今なら楽天カード入会で7,000ポイントもらえる🚀

海外旅行で使うデビットカードのメリットとは?デビットカードとクレジットカードを比較して解説

海外旅行で使うデビットカードのメリットをクレジットカードと比較して解説します

海外旅行に行った時でも日本と同じように便利に買い物をしたいですよね。

便利な買い物といえばデビットカードとクレジットカードです。
海外紙幣を持っていればいいのですが、為替手数料などによってもしかしたらそっちのが高くなってしますかもしれませんよね。

それに紙幣を多くもっているのは不安ですよね。
どうしても日本より海外のほうが治安が悪いと思ってしまうので、あまり現金を持ち歩くのは危険かもしれません。

ここでは海外旅行に行った時に使うデビットカードのメリット、そしてクレジットカードとはどう違うのかも含めて詳しく紹介していきます。

海外旅行で利用するデビットカードとクレジットカードの違いとは?

ここではデビットカードとクレジットカードの違いを紹介したいと思います。
どちらも買い物をするときに便利なものなのですが大きな違いは2つになります。

デビットカード

デビットカードは即時引き落としできるカードとなります。

即時引き落としされるということは使えるのは口座にあるお金の範囲内となります。

クレジットカードにあるキャッシングや分割枠がないので使いすぎる心配がないのが特徴です。

それでもって現金を持たずに買い物が出来るのも特徴です。

クレジットカード

クレジットカードの場合は、今すぐほしい商品をお金がなくても購入することが出来ます。

デビットカードが口座残高の範囲でしか利用できないのとは違って、後払いなので今すぐお金がなくても大丈夫です。

どちらも現金を持ち歩かずに買い物が出来るということが大きなメリットとなりますが、使い方はさまざまになっています。

海外旅行でのデビットカードとクレジットカードのメリットとは?

現金を持ち歩かないでいいというのがデビットカードとクレジットカードの良さですよね。

しかし、それだけではないそれぞれのメリットがあるので紹介していきたいと思います。

デビットカードの優れたポイント

まずはデビットカードの優れたポイントを紹介していきます。

海外旅行でカードを使うのであれば、クレジットカードよりはデビットカードのがオススメと言われています。

優れたポイントは海外でも即時引き落としが出来るところです。

特にデビットカードの中でもVisaデビットカードは、海外の多くのレストランやショップで利用することが出来ます。

さすが海外でもVisaと言われるくらい世界ナンバーワンブランドだなと思います。

そのため、海外に行く機会が多い人は、Visaブランドを選んでおくことをおすすめします。

このブランドであれば海外旅行だけでなく、海外通販をするときでも使うことが出来ます。

海外で使った場合でも日本と同じく銀行口座から即時に引き落としされます。

クレジットカードのように後払いの仕組みではないので、使いすぎがないというのがポイントですね。

海外でデビットカードを使った時にはその時の為替の円に自動的に切り替わります。

その切り替わりをした円換算レートで国内にある口座から引き落としされます。

クレジットカードのようにまとめて月末に引き落としとかではないので、買い物しすぎて支払が困るということはありません。

自分の口座にあるお金の範囲内でしか買い物をすることは出来ませんからね。

その都度、通帳に記帳されていくので買い物をした日付やショップの把握もしやすくなります。

クレジットカードは使いやすい

クレジットカードの優れたポイントは何といっても使いやすいことです。

今お金がなかったとしても何とかして購入することが出来ます。

分割支払やボーナス支払などを駆使すれば、とりあえず購入することは出来ます。

とりあえずクレジットカードを持つことさえ出来れば何とかなるという訳です。

海外で購入する時も国内と同じく引き落としは決められた日付までにお金が用意できれば問題ありません。

海外でデビットカード、クレジットカードの向いてる方

ここからは海外でデビットカード、クレジットカードを使うのが向いている人を紹介していきたいと思います。

デビットカードもクレジットカード、どちらも現金以外の購入方法として非常に優れたカードになっています。

デビットカードがオススメな方は、海外のお金の利用がショッピング中心の方ですね。

それで為替レートによって無駄な手数料を支払いたくないという人にオススメです。

さらにもし海外のATMで現金引き出ししたい人にもオススメです。

クレジットカードがオススメな方は、ショッピング利用もするけれど、それ以外の保険や優待をつけたい人にオススメですね。

デビットカードとは?海外旅行で現金引き出しも出来る方法

デビットカードの特徴と向いている人は紹介させてもらいましたよね。

デビットカードは海外旅行に行った時に現金引き出しも行うことが出来ます。

デビットカードで現地通貨を引き出す

デビットカードの場合は海外のATMで現金通貨を引き出すことが出来るのが特徴です。

最初に伝えたように海外というのは日本に比べると治安が悪いところになります。

そのため多くの現金を持っていると盗まれたりする可能性があるので、なるべく持ち歩きたくないですよね。

基本的には現金は必要最低限しか持ち歩かないほうがいいです。

そのためにデビットカードは有効的です。

つまりデビットカードなら海外で使用するときは、デビット決済ができるところはそれを使用して、現地の通貨や紙幣が必要になったらATMで引き出すといった使い方が出来ます。

クレジットカードでも海外のATMで現金引き出しすることは出来るのですが、手数料を比べた時にはデビットカードのほうが平均的に安く行うことが出来ます。

デビットカードでキャッシングは出来ない

デビットカードはキャッシングすることが出来ません。

これはクレジットカードにある機能なのでデビットカードには搭載されていません。

先ほど海外ATMでクレジットカードでも現金引き出しが出来るのですが、デビットカードよりも手数料が高いということを伝えさせてもらいました。

それはどうしてかというと、クレジットカードの場合は海外キャッシングを利用することになるため、手数料が高くなります。

キャッシングというのは借金のことなので国内でいうカードローンなので年15%前後の利息がかかってきます。これが手数料の違いになってきます。

デビットカードの利用手数料よりもクレジットカードのキャッシング手数料のほうが割高という訳です。

海外ATM手数料について

海外ATMでデビットカードを使用して現金引き出しを行う場合、ATM手数料と円換算レートのだいたい+3%くらいの手数料がかかります。

ただこの手数料は空港などで両替するよりは手数料が安くなっています。

そのため、多くの方はデビットカードを利用して海外ATMで現金引き出しをしています。

引き出しについても手数料も含めて口座残高までになっているので使いすぎることはありませんね。

現金を持っていて盗難にあう可能性を少なくして手数料が安いのであれば使わない理由がないですよね。

デビットカードを海外のATMで気を付けたいこと

海外ATMで現金引き出しが格安で出来るのがデビットカードの特徴なのですが、気をつけたいポイントもいくつかります。

まずはATMにどんなマークがついているのか確認してみましょう。

そして海外に行く前には口座残高がどれくらいあるのか確認して、少ないようであれば引き落とし口座にお金を入れておくようにしましょう。

そうしないとせっかく海外旅行に行ったのに、買いたいものが買えないといったことになってしまいます。

ATMについているマークとして2つがあります。

1つはJCBデビットカードが使えるかどうかです。

「JCB」「Cirrus」マークのどちらかがあればJCBデビットカードを使うことが出来ます。

そしてもう1つVisaデビットカードが使えるお店は、「VISA」「PLUS」マークのどちらかがあれば利用することが出来ます。

そして最後に覚えておいてほしいのが、海外ATMの場合も暗証番号で認証して利用する制度になります。

国内と同じく暗証番号を一定回数以上間違って入力してしまうと自動的にロックがかかってしまってそのカードを使えなくなってしまいます。

せっかく海外にいってそういうトラブルがないようにしておかないといけませんね。

それとカードの挿入方法も国内と異なるので注意しておいてください。

デビットカードを購入した時の説明で、海外ATMで使い場合の向きの説明が書かれています。

まあ間違えてしまった時は反対に入れればいいのですが、ばるべく間違えないようにしたいですね。

海外旅行には海外旅行傷害保険付きとは?その選び方

実はデビットカードは国内だけで使う想定ではなく、海外でも使えるように海外旅行傷害保険が付いていることもあります。

海外旅行に行った時にデビットカードを使うことを想定されていて保険をかけてくれているということです。

海外旅行傷害保険が付帯するデビットカード

こういった保険制度はクレジットカードだけかと思われる方が多いのですが、デビットカードでもその機能が用意されています。

ただ全てのデビットカードではなく、一部のデビットカードだけになります。

ここでは有名なデビットカードを紹介していきます。

  • みずほJCBデビット
  • Financial Pass Visaデビット

この2つのデビットカードでれば海外旅行傷害保険がついています。

海外旅行時に何かあった場合も補填してくれるので安心ですよ。

安心!盗難&紛失時の不正利用補償

そしてさらにデビットカードには盗難・紛失した時の不正利用保障がついています。

海外旅行時にデビットカードを落としてしまった、盗難にあってしまったときの補償制度は大丈夫なのかなと思ってしまいます。

クレジットカードの場合は不正が起こった日までさかのぼって補償をしてくれるのが特徴なのですが、デビットカードの場合は、即時に引き落としされるので補償してもらえないと不安な点もありますよね。

デビットカードの場合でも補償がついており、それぞれ各銀行が対応してくれています。

それぞれ補償内容は違いますが、多くのデビットカードでついているので安心です。

海外旅行でデビットカードの注意点!ホテルの保証金

デビットカードは即時引き落とし出来るのが特徴なのですが、使う場所によって注意が必要なところがあります。

クレジットカード提示を要求される訳

海外旅行で宿泊するときはクレジットカード提示を要求されることがあります。

国内とは違って海外の場合は、保証金が必要になってきます。

宿泊代と保証金を合わせて引き落としするためにクレジットカード提示が求められることがあります。

クレジットカード提示であれば提示するだけでデポジット代わりになります。

デビットカードだと保証金の支払いを要求される

保証金の支払を要求されることがあります。

それがホテルに宿泊するときです。

海外旅行の時にホテルに宿泊するときに、宿泊料金とは別にデポジット=保証金を求められることがあります。

保証金というのはホテルの予約をするときに宿泊料金以外のルームサービスを利用するときに先に補填しておく料金のことです。

分かりやすくいえば預かり金という訳です。

これはあまり国内のホテルでは見られないのですが、海外では保証金をとっているところが多いです。

つまり海外のホテルを宿泊するときは宿泊代以外にデポジットの料金も一緒に支払いをしないといけません。

預かり金なのでルームサービスや食事代を利用しなければ手元に戻ってきますし、もし追加支払したとしても預かり金から引かれてくれます。

つまりホテルに泊まるときはデポジット代も口座残高にないと利用できないということです。

また、ホテルだけでなくレンタカーを利用するときもデポジットを求められることがあります。

レンタカーを利用して万が一事故や何かあった時に補填する料金ってことです。

もちろん何もなかったら預かり金は戻ってくるので安心してください。

デビットカードでホテルやレンタカーの支払いはできる?

ここまで説明した時には分かってもらったと思いますが、デビットカードでもホテルやレンタカーの支払をすることは出来ます。

ただし宿泊代+デポジット代が口座残高にないと引き落としがされないので宿泊することは出来ません。

宿泊代とデポジット代がいくらかかるのか先に聞いたうえで宿泊するようにしましょう。

海外旅行でデビットカードを盗難・紛失した時の対応方法

ここからは海外旅行でデビットカードを盗難・紛失した場合の対応方法について紹介していきます。

現金だけが海外で気をつけたらいいものではありません。

デビットカードもその可能性があるので、十分に注意が必要です。

紛失・盗難した時は、利用停止の手続きをする

海外でデビットカードを紛失した時はとにかく早く発行会社に電話をすることです。

基本的には発行会社の紛失盗難ダイヤルに電話をして利用停止のお願いをしましょう。

とにかくすぐに利用停止の連絡をしないと、不正利用されてしまうかもしれません。

利用停止を依頼することで、それ以降利用させないような手続きをしてくれます。

少しでも連絡が遅れてしまうと、本当に悪用されるので気をつけましょう。

海外で再発行が可能なデビットカード

海外でデビットカードが盗難・紛失をして利用停止をするのはいいのですが、デビットカードが手元にないのでせっかく海外旅行しているのに困ってしまいます。

その場合は再発行手続きをしてもらう必要があります。

そうしないとデビットカードがないまま海外旅行を過ごさなくてはいけないようになります。

再発行手続きをしてもらうことが出来る会社と出来ない会社があります。

そのあたりはカード会社の規約をちゃんと読んでおきましょう。

再発行してくれるところと、緊急で現金を届けてくれるサービスが用意されているところがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください