今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

医療事務の職務経歴書とは?医療事務に就くための職務経歴書の書き方を解説

誰でも一度はお世話になる病院。不安と緊張が感じ取れる職場の中で、医療事務の仕事をするのは大変さもありますが、やりがいもあります。
経験を重ねるほど重宝されやすく、長く働くことのできる医療事務に就くための戦略はあるのでしょうか。

医療事務に就くための職務経歴書のポイントとは?

医療事務というと、資格がないと働けないと思っている人が多くいますが、資格がなくても働くことはできます。
しかし、医療事務は病院の特有の診療報酬請求業務があったりと、一般的な事務内容ではまかないきれない知識やスキルが必要です。
よって、資格があればより働きやすくなることは間違いありません。

所属していた医院の規模(スタッフ数など)と勤務年数を書く

医療事務は経験が大切です。病院には総合病院や大学病院などの大病院と、クリニックや診療所などの個人病院があります。
働く規模によって業務量が違うので、多くの患者が訪れる病院なら、様々なケースの診療に対応できるという印象になるでしょう。

医療事務の業務以外での経験やアピールポイントを書く

病院では様々な疾患を抱えた患者さんがいます。
中には受付の対応に神経質になっている人もいます。
医療事務は接客ができることを重要視しますので、接遇面で言葉遣いや対人関係を良好に築くことができれば有利になります。
笑顔を絶やさず人と付き合うことが好きであれば、アピールポイントとして書きましょう。

医療事務に関する資格やスキルを書く

医療事務に絶対必要な資格は法的に定められていないのが現状です。
ただ、未経験可という求人だったとしても、医療に関して全く知識や経験がない場合は、医療事務講座を受講する必要があります。
カルテ搬送や受付だけの仕事内容である場合は、専門的な資格は必要ないことがありますが、経験があればその内容を書きましょう。

持っていると有利な資格

医療事務の仕事の中で持っていると有利な資格があります。
資格は必ずしも必要ではなく、それ以外の受付業務、接遇や、院内コミュニケーション、個人情報保護などについて基礎知識を身につけたほうが良いです。
そのような基礎知識を持ちながら、よりもっていると就職に有利になる資格とは何でしょうか。

医療事務検定

日本医療事務協会が実施している試験で、医療事務全般の基礎的な知識やスキルをみます。
医療保険制度の知識や、医療費算定の知識が問われます。

診療報酬請求事務能力認定

厚生労働省の認定を得ている資格です。
年2回受験することができ、受験資格は問いません。
医療保険制度や医療機関の基礎知識、診療報酬や介護保険、さらには医療の関係法規まで幅広い知識を求める試験です。

エクセルやワードなどのパソコン関連の資格

医療事務の求人内容で、エクセルやワードのスキルを条件に挙げている場合があります。
これは医療事務というより、一般事務としての業務内容が多いです。
院内に掲示する文書などを作成するのも医療事務としての仕事になりますので、持っているとパソコンスキルの証明になります。

医療事務の職務経歴書に記載したい能力とは?

現在多くの医療機関でパソコンを導入しています。
医療事務ではレセプト(診療報酬請求)作成の際にパソコンを使用するため、PCスキルはあった方が良いです。
そのほかにもあると良い能力があり、医療事務に必要な能力ともいえるでしょう。

コミュニケーション能力

受付業務には接客が必要です。
病院に訪れる多くの人が、疾患を持つ患者さんで中にはお年寄りも多く見られます。
窓口の人から事務的な心ない一言を聞くだけで病状が悪化することもあります。
そうならないためにも、笑顔で相手を敬う気持ちで対応することが必要になります。

ホスピタリティ

不安を抱えて来院される患者に寄り添い、安心させられる対応が求められます。
見た目の清潔感や、丁寧な言葉遣いで誠実に対応することができると、病院の評判も上がります。

職務経歴書に書くべきこととは?

仕事をする際求められるのは即戦力です。
そのため、募集要項をしっかり読んで求められる条件、資格、経験などを効果的に描くようにしましょう。
大切なのは、医療事務として働きたいという意思の表れです。
読む側にその気持ちが伝わるような工夫ができると良いでしょう。

職務経歴

実務経験がある場合は、経験業務を具体的に書き、処理の速さや正確性についてアピールできると良いです。
未経験者の場合は、PCスキルや情報処理能力、コミュニケーションスキルについて発揮できる強みを書くと良いです。

職務概要

所属先がどこだったのかということをわかるように書きましょう。
例えば、整形外科クリニックでの医療事務で主に窓口での患者への対応やカルテ管理、レセプト業務等というように詳しく書きましょう。

業務内容

具体的な業務を書きましょう。
例えば、受付業務、会計、電話応対、カルテ作成や管理、入退院手続きの補助、薬剤、診療材料の在庫管理など書きましょう。

資格・スキル

持っている資格があれば医療事務に適したものから順番に書いていくようにしましょう。
実務未経験の人はPCスキルや事務処理能力、コミュニケーションスキルなど、発揮できる強みをアピールしましょう。

自己PR

医療事務の自己PRで大切なことは、患者さんに対する気持ちです。
患者さんの負担を少しでも軽減できるようにしたいことや、安心感を与えられるような存在になりたいなど業務中心にならないよう努める姿勢を見せると良いでしょう。
また、向上心をもって日々勉強していくという風な前向きな姿勢が好印象になります。

医療事務から一般事務になりたい時の職務経歴書の書き方とは?

医療事務から一般事務になりたいけど職務経歴書をどう書いたら良いかわからない方もいますよね。
一般事務の仕事内容は、PCを使った伝票処理や、書類作成、データの集計、電話・メール応対、来客対応などが挙げられます。
医療事務と比べると専門的な業務は少ないですが、営業事務や経理事務の場合は、専門的な知識が必要になってきます。
医療事務の仕事は、医師やほ医療スタッフとコミュニケーションを取りながら実務もこなしてきたのですから、一般事務の採用を考えている企業はその経験をプラスと判断してくれるはずです。
また、多くの医療事務の仕事でPCを利用してますので、一般事務でも活かせるはずです。

職務経歴書を書く際は、転職先で自分がどうなりたいかを考え、また、今までの医療事務経験で得たコミュニケーション能力や事務処理能力がどのように応募先企業で活かすことができるか意識しましょう。

医療事務の職務経歴書についてのまとめ

医療事務は資格がなくてもできる仕事ですが、人気のある職業です。
より有利に就職できるために、資格をとれるように少しづつ努力していくことが大切です。
また、資格以外にも必要な能力として患者に仕える心が求められます。
責任感をもって、患者に安心してもらえるような誠実さがあれば、医療事務として長く働き続けることができます。
職務経歴書を効果的に書くことによって、希望の職場で活躍できるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください