【8月26日まで!!】楽天カード8,000ポイント入会特典✨

LINE(3938)の株主優待の内容とは?お得な使い方〜買取情報まで解説

LINEの株主優待の内容とは?お得な使い方〜買取情報まで解説
みなさんご存知のLINEはスマホ向けメッセンジャーアプリを運営していますね。ゲーム、音楽、動画配信、そしてスマホ決済も展開している急成長企業ですが、株主優待制度などはあるのでしょうか?この記事では気になるLINE(3938)の株主優待制度についてまとめました。知名度の高いLINEに注目してみます!

LINEの株主優待の内容について


今ではスマートフォン利用には欠かせないアプリとして、10代〜60代の多くのユーザーを獲得しています。
そんなLINEは、多くの人が利用しているアプリの「LINE」がそのまま企業名です。2016年7月に上場して2年足らずなので、残念ながら株主優待や配当は、今のところ無いです

株価も3,800円前後(2018年12月20日現在)で一単元約40万で購入できる銘柄なので、今後優待制度の実施を期待したいですね。また、どんな優待内容になるのかも正直興味が湧きますね。

そのため今後LINEが株主優待制度を実施したときにはどうしたら良いかを踏まえて、次章で説明していきます。

 

以前にはLINE株保有者に優待プレゼントがあった?

今のところLINEの株主優待制度は実施されてはいません。

ただし、以前にはLINE株を100株以上保有されている株主を対象に、申し込みがあればスマートスピーカー「Clova frends」がプレゼントされています。これは優待?と思ってしまいますよね。
LINE(3938)の株主優待の内容とは?お得な使い方〜買取情報まで解説

この「Clova frends」がプレゼントは、2017年12月末日の権利確定日に株主名簿の記載がある株主対象です。

2018年12月末日もあとわずかです。
何かある?のかもと少し期待をしてしましますね。

LINEの株主優待が出たら?の買い方の基礎知識ご紹介

LINE(3938)に限らず一般的な株主優待券を購入の流れも含めて必要事項を解説していきます。LINE株式会社は、東証1部に上場している企業なので、東京為替市場で自由に売買することが可能です。

LINE(3938)の株主優待が発表されましたら、まず証券口座を開設して株を購入します。

株主優待券を買う流れとしては以下のようになります。

  1.  証券口座を開設する
  2.  LINEの株式を単元を確認する
  3.  それに応じた株数を購入する
  4.  権利確定日まで株を持ち続ける

LINEの株主優待券が出たら?金券ショップでの買う方法について

一般的に金券ショップでは、株主優待券などが取り扱われています。
贈呈された株主優待は、本来利用して使い切ることが理想なんですが利用できないことも出てきてしまいますので、金券ショップで換金されたものが売られています。

一般的にお食事券や割引券などは、金券ショップでも人気があります。
もしLINEで株主優待が出たら?その優待内容にもよりますが、最寄り金券ショップの店舗やオンラインサイトでチェックしてみると良いです。

また、常にお目当の優待券が常に売られているわけではなく、人気の優待券は売り切れてしまします。株主優待券は有効期限があるものがほとんどなので、各株主に送付後1、2ヶ月が最も多くあると考えられますので、タイミングをみて購入しましょう。

注意
ただし、商品券などの金券は古物営業法において規定されていますので、許可を得ている古物商(金券ショップも古物商です)なら取引可能ということになりますので注意してください。

LINEの株主優待の権利確定月は何月?

一般的に株主優待の権利確定月とは、株主権利がもらえる権限が確定する月のことをいいますが、株式を公開しているLINEの権利確定月は12月末日となります。

今後、LINEの株主優待が出たら、権利確定日株主優待券をもらう権利が確定する大事な時期です。
正確な情報は、必ずLINEの公式サイトで確認することをオススメします。

権利付き最終日とは?
株式は購入したその日から株主になれるわけではなく、企業から株主としての権利を得るには権利確定日を待つ必要があります。また、株を買ってから3営業日という期間が求められます。このような権利確定日の3営業日前の日のことを「権利付き最終日」と呼びます。権利確定日の直近で株価が高騰しがちですから、購入の際は十分注意しましょう。

LINEの気になる株主優待が出たら?優待利回りと配当利回りについて

優待利回りと配当利回りとは、投資金額に対してどのくらいお得なのか?株主優待(収益)の割合を示す指標で、数値が高い方がお得となります。

優待利回りとは、年単位で優待内容を金額換算したものです。
また、株主のもう一つのメリットとして配当を受け取れます。配当利回りは年間の配当金を株価で割って算出します。その利回りを足したものが各銘柄の利回りになります。

高いお金を出して株保有しても、得られる優待が期待外れとならないようにするにも参考になるかと思います。

LINE株式会社の会社概要

LINE株式会社
上場市場 / 東京証券取引所 市場第一部、ニューヨーク証券取引所
業種 / 情報・通信
事業内容 / スマホ向けにメッセンジャーアプリを運営。広告やゲームが主力。音楽や動画配信、MVNOも
本社所在地 / 新宿オフィス/〒160-0022 東京都新宿区新宿四丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー23階
公式サイト / https://linecorp.com/ja/

LINEを運営するLINE株式会社の証券コード

LINEを運営するLINE株式会社の証券コードは「3938」になります。

証券コードとは銘柄コードとも言い、上場企業に割り当てられる4ケタの数字のことを言います。

会社四季報などにも企業名の隣りに証券コードが記載されています。
インターネットを利用して銘柄データを検索するときに、この「証券コード」または「銘柄名」を入力すると企業情報をみることができます。

LINEの株主優待についてのまとめ

LINE(3938)の株主優待は、上場したばかりの企業ですので、残念ながら今のところありませんでしたが、以前には株主対象に「Clova Frends」のスマートスピーカーがプレゼンとされています。

株主優待制度を実施できる企業は、安定した運営ができているので株主に還元できるのです。
やはり何か期待させてもらえる企業だと思います。LINEは知名度も高く益々期待が高まる企業なので、今後も注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください