今日すぐ使える即日発行カード特集🚀💨

ライフカードの家賃が残高不足!滞納を回避する方法と引き落とし日を再確認

やばい!!ライフカードの家賃が残高不足で支払えない……

「ライフカードの家賃の引き落とし日に間に合わないかもしれない……」
ある日、ふとライフカードの家賃引き落とし日が迫っていることを思い出し、銀行の残高を確認するも不足している状況……。

こんな時、
・家賃の滞納を避ける方法
・ライフカードの家賃の引き落とし日の再確認
が知りたいですよね。

そこで、この記事ではライフカードの家賃の引き落とし日と滞納の回避方法についてまとめました。

ライフカードの家賃が残高不足になったときのリスク

ライフカードの家賃が残高不足で支払えなかった場合のリスクは主に4つです。

  • 遅延損害金が発生する
  • 家賃督促がある
  • 裁判になることもある
  • 最悪の場合、強制退去

遅延損害金が発生する

まず家賃の支払いが遅れると遅延損害金が発生します。

遅延損害金は14.6%(実質年率)かかってきますので、家賃の支払いが遅れれば遅れるほど余計な手数料がかかってしまうので、返済見立てや入金予定日を早めに伝えるなどをして手数料負担を減らせるよう交渉しておきましょう。

家賃催促がある

家賃の滞納が中長期になると、ライフカードから家賃支払いの催促が行われます。

催促の連絡は保証会社、保証人、本人とそれぞれ連絡されますので、保証人に迷惑をかけたくない方は早めの相談をしておくと良いでしょう。

ライフカードは、引き落とし当日に金額が不足していた場合、その後の引き落としはできないようになっていますので、翌月にまとめて2ヶ月分が引き落とされることはありません。

裁判になることもある

ライフカードから催促があったにも関わらす家賃滞納が長引いてしまうと、内容証明郵便物が送られ法的な手続きを取られます。

訴訟の判決次第では、最悪の場合は部屋の明け渡しが命じられます。

最悪の場合、強制退去

判決があったにも関わらず、それでも家賃の支払いができなかったり、退去・撤去ができないでいると、強制執行手続きを進められることになります。

こうなってしまうと住居を失ってしまいますので、最悪のケースに辿り着く前に親族、友人、役所などに相談しておくことをおすすめします。

ライフカードの家賃滞納を回避する方法

もしライフカードの家賃を滞納する可能性がある方は、即日発行で今日すぐお金を引き出せるACマスターカードをおすすめします。

最大30日間はキャッシング金利が0円になりますので、家賃滞納の遅延損害金を一時的にでも回避することができます。

年会費無料
申込資格20歳〜69歳
発行時間最短30分審査
国際ブランドマスターカード
キャッシング手数料3.0%〜18.0%(実質年率)
限度額最大800万円

ACマスターカードは年会費無料で唯一全国47都道府県に600店舗以上(2019年6月1日現在)を展開しているので、引き落とし日直前でも今日すぐに受け取ってお金を引き出せるので安心です。

注目!!キャッシングするならどこがおすすめ?キャッシングを比較してみました
注意
※安定した収入があれば主婦、学生、アルバイトでもOK!
※限度額はショッピング枠+キャッシング枠の合計

ライフカードの家賃引き落とし日について

ライフカードの家賃は、毎月27日が引き落とし日となります。

家賃は前払いとなりますので、次月分の家賃が先に支払われる形となります。

引き落とし日毎月27日
支払いサイクル前家賃

振込にも対応しているが……

ライフカードの家賃は振替でなくても、口座振込によって支払うこともできます。

しかし、振込手数料は自己負担となりますので、口座振替のほうがお得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください