【9月24日迄!!】楽天カードの7,000ポイント特典✨

メルペイにクレジットカード登録やチャージできる?できない?

メルペイにクレジットカード登録やチャージできる?できない?

フリマアプリメルカリが運営する決済サービス「メルペイ」。

コード決済に加えて電子マネーiDを基盤とした決済でメルペイを使えるお店や加盟店も増加の一途です。

メルペイ決済を利用するのにはメルペイへのチャージが必要になります。

そこで今回はメルペイとクレジットカードの関係性を他のチャージ方法や、他決済サービスとの比較も交えてご紹介していきます。

メルペイへはクレジットカードでチャージできる?できない?

残念ながら2019年9月18日(水)現在メルペイへはクレジットカードチャージできません。

クレジットカードを使ってコード決済が必要な場合は他のQRコード決済サービスを選んでください。

デビットカードも不可

クレジットカード同様デビットカードもメルペイには使えません。

プリペイドカードも不可

プリペイドカードからもメルペイチャージはできません。

一種メルペイがデビットカード機能でありプリペイドカード機能を持っているともいえます。

メルペイあと払いサービス

メルペイでは「メルペイあと払い」というサービスを活用して実施クレジットカードと同様の機能を使うことができます。

手数料はかかってしまいますが現金がなくても支払いに活用できる点でメルペイはクレジットカード機能をもつといえるかもしれません。

2019年9月18日(水)から50%還元キャンペーン

メルペイでは2019年9月18日(水)よりメルペイあと払いも対象に50%還元のキャンペーンを実施しています。

参考メルペイのキャンペーンとクーポン情報まとめ!2019年9月もお得に!

PayPayや楽天ペイではクレジットカードを使える

スマホ決済サービスで話題のPayPayや楽天が運営する楽天ペイではクレジットカードを登録し支払うことができます。

メルペイとクレジットカードの違い

ここで1つ押させておいてほしいのが、メルペイはチャージ式のスマホ決済サービスです。

クレジットカードと混合される方がいますが違います。

クレジットカードの場合、お店で商品を購入するときに、サインや暗証番号の入力が必要になります。
メルペイであれば、スマホをかざすだけなので、サインや暗証番号と言った手間がかかりません。

メルペイは事前チャージ式の電子マネー/QRコード決済システムです。

ではクレジットカードでチャージできなければどのような方法でチャージできるか解説します。

メルペイへのチャージ方法は2つ

チャージの仕方は、

  1. 銀行口座からチャージ
  2. メルカリの売上金からチャージ

この2つの方法になります。

①の銀行口座からのチャージであれば、特にクレジットカードも必要ないため、銀行口座さえ持っていれば誰でもメルペイが使えてしまいます。

②は売上金があるかどうかで変わってきますのでメルカリでよく物を売る人にはとても便利なチャージ方法といえます。

メルペイを使えるお店は?行く前にまず登録

メルペイが使える場所は、コンビニ・レストラン・ドラッグストア・ファーストフード店を中心に、スーパー・カフェ・その他のお店も含めて全国で80万店以上です。

利用できる店舗は「iD」マークがついている場所であれば大丈夫です。
メルペイが使えるマークではなく、「iD」が使えるマークがあれば、メルペイは利用できます。

先ほど紹介した、銀行口座からのチャージ、メルカリ売上金からのチャージどちらを選択しても利用するためには、事前に登録が必要です。

登録方法は簡単です。

まずはメルカリに登録する必要があります。
そうすることで、売上金のチャージをスムーズに行うことができます。

その次に、メルペイで電子マネーカードを発行&iPhoneのウォレットアプリに追加していきます。

メルペイを開いたら「売上金・ポイントをお店で使う」を選択するとメルカリの売上金のチャージすることができます。

銀行口座へのチャージ方法

次に具体的なチャージ方法とポイント購入方法を紹介します。

メルペイはチャージすることで使えるサービスです。

銀行口座からチャージする場合は、メルカリのアプリを開いて、次にメルペイを選択します。

チャージというボタンが出てくるため、支払用銀行口座を選択して、チャージすると入金が完了します。

メルペイでクレジットカードを使うためにメルカリ売上金を利用

次に紹介する方法は、メルカリの売上金を利用する方法です。

メルカリの売上金をメルペイ上にチャージすることができます。
その場合、現金チャージではなく、1円=1ポイントとして変換され、メルペイ上ではポイント利用となります。

一度メルカリの売上金でメルペイのポイントを購入(メルカリの売上金をメルペイポイントと交換)したら戻すことができませんのでご注意ください。

しかし、これによってメルカリの売上金にかかる振込手数料を気にしなくてよくなりました。
今までは振込金額が1万円未満の場合、振込手数料が発生していました。
そのため、1万円未満の人は、とりあえず様子を見ようってことになっていました。

その反面として、売上金の交換は6ヶ月以内といった規定もありました。
そのため、なくなく振込手数料を払っていた人もいます。

メルペイが登場したことで、振り込み手数料も発生しなくなったため、気軽に売上金をチャージすることができます。

メルペイはクレジットカードを導入するか

2019年9月18日(水)現在メルペイにクレジットカードは登録して使えませんが、今後導入される可能性は否定できないでしょう。

メルペイあと払いのユーザー伸びなどにも左右されそうですがPayPayや楽天ペイが獲得しているクレジットカードユーザーを取りこぼしていることも事実です。

消費者としてはさまざまな決済サービスの中でお得なものを使い分けるリテラシーを身につけていきたいものです。

NO CASHLESS NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください