【8月26日まで!!】楽天カード8,000ポイント入会特典✨

クレジットカードの即日発行の仕組みとは?審査から発行の流れを解説

申し込んだその日にクレジットカードを受け取ることができる「即日発行」ですが、どうして即日の発行が可能なのでしょうか?

クレジットカードの発行と言えば、勤務先の会社への在籍確認や審査が必要なことから、時間がかかるイメージがあると言う方も少なくありません。

しかし、即日発行はその日にすぐに受け取れるのです。そんな気になるクレジットカードの即日発行の仕組みについて紹介していきます。

クレジットカードの即日発行とは?仕組みと合わせて知りたいメリット・デメリット

クレジットカードの即日発行をご存知でしょうか?
即日発行システムは、クレジットカードに申し込みをしたその日にクレジットカードが発行されるシステムです。

最も早くクレジットカードを手に入れることが可能なので、人気の高いシステムとなっています。
通常クレジットカードの発行には、日数がかかることが多いです。

しかし、実はクレジットカードの審査や手続き自体にはそれほど長い時間はかかりません。

ではどうして日数が必要なのかと言うと、通常の場合には郵送で申込書や本人確認書類を送るため、郵送に必要な日数がプラスされてしまうのです。
しかし、郵送ではなくインターネットを使って申し込むことによって、今まで郵送に必要だった数日間がなくなり、早ければその日のうちにクレジットカードを受け取ることができるのです。

クレジットカードの即日発行の仕組みとは

クレジットカードの即日発行の仕組みは、インターネットを使って申し込みを行うことによって本来必要な書類の記入や郵送にかかる時間を短縮できるため、即日発行が可能と言うものです。
そのため、クレジットカードを即日で受け取りたいと言う時は、必ずインターネットを使って申し込みをすることが必要です。
更に、もう1つ必要なのがクレジットカードをカウンターで受け取ることができることです。
インターネットを使って申し込んでも、結局はクレジットカードが郵送されるのであれば、意味がありませんよね。

そこで必要なのが、カウンターや店舗で受け取る点です。この2つの条件がクリアできれば即日発行は可能でしょう。

では、更に詳細な即日発行の仕組みを見ていきましょう。

即日発行の仕組み①:クレジットカードのブランドと即日発行の関係

クレジットカードのブランドと即日発行の関係ですが、実は国際ブランドは即日発行に一切関係ありません。

国際ブランドとはVISAやJCBと言ったクレジットカードの分類のことを言います。

クレジットカードに書かれているのが、VISAかJCBかによって使えるお店が変わってきます。しかし、国際ブランドであればそれほど差はありません。
そして、クレジットカードを発行するのは国際ブランドではなく、国際ブランドが提携したクレジットカード会社によって発行されます。

楽天カードのVISAカードなら、楽天が発行する会社です。
そのため、即日発行が可能かは国際ブランドではなく、カード会社の方で対応しているかどうかになります。

即日発行の仕組み②:クレジットカードの審査は甘くなる?

即日発行を依頼する場合に気になるのが審査です。

即日発行はその日の内にクレジットカードを手に入れてしまう方法ですが、審査の厳しさは変わるのでしょうか…。

実は、即日発行だからと言って審査が甘いと言うことはありません。

即日発行の場合にも、しっかりと審査が行われて、審査を通った方にだけにクレジットカードが発行されます。
クレジットカードの即日発行の審査で特に重要視されているのが「属性情報」「個人信用情報」の2つだと言われています。

属性情報は、基本的な情報です。年齢や年収、勤続年数、職業などですね。

これをあなたが入力した情報を元に、コンピューターが点数を付けていきます。
個人信用情報は、クレジットヒストリーと呼ばれています。あなたのクレジットカード利用についての歴史です。

過去に支払いをしていないカードがあったり、債務整理をした方はクレヒスで審査を落とされてしまうこともあります。
即日発行でも、即日発行以外でも、やはりクレジットカードの審査は同じく厳しく行われているのです。

即日発行の仕組み③:クレジットカードは店頭受け取り

即日発行を可能にするための重要なポイントとして、その日の内に受け取れる「店舗」があるかと言うのがあります。

即日発行の仕組みで最も重要なポイントです。
例えば、アコムなどの消費者金融は自動契約機がありますよね。そこで、カードの受け取りまでができるため、即日発行が可能です。

お店で出しているクレジットカードなら、そのお店のカウンターで受け取ることができれば、即日発行が可能です。

作りたいクレジットカードの店頭受け取りができるかどうかを調べておくと、急いでいる時にも便利ですよ。

クレジットカードで即日発行される仮カードの仕組み

クレジットカードを即日発行してもらったら「仮カード」が渡されることがあります。

この仮カードは、申し込んだ本カードとは異なるカードなのでしょうか?

今まで一度も仮カードを使ったことがない方は、困ってしまうかもしれません。

実は、仮カードは本カードができるまでの期限つきのクレジットカードなのです。
例えば、店頭で即日発行のクレジットカードを申し込んだとします。その時に、発行されるのが仮カードです。

店頭で即日発行のクレジットカードに申し込みをした場合に登場する仮カードは、発行した店舗のみで利用が可能であったり利用に制限がかかっています。そのため、クレジットカードが届くまでは、クレジットカードとしての利用はほとんどできません。

しかし、店舗特典がある場合には、その仮カードを使うことで店舗特典の対象となるため、特典に魅力があるクレジットカードで使われることの多いシステムです。
店頭でクレジットカードに申し込んだ場合に、即日発行のクレジットカードであれば、一度仮カード用の仮審査が行われます。

仮審査に受かれば仮カードを受け取ることが可能です。

しかし、実際に本審査が行われて本審査を通れなかった場合には、クレジットカードの発行はできません。

もちろん、仮カードも使えなくなってしまいます。仮カードは、本カードが郵送で届けられると使えなくなります。

また、仮カードでのショッピングの履歴もクレジットヒストリーとして登録されるので、注意しましょう。

クレジットカードの即日発行を郵送で行うJCBカードの仕組みとは

即日発行の中でも他のクレジットカードと違うのは、「JCBカード」です。
JCBカードでは、即日発行の場合に最短で当日に発行したクレジットカードを翌日郵送で届けてくれます。

このスピードはJCBカードだけですので、郵送でクレジットカードをなるべく早く受け取りたいと言う方にはおすすめのクレジットカードです。

即日発行のようにその日の内に受け取ることはできませんが、郵送でクレジットカードの発行をしている会社の中で、最も早く受け取ることができるのが、JCBカードです。
JCBカードの中で最短即日お届けに対応しているのは、「JCB一般カード」「JCBゴールドカード」の通常デザインとWEB限定デザインが対象です。

また、平日の申し込みでカードを受け取りたい日の前日11時までにインターネットから申し込む必要があります。

すると、平日12時までにJCBから審査結果メールが届けられます。この条件を満たしていないと、お届けが遅れてしまうので注意しましょう。

申し込みで時間をとられないように、申し込みに必要な銀行の通帳や勤務先の情報を手元に用意して申し込むようにしましょう。

特に、勤務先の情報はすぐに見つけることができない場合が多いので、注意が必要です。
順調に行けば、JCBのクレジットカードを翌日には、使うことが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください