【6/24迄】今なら楽天カード入会で7,000ポイントもらえる✨

松井証券のネットストック口座とは?どんな取引が可能?

松井証券のネットストック口座とは、どのような口座を指しているのでしょうか。
また、口座開設の手続き方法や取引可能な商品について気になっているという方もいるでしょう。

そこで今回は、松井証券のネットストック口座の概要や、取引可能商品、口座開設の方法などをまとめてご紹介します。
松井証券での取引に興味がある方、ネットストック口座って何?と気になる方はぜひご覧ください。

松井証券のネットストック口座とは?

ネットストック口座とは、松井証券の証券口座の名称です。
松井証券が独自に付けている名称になります。

ネットストック口座を開設することで、国内株式の現物取引などが可能になります。
また、ネットストック会員となり、会員IDとパスワードが発行され、会員画面へのログインが可能になります。

ただし、以下の取引を開始する場合には、ネットストック口座の開設完了後、ネットストック会員画面から各口座の開設手続きが必要になります。

  • NISA(少額投資非課税制度)
  • 信用取引(制度信用取引、無期限信用取引、一日信用取引)
  • 先物・オプション取引(先物・オプション取引、一日先物取引)
  • NetFx
  • 投資信託口座
  • 逆指値・追跡指値、返済予約注文
  • 貸株サービス

松井証券でネットストック口座の口座開設の流れとは?

松井証券でネットストック口座を開設する際の流れをご紹介します。
今回は、最短4日で取引を開始することができる、オンラインでの口座開設の流れをご紹介しましょう。

  1. 松井証券のWEBサイト内の「口座開設」ボタンをクリック
  2. お申込み方法選択で「オンラインで申し込む」を選択する
  3. 個人口座開設の入力画面で、必要事項を入力する
  4. マイナンバー確認書類(通知カード等)・本人確認書類の画像をアップロード
  5. 口座開設完了通知が郵送で届く
こちらで、口座開設の手続きは完了です。
口座開設完了通知に記載されている会員ID、会員パスワードで会員画面にログインし取引を開始することができます。

松井証券のネットストック口座には申込受付基準がある!

松井証券のネットストック口座には、申込受付基準が存在します。
申込受付基準を満たしているかどうか、確認してから口座開設の手続きを行いましょう。

【ネットストック口座の申込受付基準(個人)】

  • 本国内に居住していること(国籍は問わない)
  • 成人であること
  • 金融商品取引法等の関係法令、諸規則、当社取引規程等を遵守できること
  • インターネット環境が整っていること
など、複数の項目があります。

松井証券WEBサイト内のこちらのページより、事前に申込基準を満たしているかどうか確認しておきましょう。

松井証券のネットストック口座は取引手数料とは?

松井証券のネットストック口座で、株式の現物取引を行う場合の手数料は以下の通りです。

※新たに信用取引口座を開設してから6か月後の月末までは30万円まで手数料が0円です。

他の大手ネット証券会社と比較しても、大差ない手数料体系となっています。

松井証券のネットストックスマートとは?

松井証券には、「ネットストックスマート」というネットストック会員向けWEBサイトがあります。
無料で使用でき、ツールやソフトウェア、プラグインのダウンロードが一切不要で、簡単に使用することができます。

銘柄探しから情報分析、発注までをスムーズに行えるサイト構成になっており、板やチャート、評価損益等は自動更新されるため、常に最新の情報を得ることができます。

シンプルな画面なので、初心者の方にも扱いやすいでしょう。

松井証券のネットストックトレーダーとは?無料ではないの?

松井証券では、ネットストック会員向けに提供している情報サービス、「ネットストックサービス」があります。

「ネットストックサービス」の利用は無料ではなく、有料です。
有料サービスであるため、非常に充実したサービスになっています。

ネットストックサービスでは、
自動更新の株価情報や、複数気配情報、各種チャート、先物・オプション情報、ニュース、市況情報等をチェックすること可能です。

ネットストックスマートの情報では物足りないという方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ネットストックサービスの概要ページはこちらです。

【ネットストックサービスの利用方法】

  1. ネットストック口座を開設
  2. 専用ソフトのダウンロード・インストール
  3. 利用申し込み
ネットストック会員画面から、「ネットストックトレーダー申込」画面に進み、手続きを完了させることで、ネットストックトレーダー利用者専用のID・パスワードが発行されます。
ソフトをダウンロード・インストールしたのみでは使用できないので注意しましょう。

【ネットストックサービスの情報料(新規申込)】

1か月ごとに申込を行うよりも、一括で申込を行った方が、1か月あたりの情報料は安くなります。

ただし、現在(2018年12月現在)は、消費税率引き上げに対応するため、12か月の申込は受付停止されています。

松井証券のネットストック口座の出金方法は?手数料はかかる?

松井証券のネットストック口座から出金するには、どのような方法があるのでしょうか。

ネットストック口座からの出金方法は、あらかじめ登録しておいた出金先金融機関の口座への出金のみになります。

【ネットストック口座の出金方法概要】

松井証券では、翌日以降の出金の場合には手数料はかかりません。
ただし、即時出金の場合には、手数料がかかり、出金限度額も200万円となっています。
また、ゆうちょ銀行を出金先口座として登録している場合には、即時出金を利用することはできません。

出金の手続きは、ネットストック会員画面の「口座管理」画面から、「出金依頼」画面に進み行います。
出金の手続きは、パソコン、スマートフォンだけでなく、携帯端末でも利用可能です。

松井証券のネットストック口座の強みは情報サービスにあり!

今回は、ネット証券会社、松井証券の証券口座、ネットストック口座についてご紹介してきました。
手数料体系は他社と比較しても大差ないものの、松井証券の強みは「ネットストックスマート」の利便性や「ネットストックサービス」といった独自の情報サービスにあります。

情報分析をしっかりと行い、投資をしたい方は、松井証券でネットストック口座を開設してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください