貨建ての生命保険商品を用意している生命保険会社は少なくは無いですが、満85歳でも加入できる保険はそう多くありません。

外貨建ての生命保険は、為替差益も狙えますが、為替差損に対するリスクもありますので注意が必要です。

米ドルは穏やかな値動きをすると言われていますが将来のことは誰にもわかりません。もちろん円高時に加入し、円安時に満期を迎えれば予定よりも多額の保険金を受け取れますが、リスクをしっかり理解し、加入されることをおすすめします。

ドル建て以外にも一般的な積立保険もたくさん用意されていますので、積立型生命保険をさあがしている方には選択の範囲が広がるので、特におすすめです。

生命保険会社メットライフ生命の魅力について

メットライフ生命では、持病がある方でも加入しやすい終身保険が用意されています。

持病をもっていても加入できる保険商品を販売している生命保険会社は多数ありますが、メットライフ生命では、日々の健康のことを相談できたり、健診の相談や予約、悩みについて相談できるメンタルサポートなど生命保険保障だけではないのが何よりの魅力です。

様々な事に対し、相談に乗ってくれたり、サポートしてくれるのはものすごく安心できます。ちょっとしたことでも親身になって相談に乗ってくれる保険会社はそう多くないです。

そういったサポートを日常的にしてくれる保険会社なら加入を検討している時点から、安心してお話をし自分自身に合った保険商品を紹介してくれるという信頼感が生まれます。

おすすめの生命保険会社についてのまとめ

生命保険協会に登録している生命保険会社は、国内に41社ありますが、それぞれ同じように見えて異なる特徴を持った保険商品を販売しています。

どこの会社が良いのかどうかは、各個人各家庭によって異なりますが、今回は、誰もが一度は聞いたことのある生命保険会社の中で特におすすめの生命保険会社の特徴などについて説明してみました。

有名な生命保険会社だから、聞いたことがある生命保険会社だから必ずしも自身に合った保険商品を販売しているとは限りません。

生命保険という買い物は高額です。よくよく検討した上で契約されることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください