1等は1,000%!PayPayジャンボ開催中💕

枚数とは?の意味と使い方を解説

枚数
「枚数」とは、日常的によく聞く一般的な言葉の一つです。そんな「枚数」について、ここでは深く掘り下げて説明していきたいと思います。「枚数」の読み方や主な意味、正しい使い方や間違った使い方、ことわざなどについてご紹介します。また、中国語や英語などの外国語での使い方についてもご紹介するので参考にしてください。

枚数の読み方

「枚数」の読み方は、「まいすう」となります。これ以外に他に読み方はないのですが、「枚」と「数」を別々にすれば違った読み方になります。「枚」の場合は、「まい」の他にも「ばい」という読み方があります。「数」の場合は、「すう」の他にも「かず」「す」などの読み方があります。「枚数」の場合は「まいすう」としか読むことが出来ないのですが、漢字をそれぞれ別に分けた時に読み方が変わってくるので覚えておきたいですね。

枚数の意味について

「枚数」の意味は、「枚」で数えることが出来るものということになります。「枚」で数えられるものには、例えば紙や板、皿などがあります。紙や板、皿を数える時によく使われるのが「枚」です。1枚、2枚、3枚という風に一つずつ数えていくことが出来ます。紙や板、あるいは皿のように薄いもの、重ねられるものなどは「枚」を使って数えることが多いです。「枚」で数えられないものは、「枚数」が使えないということになるので気を付けましょう。

枚数の正しい使い方

「枚数」の正しい使い方は、紙や板、皿などの薄くて重ねられるものなどに対して使われるのが正しい使い方ということになります。「紙が1枚ある」「板が1枚ある」「皿が1枚ある」などですね。枚で数えられないものは、「枚数」が正しく使えなくなるので気を付けましょう。例えば、個数などで数えられるようなものは正しい使い方とは言えないでしょう。紙、板や皿を数える時に使うのが枚数であるということを覚えておきたいですね。

枚数の間違った使い方

「枚数」の間違った使い方は、「枚」で数えられないものになります。例えば、石は1個2個と数えていくものです。重くて重ねられるようなものではないですし、1つの塊として数えていくものです。そのため、石を1枚2枚と数えるのは間違った使い方になります。また、ジュースなどのボトルも同じことが言えます。1本、2本と数えていくのが正しい使い方になるのでボトル1枚、ボトル2枚と数えることは出来ないので間違いになります。

枚数を使った例文

「枚数」の使い方は、とても簡単なので普段何気なく使っている人がほとんどだと思います。ここでは、「枚数」を使った例文についていくつかご紹介したいと思います。「枚数」はとても親しみやすい言葉の一つになりますが、日常の会話で使う場合は具体的にどんな使い方があるのかを見ていきましょう。実際に使われる場面を想定してご紹介します。

枚数の使い方【例文その①】

一つ目の例文は、郵便局でハガキを買う時の会話です。
「こんにちは。通常ハガキを30枚お願いできますか?」
「こんにちは、全部で1860円になります。枚数の確認をお願いいたします。」
「ちょうど30枚あります。」
「ありがとうございます。またのお越しをお待ちしております。」
「ありがとうございました。」
この会話では、通常ハガキの数を数えて確認するということで正しく「枚数」という言葉が使われている一例になります。

枚数の使い方【例文その②】

二つ目の例文は友人との会話です。
「今度同級生の結婚式があるんだけど、初めて友人代表でスピーチすることになったんだ。」
「そうなんだ、頑張ってね。」
「うん、それでスピーチの原稿はどれくらい必要なのかな?」
「私は以前友人の結婚式でスピーチした時は3枚くらいにおさめたよ。でも枚数は気にせずにお祝いの気持ちを伝えたら良いよ。」
「そうだね、まずは3枚を目安にしてあとはお祝いの気持ちを沢山伝えるよ。」
この会話では、スピーチの原稿の枚数を確認するということで正しく「枚数」が使われています。

枚数は英語でなんて言うの?

「枚数」は英語にすると「Number of sheets」になります。「チケットの枚数を確認してください」という文章を英語にするのであれば、「Please check the number of ticket」となります。「もっとカードの枚数を増やしてもらえますか?」という文章を英語にするのであれば、「Can you increase the number of more card?」となります。

枚数は中国語でなんて言うの?

「枚数」を中国語にすると「张数(Zhāng shù)」となります。「チケットの枚数を確認してください」の文章を中国語にすると、「请检查门票数量(Qǐng jiǎnchá ménpiào shùliàng)」となります。「もっとカードの枚数を増やしてもらえますか?」という文を中国語にする場合は、「你能增加卡的数量吗?(Nǐ néng zēngjiā kǎ de shùliàng ma?)」となります。

枚数の類義語や関連語は?

「枚数」の類義語や関連語には、「紙数」や「ページ数」などがあります。「枚数」の意味は、枚で数えられるもののことで主に紙や板、皿などを数えることになります。そのため、「枚数」の類義語や関連語も紙や板、皿のように数えられるものということになります。「紙数」は原稿用紙などの数や書物のページ数という意味になるため、「枚数」と非常に近い言葉になります。また、「ページ数」も紙を数えるということで「枚数」と似た言葉になります。

枚数の対義語は?

「枚数」には特に対義語はありません。しかし、紙や板、皿のようなものとして数えるのではなく物を数えるという意味では「個数」が対義語として考えられます。「個数」は例えば荷物などの物を数える時に使う言葉なので、紙や板を数える時に使うことは出来ないのです。「枚数」は、基本的には枚で数えられるものということを覚えておきましょう。枚で数えられないものを数える時に使う言葉が、「枚数」の対義語に当たると言えるでしょう。

枚数を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「枚数」を使ったことわざや慣用句、熟語などは特にありません。しかし、「枚」と「数」に分けた場合それぞれの熟語はいくつかあります。「枚」の場合は、「大枚」「枚方」などの二字熟語があり「一枚岩」「一枚絵」などの三字熟語があります。四字熟語では「千枚道具」「二枚看板」などがあります。「数」に関しては、「因数」「仮数」などの二字熟語があり「英数字」「仮分数」などの三字熟語があります。四字熟語では「因数分解」「一次関数」などがあります。

枚数にまつわるサイト

「枚数」にまつわるサイトをここで2つご紹介したいと思います。
https://eikaiwa.dmm.com/uknow/questions/15129/
こちらのサイトでは、日本語の文章を英語に訳したものを見ることが出来ます。例文が豊富で、英語での使い方がわかりやすく解説されています。

https://kotobank.jp/word/%E6%9E%9A%E6%95%B0-632965
こちらのサイトでは、「枚数」の基本的な意味について詳しく解説しています。

枚数の意味や使い方についてのまとめ

普段、日常的によく使う機会のある「枚数」。何気なく使っている人が多い言葉だと思いますが、ちょっとした間違いによって本来の正しい意味が伝わらなかったり誤解を招いてしまうことになりかねません。ここで正しい使い方を再確認するとともに、中国語や英語などの外国語での使い方についても合わせて覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください