【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

生命保険の貯蓄型とは?貯蓄型生命保険の種類や特徴、メリット・デメリット!

保険
生命保険には貯蓄型と掛け捨て型とが、ありますが貯蓄型保険とはどういう保険なのか。また貯蓄型生命保険の種類や特徴、メリット・デメリットなどについても詳しく説明します。

貯蓄型生命保険とはそもそもどういう保険?

生命保険は貯蓄型と掛け捨て型があり、貯蓄型の生命保険は万が一の事があった場合の保障と貯蓄性を兼ね備えた保険です。

貯蓄型の生命保険の一番代表的なのが終身保険ですが、被保険者が亡くなった場合には保険金受取人に保険金が支払われ、残された遺族のその後の生活資金などになり、万が一のリスクに備えられます。

そういった保障機能を持ちながら満期時や解約時には満期保険金や、解約返戻金などが受け取れるという貯蓄機能もあります。

また、満期まで保険に加入していた場合は、一般的に銀行に貯蓄するよりも利率がよく、支払った保険料以上に満期保険金が受け取れるなどの特徴があります。

貯蓄型生命保険の種類とは?

貯蓄型生命保険には種類があります。それぞれの特徴などについて詳しく解説していきます。

終身保険

終身保険は定期保険と同様、被保険者が死亡した場合に死亡保険金が支払われる保険ですが、定期保険とは違い、生きている間一生涯保障が続きます。

そして、加入年数の経過にしたがって、解約返戻金が増加していきます。また、保険料の払込満了時には死亡保障に代えて、年金払いや介護保障を選択できる保険会社があるなど、貯蓄性と死亡保障に優れている保険です。

また、終身保険には低解約返戻金型終身保険という保険も販売されており、保険料払込期間中に保険を解約した場合には、解約返戻金は少ないですが、保険料の払込の満了後には一般的な終身保険と変わりはありません。

低解約返戻金型終身保険は他の条件が一緒であれば、一般的な終身保険に比べて保険料は安くなります。

養老保険

養老保険は定められた保険期間内に被保険者が死亡した場合には死亡保険金が支払われ、満期時に生存していた場合には、死亡保険金と同額の満期保険金が支払われる保険です。

貯蓄性と保障性を兼ね備えている保険ですが、満期時には保障がなくなってしまうので、注意が必要です。

また、養老保険には契約時に保険料をすべて払い込んでしまうものがありますが、これを一時払い養老保険と言い、保障性よりも貯蓄性を重視した金融商品に近いものとして、考えられています。

利率変動型積立終身保険

利率変動型積立終身保険は積立部分と保障部分が切り離されているため、積立部分は保険料を貯蓄する機能を持ち、一時金を投入したり積立金を引き出したりすることも可能です。

また、利率変動型積立終身保険では、それまでの積立金を原資として、終身保険や個人年金に移行することも可能です。

学資保険

学資保険は子供の教育資金を準備するのが目的の保険で、保険期間中に契約者が死亡した場合などは、以後の保険料の支払いが免除されるのが特徴です。

学校入学時に祝い金、満期時には満期保険金が支払われるのが一般的ですが、契約者が死亡すると、育英年金が支払われるタイプもあります。

個人年金保険

個人年金は終身年金・確定年金・有期年金・夫婦年金に分けることができます。

終身年金はあらかじめ定められた年齢から、被保険者が生きてい限り毎年年金が受け取れるもので、被保険者が死亡すると年金の受け取りは終了します。

確定年金とはあらかじめ定められた年齢から一定期間(10年15年など)被保険者の生死に関わらず、年金が受け取れるものです。

年金受け取り期間中などに被保険者が死亡した場合は、残された遺族が残りの期間に対応する年金を受け取ることができます。また、一時金としても受け取ることが可能です。

有期保険とはあらかじめ定められた年齢から一定期間年金が受け取れるというところは、確定年金と変わりはありません。

夫婦保険とは、夫婦で一つの生命保険に加入し、あらかじめ定められた年齢からどちらかが生きている間一生涯、年金を受け取れる保険で、夫婦のいずれか一方が亡くなったからといって、年金額が減額されません。

ですが、有期保険の場合は被保険者が死亡した場合にはそれ以降、年金を受け取ることができません。

貯蓄型の生命保険で見かける外貨建て生命保険とは?

生命保険には外貨建ての生命保険があります。基本的な保障などは何も変わりは無いんですが、保険料の支払いや保険金、満期保険金などを外国の通貨で支払ったり支払われたりする保険です。

外国の通貨は24時間365日為替レートが変動しているため、うまくいけば、為替差益に期待することができ、通常の生命保険よりも支払われる保険金額などが高くなります。
また、日本に比べて、外国の方が金利が高いため、貯蓄性が高い保険として人気です。
その他に、予定利率が高く、保険料が安いなどのメリットがある反面、為替差損などによるリスクも生じます。
平均払込保険料よりも保険金支払事由もしくは、満期保険金の受取時などに、円安となっていれば良いのですが、円高になっていた場合は為替差損、つまりは支払われる保険金額や満期保険金が少なくなります。
あらかじめ、保険金額などは定められていますが、各国の通貨で表されています。保険金や満期保険金、支払保険料は日々変動しているということになります。(保険料の支払いや、保険金の支払いはその時の為替レートにしたがって日本円で支払らわれます)

貯蓄型生命保険のメリット・デメリット

貯蓄型生命保険のメリットとしては、銀行よりも貯蓄性が高い・ほぼ強制的に貯蓄ができる・生命保険控除の対象になり節税にもなる。などがあります。
銀行よりも貯蓄性が高い理由としては、保険会社は顧客から預かった保険料の一部を公社債や株式、不動産などで運用しているからです。
ただ、保険会社は顧客の資産を減らさない。ということを大前提に運用を行っているため、あまり強気な運用はできません。なので、安全性が高いとされている公社債を主に運用の対象にしています。

ですが、保険加入年数が短い場合などに解約して、解約返戻金を受け取った場合、元本割れするリスクもあります。
そして、生命保険の貯蓄型では、ほぼ強制的に貯蓄ができます。その理由としては、毎月、決まった日にちに決まった金額を支払うことにより、ほぼ強制的に貯蓄ができます。
また、途中で解約した場合には元本割れするリスクがあるので、銀行の貯蓄に比べて解約しにくい一面も持っています。

生命保険は毎年、生命保険料控除を受けられます。上限は所得税で40,000円、住民税で28,000円となっています。
それぞれ控除を受けられるため、節税にもなります。

デメリットとしては解約しにくい・保険料が高いなどがあります。
貯蓄型の生命保険は元本割れするリスクを考えると、解約しにくいです。もし経済的な理由などで解約を検討されている場合は、いろいろな方法があります。その他、不必要な保障が出た場合なども、部分解約できたりもしますので、まずはそちらを検討してみてください。
そして、貯蓄型の生命保険は掛け捨て型に比べ保険料は割高です。7~8,000円から販売されている貯蓄型生命保険もありますが、ほとんどは1万円以上と高額です。
将来の保障を充実させようとするあまり、現在の生活が経済的に苦しくなってしまっては意味がありません。

掛け捨て型の生命保険もありますので、自身の目的や経済状況をよく把握した上で、掛け捨て型、貯蓄型の両方を検討してみてください。

生命保険の貯蓄型についてのまとめ

貯蓄型の生命保険は、様々な種類があり、貯蓄としても将来の生活資金の確保としても、資産運用にも、そして死亡保障にも使えるとても便利な保険です。

ただ、途中解約した場合は元本割れするリスクがあったり、保険料が高かったりとデメリットもあります。

貯蓄型生命保険はとても便利で自身のライフスタイルに合わせられるよう充実した保険商品を販売されていますから、ついつい魅力的に見えて加入を焦ってしまうかもしれません。

ですが、焦って加入したあとに、経済的な理由から途中で解約せざるを得ない状況になってしまったり、保険料が高く日々の生活が苦しくなってしまっては意味がありませんので、そうならないように、上手に掛け捨て型保険も利用するなど、自身のニーズに、また自身のライフスタイルに合った保険選びをしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください