【8月26日まで!!】楽天カード8,000ポイント入会特典✨

生命保険終身保険はどうなの?外貨建て終身保険は?終身保険の種類や外貨建て終身保険のメリット・デメリット!

保険
終身保険とはどんな種類があるの?外貨建ての終身保険はどうなの?終身保険に満期はあるの?各終身保険の特徴や外貨建て終身保険のメリット・デメリットなど気になる疑問について詳しくわかりやすく徹底解説していきます。良かったら参考にして下さい。

生命保険:終身型とは?

終身保険は定期保険と同様の死亡保障を主にしています。ですが定期保険と生命保険の大きな違いは保障期間が有期か一生涯続くかという点で違います。
人は必ず最期の日を迎えますその時に、残された遺族などに資産を残したり、自身の葬儀費用などで経済的な負担をかけたくないという場合に有効な保険です。
また老後の生活資金とした貯蓄目的でも使えます。貯蓄性そして、死亡保障両方を兼ね備えた保険それが終身保険です。
また、保険料の払込みには一定年齢まで、または一定期間保険料を払い続ける有期払いと被保険者が生きている間ずっと保険料を支払い続ける終身払いがあります。契約内容が同一であれば、一般的に有期払いの方が払込み保険料が高くなります。
終身保険の保険料は、定期保険に比べて高いですが、掛け捨てにはならず、加入年数の経過にしたがって解約返戻金が増加していきます。つまり、貯蓄性も兼ね備えています。
また、保険料払込満了時に、死亡保障に代えて年金払いや介護保障を選択できる保険会社もあります。

生命保険 終身:低解約返戻金型終身保険

終身保険には保険料払込期間中に解約した場合に、解約返戻金を低く設定されている、低解約返戻金型終身保険があります。
保険料払込満了後は通常の終身保険と同レベルの解約返戻金が受け取れます。
同じ条件であれば、通常の終身保険に比べて、保険料は割安になります。
また、無選択型終身保険という終身保険もあり、通常の終身保険に比べて保険料は割高になりますが、告知や医師の検診が不要な終身保険です。
持病などをお持ちの方も加入しやすい終身保険です。

生命保険 終身:定期保険特約付終身保険

終身保険の中には定期保険特約付終身保険も用意されており、この保険は終身保険に定期保険特約を付けて、一定期間の保障を大きくした保険です。
定期保険と終身保険の両方を受けられるという特徴があります。また、定期保険特約部分には、全期型と更新型の2種類があり、全期型は定期保険特約の保険期間を契約時から保険料払込満了時までとし、保険料は一定になります。
更新型は10年20年など、一定の保険期間に満期に更新していくものです。また、更新型は更新時の健康状態などにかかわらず、自動的に更新されます。

生命保険 終身:利率変動型積立終身保険

利率変動型積立終身保険は必要に応じて保障内容が見直すことができるのが特徴です。
積立部分と保障部分が切り離されていて、積立部分は保険料をプールする貯蓄機能を持ち、一時金を投入したり、積立金を引き出したりすることができます。
また積立金を保障部分に充てることで死亡保障を充実させることもできます。

生命保険 終身:変額保険(終身型)

貯蓄性のある保険として、変額保険(終身型)という終身保険があります。通常の終身保険と一緒で一生涯死亡保障があります。
死亡保険金は契約時に定められた、基本保険金額は最低保証され、運用実績によっては、更に多くの保険金を受け取れる可能性がある保険です。
ただ、途中で解約した場合には、解約返戻金に対しては最低保証がないため、受け取れる解約返戻金は運用実績次第になります。

生命保険 終身:外貨建て

終身保険には外貨建ての保険もあります。
外貨建て保険は海外の高金利を目的にした、また為替差益を目的にした保険商品です。主に米ドル建てが主流ですが、保険会社によっては為替変動率が米ドルに比べて高い、豪ドルやユーロといった通貨を使用している保険会社もあります。
為替は24時間365日変動しているため、また世界情勢などの影響も受けやすいため、為替差益が受け取れる可能性がある一方為替差損のリスクもあります。
保険金額などはすべて各通貨で表されます(例100,000ドル)が、保険金支払いはすべて日本円に換算され支払われます
日本に比べて海外の金利は高く、貯蓄性が高かったり、予定利率が高いため、保険料が安かったり、為替差益が受け取れる可能性があるなど、メリットもたくさんありますが、最大のデメリットとして、為替差損があります。
経済はアメリカが中心に動いていると言われていますが、例えば保険金額が100,000ドルの終身保険に加入していたとします。
保険金支払い事由発生時に保険料払込み平均より10円の円高になっていたとします。たったの10円ですが、10円×100,000ドル=100万円の為替差損が発生します。
このようにメリットがある反面デメリットもあります。よく理解した上で契約されることをおすすめします。

生命保険 終身:満期

終身保険には満期はありません。満期とは、保障期間が終了することを言いますが、終身保険は、被保険者が死亡するまで一生涯続く保険のため、終身保険に満期はありません。
満期に似た言葉で、終身保険でよく聞くのが払込満了です。満期と満了がよく勘違いされがちですが、全く違う意味を持ちます。
終身保険に満期が無いことは説明しましたが、払込満了とはなにか。
終身保険には一定年齢までもしくは、一定期間保険料を支払う有期払いと被保険者が生きている間保険料を払い続ける終身払いがあります。
そして、有期払いを選択して、保険料の支払いが終わることを払込満了と言います。もちろん保障は一生涯続きますが、保険料の支払いは終了しましたということになります。
保険料の払込みを満了すると、死亡保障に代えて年金払いで保険金を受け取れたり、介護保障を受けられたりする保険会社がある他、保険料払込み期間中に終身保険を解約し、解約返戻金を受け取る場合に比べて、保険料払込み満了後の解約返戻金は高くなります。

生命保険 終身:まとめ

終身保険は一生涯の死亡保障がうけられる保険ですが、貯蓄としても有効な手段です。また、外貨建ての終身保険も用意されているなど、終身保険の種類も多種多様です。
そんな、終身保険は自身の老後の資金に対する貯蓄としても、残される遺族に対する経済支援としても有効なリスク管理です。
どういった終身保険に加入されることがいいのかは各個人や各家庭の状況によりますが、様々な終身保険の種類があることを考え自身のニーズに合った終身保険選びをしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください